ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」ベスト盤アンケート

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、同じウィーンpoの演奏でもハイティンクの演奏に比べると、輪郭のはっきりとした演奏です。
フィリップスの録音が弦を中心に録られているとすると、このデッカの録音は管を中心に録られている感じがします。
この演奏で、ベームはウィーンpoに主導権は渡してしまって、要所要所だけ指示を出している程度に留めているような感じがします。
ただ、弱音部の緊張感や集中力はハイティンクよりもベームの方が高いように思います。
音色感がもたらすものなのか「ウィーンの森」を連想させてくれるとても良い雰囲気を持っている演奏です。

二楽章、分厚い低音に支えられた非常にガッチリした作りなのですが、その骨格を覆っている音楽がしなやかで、素朴でなにか懐かしい香りがするような音楽で、とても心地よく聴く事ができます。

三楽章、ここでも「ウィーンの森」に木漏れ日が差し込むような、穏やかな演奏です。金管のffも森の妖精が戯れているような、そんな気配さえ感じさせてくれる、自然(宇宙)と一体になった見事な演奏です。
最近あまり話題に上らなくなった、ベームの音楽ですが、私はこれほど見事に自然を表現してみせた演奏は他に知りません。

四楽章、音楽の流れは全楽章通してとてもスムーズでひっかかるところはありません。
この楽章などは、少し力みたくなるような場面でも、ベームは決して力みません。
これだけ見事な演奏を聴かされると、ベームが再評価される日が必ず来ると思いたくなります。これだけ素朴で自然な演奏で何の仕掛けもなく、感動させられることはめったにありません。

こんな演奏ができる指揮者を忘れ去ってはいけないと思いました。
コラールからコーダへの盛り上がりも素晴らしいものがありました。まるでこのコラールからコーダのための前座として、ここまでの演奏があったかのような素晴らしく感動的なクライマックスを作り上げました。素晴らしかった!

ギュンター・ヴァント/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、豊かな響きです。旋律のホルンをサポートするように弦のトレモロも強弱の変化を付けます。テンポは速めに進みます。金管楽器が絶妙のバランスで響いています。木管のソロも極めて美しい!金管も朗々と歌います。
大きな川の流れのように音楽が滾々と湧き出してくるような感覚です。とても豊かな音楽を聴いている充実感があります。同じベルリンpoでもカラヤンの演奏のような磨き上げた絢爛豪華な響きとは違います。ブルックナーらしい素朴な響きがあります。そして人間の躍動感に溢れたすばらしい演奏です。

二楽章、厚みがあり深い響きがとても魅力的です。演奏には作為的なところは無く自然です。ハッタリのない自然体の演奏にどうしてこんなに惹きつけられるのでしょうか。聴き手の期待を裏切らない範囲の歌があって、それが作為的で大げさにならないところがすばらしいバランス感覚で惹きつけられるのでしょうか。

三楽章、ベルリンpoにしては都会的ではなく素朴で枯れた響きを再現しています。とうとうと流れる音楽に心置きなく身をゆだねることができる演奏です。

四楽章、冒頭ホルンの対旋律の弦が強調されていました。ブラスセクションのエネルギー感もすばらしい!ヴァントの音楽は一つ一つのフレーズよりも音楽を大きく捉えて全体の流れのなかでうねりを作っていくような音楽作りなので音楽のたたずまいに巨大なスケール感があります。 コラールから終結部へ至る音の洪水も怒涛の勢いでした。

ヘルベルト・ブロムシュテット/シュターツカペレ・ドレスデン

icon★★★★★
一楽章、 ゆったりと美しいホルンです。オケ全体がとても素朴で美しい音色で鳴り響きます。作品にぴったりな音色で演奏されています。構成もがっちりしていて安定感抜群です。ブロムシュテットの指揮も奇を衒うようなことが一切なく正面から作品と向き合っています。とにかく美しい!音が立っていて録音もすごく良いです。

二楽章、歌が途切れることなく受けつがけて行き、とても流れの良い演奏です。こんなに美しい「ロマンティック」の演奏は初めてです。テュッティでも塊になってぶち当たってくることはなく、全体に広がって包み込まれるような響きが展開します。すばらしいブルックナーです。

