ベートーヴェン 交響曲第1番/ベルゲル・ブダペスト・フィルハーモニーo

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

エーリッヒ・ベルゲル/ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団

ベルゲル★★★
一楽章、瑞々しい序奏です。あまりテンポを速めない第一主題。強奏部分がフワッとしていて柔らかいです。強弱の変化はあまり大きくなく、小さくまとまった印象ですが、端正な演奏です。

二楽章、冒頭でアンサンブルの乱れがありました。淡白な表現で淡々と進みます。

三楽章、ベルゲルの指揮に比べてオケの反応が鈍いようで、あまり強弱の変化は大きくありません。

四楽章、序奏から一転して活発な第一主題。とても品良く演奏されていて、若さや活発なエネルギーの発散はありません。

端正で、品の良い演奏でしたが、その分、活発なエネルギーの発散は無く、模範演奏のような大人しい演奏に終始してしまったのが残念でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です