クラシック名盤(交響曲と管弦楽曲)試聴記

私の感覚で試聴した感想を掲載します

数あるクラシックの名曲名盤のなかからどれを試聴するかはとても迷うところです。

クラシック音楽各曲のベスト盤アンケート実施中!

指揮者には、楽譜に書かれていることを忠実に再現することを中心に据えた指揮者と、作品に感情を込めてあたかも自分の作品のように演奏するタイプの指揮者に分かれます。

どちらも作曲家が表現したかったであろうことを表現しているのですが、楽譜に忠実な指揮者は楽譜に書かれていることが作曲家の全てだと考えていて、楽譜に忠実な演奏こそが、作曲家が表現したかったことを表していると考えていますし、作品に感情を込めるタイプの指揮者は、楽譜に書かれていることには、作曲家の全ての意思が反映されていないと考え、そこに自分なりの考えや感情を乗せて、作曲者の当時の感情などを自分に同化させて演奏します。

クラシック音楽の場合、作曲家はすでにこの世にはおらず、どちらが正しいとは言えませんが、フルトヴェングラーは作品に感情を込めてかなりデフォルメされた演奏をしていました。また同時代のトスカニーニは感情を込めることはほとんど無く、楽譜に忠実な演奏をしていました。同じ時代に両極端な指揮者が存在したことはとても興味深い事実だと思います。ただ、どちらの演奏に聴衆は熱狂したかと言うと、トスカニーニよりもフルトヴェングラーだったのではないかと思います。ひたすら、楽譜に忠実で音色を磨き上げた演奏にも飽きのこない素晴らしい演奏はありますが、色んな演奏を聴いていて一番楽しいのは、椅子から転げ落ちるような仕掛け(内面から湧き上がるような表現)に遭遇した時ではないかと思います。そのような演奏をした最後の世代の指揮者には、バーンスタインやテンシュテットなどが挙げられます。最近の指揮者のほとんどが、楽譜に忠実な演奏をしているように感じます。どの演奏を聴いても指揮者の強い個性を感じることが少なくなってきていると思っています。指揮者が強い個性を発揮した巨匠の時代が終わったと言われるのもこのようなことがあるからだと思います。

現代の指揮者の中にも、作品にのめり込んで、深い感情移入とデフォルメいっぱいの演奏をする指揮者が現れ多くの名盤が世に出ることを期待しています。

クラッシック音楽には交響曲、管弦楽曲の他に、協奏曲、室内楽、器楽、声楽、オペラ、現代音楽などもありますが、すべてを聴きレビューを掲載するには時間的にも無理なので、このページでは、交響曲と管弦楽曲の人気の名曲名盤CDのみの紹介と試聴とさせていただきます。

交響曲

初演年

管弦楽曲

1800
 
1803
 
1805
 
1807
 
1808
 
1808
 
1813
 
1814
 
1822
 
1824
 
1830
 
1839
 
1875
 
1876
 
1877
 
1878
 
 
1882
1883
 
1884
 
1885
 
 
1886
 
1887
1888
1889
 
1890
 
1892
 
1893
 
1893
 
1894
 
1895
 
1896
1899
1901
 
1902
 
1902
 
1903
 
1904
 
1906
 
1907
 
1908
 
1910
1911
1912
 
 
1913
 
1917
1919
 
 
1920
 
1922
1923
 
1924
 
1926
 
1928
 
1929
1937