三楽章、羽毛で肌を撫でられるような繊細な弦の響き、ルカ教会の残響も美しく適度な長さです。音楽の流れが決してせき止められることはなく、とてもよく流れて行きます。

四楽章、テンポの動きもわずかにありますが、流れを止めるようなことはありません。すごくテンポを速くした部分もありましたが、またテンポは戻ってゆったりと進みます。すばらしく感動的なコーダでした。トレスデン・シュターツカペレの透明感の高い音色と作品がぴったりとマッチした名演でした。

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、微妙なニュアンスを伝えて来る冒頭のホルンの第一主題。音楽が呼吸しているように押しては返す振幅が何とも言えない良い雰囲気を作ります。チェリビダッケの演奏としては少し遅い程度で、他の演奏のような異様な遅さではありません。楽器が次から次へと有機的に繋がっていく。祈るようにしかも輝かしいコラール。ゆっくりとゆっくりと次第に力を増していくクレッシェンドはすばらしい。テンポも動いて、すごく遅くなったり、急加速があったり、すごい感情移入です。

二楽章、音楽に生命が宿っているように押しては返す音楽が自然と一体になっていてすばらしい。ここぞというところでぐっとテンポを落として雄大な自然を表現しているようです。

三楽章、極めて小さい弦のトレモロの上にホルンが鳴ります。チェリビダッケにしては速いテンポ設定で、一般的な演奏とそう変わりはありません。のんびりとゆったりしたトリオです。この演奏を聴いていると生命の脈動とでも言うのか、自然のうねりが聞こえます。

四楽章、自然で微妙な強弱の変化があります。第二主題からはテンポを落としますが極端に遅いわけではありません。トゥッティでも余力を残した美しい演奏です。第三主題が現れてから徐々にテンポが遅くなります。展開部の手前はかなりテンポが遅くなりました。展開部からは元のテンポです。テンポの変化や強弱の変化がとても自然で、気が付くとこの自然な流れに引き込まれています。しっかりとした弦の刻みの上にトロンボーンのコラールからそれに続くホルン、壮大な終結でした。

見事にチェリビダッケの意図を貫いた演奏には、生命の脈動が感じられるすばらしいものでした。

ベルナルド・ハイティンク/ロンドン交響楽団

icon★★★★★
一楽章、豊かな響きを伴ったホルンの主題。力みはありませんが、トゥッティは分厚く巨大です。誇張が無く自然な第二主題。自然に奥底から湧き出すよ うなトゥッティ。ベーム/ウィーンpoの演奏に比べると僅かに都会的かも知れませんが、それでも森を感じさせる良い演奏です。伸び伸びと鳴り響く金管が有 機的に結びついています。コラールもとても美しいです。奥ゆかしい歌がしみじみと心に伝わります。遅めのテンポでじっくりと歌いあげる演奏はとても心地よ いものです。

二楽章、素朴な雰囲気の主要主題。副主題も素朴で美しい。深みがあって分厚い低音の上にピラミッド型に乗る響きは暖かく心を穏 やかにさせてくれます。ロンドン交響楽団って、都会的で機能的なオケのイメージがありますが、このオケからこれだけ素朴な響きを引き出しているところも凄 いです。控え目で決して爆発しないクライマックス。

三楽章、枯れた響きで一体になったオケの響き。大きく歌うことはありませんが、さりげなく美しい歌を聞かせます。分厚い響きは見事としか言いようが無いです。トリオでも美しく歌います

四楽章、分厚い低音に支えられた柔らかい第一主題。細部まで自然な第二主題。ここまでの雰囲気を一変させる第三主題。穏やかで 安らかな小結尾。展開部も分厚い響きで充実しています。第一主題の再現も厚みがあって深い響きです。コラールから続くホルンは空から降りそそぐような神の 声のようです。壮大なスケールのコーダでした。見事です。

力みの全く感じさせない演奏でしたが、自然に湧き出すような歌と低域の分厚い響きに乗るオケの素朴な響きも素晴らしかった。四楽章コーダの壮大なスケール感も見事でした。

クリスティアン・ティーレマン/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ティーレマン★★★★★
一楽章、柔らかいけれどもしっかりと力のあるホルンが朗々と歌います。第二主題はしっとりとしていますが、くっきりと浮かびあがります。テンポの微妙な変化がいたるところであります。金管は奥まったところから分厚い低音に支えられて響いて来ます。とても表現が濃厚で惹きつけられます。一つ一つの音に魂がこもっているような演奏で、音楽が生きています。テンポは遅めですが、一つ一つの表現がとても良いので、遅さを感じません。輝かしいコラールは森の中で風にざわめく枝の音の後ろの遠くから響いてくるようでした。弱音の繊細さも見事です。テンポの変化も大きく、遅くなるところは凄く遅くなります。表現し尽くされていると言っても良い程表現が豊かで、無表情になることは全くありません。全身全霊の猛烈なコーダ。

二楽章、深みのある主要主題に続く木管はゆっくりとしたテンポで深く美しく歌います。副主題も表情豊かです。瑞々しい弦がとても美しいです。遅いテンポで刻み付けるような深い表現。弦のビツィカートも一つ一つに意味があるように存在を主張します。一つ一つの旋律が心に訴えかけてくるようで心が揺さぶられます。テンポの動きも絶妙です。最後もクラリネットのたっぷりとした歌がありました。

三楽章、冒頭のホルンも柔らかく芳醇です。トゥッティへ向けてテンポを速めました。テンポはとても良く動きますがとても自然な動きです。トリオの前の充実した響きも素晴らしいものでした。トリオもテンポを動かしながらたっぷりと歌います。

四楽章、この楽章は速めのテンポで始まりました。力強いけれども柔らかい第一主題。全く緩むことなく旺盛な表現意欲です。湧き上がるような表現の第二主題。木管が登場するあたりでテンポがゆっくりになりました。テンポは遅いですが、緻密な表情付で全く弛緩することはありません。マグマがぐつぐつと煮えたぎるような第三主題。展開部へ向けてとても穏やかな表現です。再現部の第一主題は強烈です。オケもヒートアップしているようです。ゆっくりとしたテンポが大河の流れのよう絶え間なく豊かに流れて行きます。コーダのコラールもゆっくりと丹精込めた演奏です。最後はさらにテンポを落としてとても感動的な終結でした。

徹底的に表現し尽くした演奏でした。感情のこもったテンポの動き、オケの一つ一つの表現も見事でした。デビュー当時はフルトヴェングラーのコピーだと言われたりしましたが、今では完全に自分自身の表現へと昇華していて、とても素晴らしい表現の演奏でした。感動的なコーダも最高でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

スタニラフ・スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送交響楽団

icon★★★★★
一楽章、ゆったりとしたテンポで締まったホルンの第一主題。トゥッティではトロンボーンが強く響きます。第二主題でも大きな表現やテンポの動きはありませんが、遅いテンポでじっくりと作品の良さを訴えて来ます。弱音が消え入るような音量です。この弱音部分ではウィーンの森を感じさせてくれます。コラールの最後に大きく盛り上がって次第に遠ざかって行きました。コーダはホルンが奥まっていてトランペットが近くにいる感じのバランスでした。

二楽章、寂しげな主要主題。ホルンもポツンと一人で孤独な感じです。僅かに薄日が差すような副主題。作品を正面から捉えたけれん味の無い演奏です。クライマックスはやはりトロンボーンが少し強いですが、咆哮することは無く極めて冷静です。

三楽章、軽い冒頭のホルン。やはりこの楽章でもトロンボーンが気持ちよく鳴り響きます。ブルックナーにしてはシャープな響きです。主部が若干速めだったのに比べるととてもゆっくりのトリオです。ゆっくりとしたテンポでたっぷりと歌います。主部が戻って、金管の演奏する部分で他の演奏ではほとんど聞こえないチューバが底辺でしっかりと鳴っています。

四楽章、ゆっくりとしたテンポで堂々と鳴る第一主題。第一楽章の第一主題が再現する前にシンバルが入りました。感情が込められて内面から湧き上がるような第二主題。第三主題は以外にも大人しい演奏で六連符が終わってからのトランペットから強く演奏しました。展開部に入って序奏が回帰した後のコラールが多層的に組み合わさる響きがとてもよく分かります。ホルンが遠くにいて、強奏の響きがとても心地良いです。やはりトロンボーンが強い第一主題の再現。第二主題の再現は流れるようです。天をゆっくりと舞うようなコーダのホルン。その後もゆっくりとしたテンポが続きます。一楽章の第一主題の登場とともに大きく盛り上がって終わりました。

ゆっくりとしたテンポで細部まで聞き取れるバランス重視の演奏でしたが、トロンボーンだけ補助マイクのレベルが高かったのか、常に強かったです。ただ、このゆっくりとしたテンポとても心地良く音楽に浸ることができてとても魅力的な演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロジャー・ノリントン/エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団

ノリントン★★★★★
一楽章、柔らかく伸びやかなホルンの第一主題。巨大なトゥッティ。第二主題はかなり速いテンポです。突然始まる第三主題も豪快に鳴ります。コラールは弾むような演奏でした。第一稿と第二稿では、素材だけ生かして一から作曲し直すほどの作業だったのではないかと思うほど違います。金管はかなり激しく咆哮します。

二楽章、第二稿とはアーティキュレーションが違うのか、とても表情豊かな主要主題。テンポは速めでサラサラと進みます。弦は古楽器らしく鋭い響きです。いろんな楽器がはっきりと分離して美しく響いています。感情を込めるような表現は無く、作品そものもを聞かせる演奏です。クライマックスは最初ドカーンと来ますが次第に潮が引いて行くように穏やかになって行きました。

三楽章、暗い雰囲気の音楽です。ホルンが美しく咆哮します。重厚なトゥッティから細身で繊細な木管のソロまではっきりとしたコントラストを描いた演奏です。

四楽章、充実したトゥッティ。この演奏を聴いているとこの第一稿がこれで完成された作品のように聞こえてきます。迷いの無い真摯な演奏です。コーダ近くでティンパニのクレッシェンドが効果的に使われます。

未整理な作品として評価されがちな第一稿ですが、この演奏を聴くと、これはこれで完成された作品だと感じさせられます。美しい響きで、自信に満ちたテンポや表現、バランスなど素晴らしいものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」2

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団

icon★★★★☆
一楽章、細身で締まったホルンが弦のトレモロに乗って始動しました。トランペットもしっかり鳴らした、ピラミッドよりも正方形のようなバランス。アンサンブルも整っているし、気持ちよく鳴っている。残響成分がもう少しあった方が良いと思うが・・・・・。大胆なトランペットのクレッシェンドがあったり、淡々と進むようでいて、ポイント、ポイントで強い主張をします。

二楽章、オーストリアの森の中の木漏れ日の中を散策するような、安堵感のある音楽です。この曲自体が癒しのようなメロディーに溢れているので、音楽に浸るのにはとても良いです。
美しいメロディーを繋ぎながら音楽は頂点へ。もう少しティンパニの音に深みが欲しい気もしますが・・・・・。

三楽章、快活なテンポ、豪快な演奏!

四楽章、すごいパワー感。美しい演奏なのだが、残響成分が少なく、ブルックナーの録音だったらもう少しoffに録った方が良かったのではないかと思います。
かなりテンポを動かすところがあります、特に遅くなる部分が印象的です。
コントラバスも含めた分厚い響きはさすがです。金管の厚みのある響きも官能できます。オケの技術の高さもすばらしいです。ティンパニもバチンと決まります。この部分での音色選択は決まっています。
神々しいブラスセクションはこの曲にピッタリです。コラールのホルンは歌います!感動的なすばらしいフィナーレです。

やはりクーベリックは大指揮者です。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、とても豊かな響きのホールでの録音なのかホルンが長い残響を伴って美しかったです。
続く弦も響きが綺麗です。とても良い感じだなと思って聴いていましたが、やはりテンポが速すぎます。もっとじっくりと音楽を楽しみたいのですが・・・・・。
木漏れ日の森をデートしていて、彼女にさっさと先へ行かれるような感覚です。もっといろんな美しい景色や花や木を眺めていたいのに、それを許してくれません。
カラヤンとベルリンpoの絶頂期の録音ですので、音色やアンサンブルの点では文句はありません。すばらしいです。でもせっかちな音楽です。
金管もすごく美しいだけにもう少しゆったりと音楽に浸ることができたら最高なのに・・・・・。
フルートのソロも鳥肌が立つほど美しいものでした。こんなに名手が揃っているオケでなんでこんなにせっかちなブルックナーの演奏をしないといけないのだろうか。
ものすごく美しい部分と、テンポが速くて付いて行けない部分と相半ばの演奏です。

二楽章、美しい演奏です。これを華美だという人もいるかも知れません。素朴な雰囲気がないのも確かです。
ロマンティックと言うよりももっと都会的な印象があります。
とても良い雰囲気を持っている部分もあるのですが、個人的にはもう少し、ほんの少しで良いのでテンポを遅くして欲しかった。

三楽章、ダイナミックレンジが広い演奏です。ソロの美しさは絶品です。この頃のベルリンpoは今とは違って良い味があります。
この楽章は比較的ゆっくりとしたテンポで演奏されているので、良い感じです。豊麗な響きを満喫できるこの楽章はとても良かったです。

四楽章、重心は少し高いですが、非常に良く鳴るオケの響きが心地よく、音楽も流麗で聴き進むにつれてカラヤンの世界に引き込まれていくようです。
ハース版を使いながら第三稿を取り入れているようです。このシンバルはかなり効果的です。
豪華絢爛なブルックナーですが、これはこれで良いなあと思えるような美学があります。
ブルックナーをこんなにきらびやかに演奏する人は後にも先にもカラヤンだけでしょう。これはこれで一つの音楽の表現の境地であると思います。また、まねしようと思ってもこれはカラヤンじゃないと出来ない芸当だとも思うし、芸術家としての高い技量があるからこそできる技であろうし、十分に納得させられます。

豪華としか良いようがないです。すばらしい豪華さです。素朴とは程遠い演奏ですが、すばらしい豪華さでめが眩むようです。
ブルックナーの音楽にこんな眩いばかりの豪華さがあるとは思いませんでした。
こんな一面を聞かせてくれたカラヤンの音楽にも賛辞を贈るしかないです。ここまでの演奏を見せ付けられると、さすがといわざるを得ません。
コラールの深みはいまひとつでした。極限まで磨き上げた音楽に深みが備わるとすれば奇跡ですね。天は二物を与えず。
それでも一つの美を極めた演奏には、表面的との批判が付きまとっているのも事実ですが、ここまで徹底されると説得力がありました。

ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルッテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、すごく豊かな響きのホールでテンポは速めのスタートです。速いテンポでどんどん進みます。音楽にどっぷりと浸る暇を与えずに音楽が進みます。低音域ががっちりとした土台には不足があるように感じます。もう少し奥ゆかしい表現を求めたいところですが、この演奏にし無い物ねだりでしょうか?豊かなホールトーンを伴った響きにはとても魅力を感じます。ただ、かなり快速にとばした演奏でロマンティックの優雅さとは違うような感じはします。かなり勇壮に音楽が進みます。勇ましいコーダでした。

二楽章、ホールの豊かな残響がかなり演奏を助けているように感じます。この楽章も速めのテンポで進みます。豊かなホールトーンのおかげか艶やかなフルートや美しいホルンの響きが楽しめます。どのパートを取り出しても美しい響きです。ただ、作品に対する表現として深く踏み込んでいるようには残念ながら感じません。テュッティでの全身を包み込むような響きにはすごい魅力を感じます。

三楽章、ホールに残る残響がとても良い雰囲気を醸し出します。ブルックナーが多く使った全休符の意味が分かるような感じがします。ホールに充満した響きが減衰していくのがとても気持ちよく感じます。ホールに残る残響を聴いていると、テンポ設定にも次第に納得してしまいます。

四楽章、オケもそつなくなかなかの好演です。聴き進むにしたがって次第に演奏に引き込まれて行きます。この大聖堂の残響特性も含めた音響芸術としてはかなりレベルの高いものになっているのではないでしょうか。ホルンのコラールも大変美しい演奏でした。拍手も残響を聞き終えてからのものでした。聴衆も一体になったコンサートだったと思います。

マリス・ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ヤンソンス★★★★☆
一楽章、ビブラートを掛けて伸びやかで芯の強いホルンの第一主題。ゆっくりと歩くようなテンポです。トゥッティは爆発せずに抑えて柔らかい表現です。艶やかでくっきりと浮かぶ第二主題。大きな表現はありませんが、音に力があってそれそ゜れの楽器に存在感があり色彩感がとても豊かです。静かで厳かなコラール。コンセルトヘボウらしい深みのある響きが素晴らしい。コーダも全開ではありませんでした。

二楽章、つぶやくような主要主題。副主題もあまり大きく歌うことはありません。再現部の主要主題はクレッシェンドがありました。副主題の再現も穏やかです。クライマックスも力みの無い柔らかく穏やかなものでした。

三楽章、艶やかなトランペット。トゥッティはトランペットがあまり強く吹かないのとトロンボーンも音を割らないのでやはり柔らかく穏やかです。このトゥッティはバランスが良いとも言えます。大きくは歌いませんが控え目な表現はあります。歌もありテンポの動きもあるトリオ。鮮度が高く美しい響きです。

四楽章、分厚い低音に支えられたトゥッティ。シンバルが入りました。常に温かく優しい響きの演奏です。展開部の序奏の回帰はテンポを速めて緊張感がありました。このトゥッティの柔らかさはこれまでのブルックナーのイメージを覆すような響きです。再現部の第一主題は途中でテンポを速めて少し激しさを表出しました。コーダのホルンも全体の響きから大きく抜け出さずにとてもバランスの良い演奏でした。最後の第一楽章第一主題はテンポを速めましたが、ここでもとてもバランスの良い響きを維持して終わりました。

トゥッテイでも金管が吠えるようなことは無く、常に冷静にバランスを保って柔らかく穏やかな響きを徹頭徹尾貫き通した演奏でした。ブルックナーの金管の咆哮とは隔絶した新たな演奏を提示したと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」3

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

ベルナルド・ハイティンク/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★
一楽章、ウィーンpoらしく、ふくよかで柔らかい音色が印象的な始動です。
音楽の流れも自然でウィーンとはゆかりの深いブルックナーの作品を演奏するウィーンpoはとても堂に入った演奏をします。
ウィーンpoのブルックナーは誰が振っても、ウィーンpoのブルックナーだと思うのですが、いかがでしょうか。
指揮者の個性よりも、オケがほとんど音楽を作ってしまっていて、リハーサルで指揮者がどんなことを言おうが、本番では自分たちの音楽をしているような気がするのですが・・・・・。
そういう面では、元々強烈な個性を表出するタイプの指揮者ではないハイティンクとの組み合わせですから、安心して聴けます。
すごく美しい演奏で、ウィーンpoの少し古めかしい響きもぴったりです。

二楽章、この楽章も文句のつけようがないくらい美しい。ハイティンクも音楽の流れに身を任せるような自然体で、わざとらしいところが一切ありません。

三楽章、休符でホールに響く残響が減衰していくのも非常に美しく捉えられています。
また、オケのバランスもブルックナーの音楽の原点だったパイプオルガンを彷彿とさせるもので、トランペットが突出してキンキンするようなことも一切なく。まろやかで、しかも重圧な響きを作り出しています。

四楽章、この楽章も暴走することなく美しい演奏です。もう少し個性のある演奏をして欲しいような僅かな不満が残ります。
すばらしく美しい演奏なのですが、模範演奏のようなところで終わってしまったような感は否めないです。

ハイティンクの演奏はこんな感じになりがちで、もっと聞き込めば深い味わいがあるのかも知れません。

クラウス・テンシュテット/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★
一楽章、細身で筋肉質なホルン・ソロ。次第に登りつめて雄大なブルックナー・リズムのトゥッティ。繊細な第二主題。豪快に鳴る第三主題。美しいクラリネット。構成するパートそれぞれが強い音で歌うコラールは見事な訴えでした。同じベルリンpoでもカラヤンの豪華絢爛な響きとは違い、とても簡素で締まりのある響きです。テンポは良く動いています。速いテンポでコーダに突入してほぼそのままのテンポで終わりました。

二楽章、田舎っぽい響きで、自然を感じさせます。分厚い低音をベースにピラミッド型のバランスが安定感のある響きを作っています。ダイナミックの幅がとても大きく、消え入るような静寂から巨大なトゥッティまでフルに活用して音楽表現しています。特に安定感のあるトゥッティはすばらしいです。

三楽章、速めのテンポで一気呵成に盛り上がりオケが鳴り響く。芯のしっかりした音で音楽が作られて行きます。この強い音にテンシュテットの信念を感じるような気がします。トリオの直前はかなり速いテンポになっていました。トリオでもピーンと張った緊張感があります。スケルツォ主部に戻るとまた速いテンポでせわしなく演奏されます。

四楽章、もの凄く力強いエネルギーに溢れた金管の第一主題です。第二主題も音に力があって、穏やかな雰囲気ではありません。第三主題も壮絶な金管の咆哮です。展開部に入ってもテンポが動いて緩急の変化があります。第一主題の展開も強烈でした。ロマンティックと言う副題とは対照的に音楽と格闘するような激しい音楽です。コーダのホルンが一時の安らぎでした。最後はテンポを落として輝かしい終結でした。

ロマンティックではありませんでした。かなり壮絶な演奏で、この曲の違った一面を見せてくれたような気がしました。

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団

ショルティ★★★★
一楽章、筋肉質で弾力のあるホルンの第一主題。軽々と鳴るトゥッティ。トランペットがテヌートぎみです。リズミックな第二主題。第三主題も軽く鳴り響きます。弱音部では森の雰囲気があります。コラールも生き生きとした表現です。トゥッティがカラッとすっきり鳴り響き過ぎて、重量感がありませんが、これだけ軽々と鳴り響くと快感でもあります。コーダのホルンも豪快に鳴ります。

二楽章、深みのある主要主題。薄く細身の副主題。シャープで良く通るフルート。温かみのある弦楽合奏。弱音部分はとても美しく自然を感じさせてくれますが、クライマックスではやはり金管がビンビンと鳴り響き重厚さがありません。コーダはテンポを落としてしっとりと終わります。

三楽章、元気の良いトゥッティ。金管が明るく鳴り響きます。シカゴsoらしい勇ましい金管です。主部とは対照的な穏やかでのんびりとしたトリオ。主部が戻るとまた金管が爽快に鳴り渡ります。

四楽章、速いテンポでホルンが第一主題を暗示します。第二主題の前に第一楽章の第一主題が出る部分も心地よく鳴ります。第二主題はあまり表情を付けずにあっさりと演奏されます。全体を通して明るく陰影をほとんど感じさせない演奏です。大きな歌や表情は無く、作品を忠実にストレートに表現したものだと思いますが、ショルティとシカゴsoの演奏に共通する金管を思いっ切り鳴らすダイナミックな演奏の特徴が良く表れています。ただ、金管が鳴り過ぎて少しうるさい感じはあります。コーダのホルンのコラールは祈るように美しいものでした。

大きな歌や表情は無く、作品を忠実にストレートに表現したものだと思いますが、ショルティとシカゴsoの演奏に共通する金管を思いっ切り鳴らすダイナミックな演奏の特徴が良く表れています。ただ、金管が鳴り過ぎて少しうるさい感じはあります。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ダニエル・ハーディング/ロンドン交響楽団

ハーディング★★★★
一楽章、ザワザワと弦のトレモロに乗って柔らかいホルンの第一主題。続く木管に合わせて弦が大きくクレッシェンドしました。意図的に強弱の変化を付けています。高域が強調された録音です。第一稿による演奏らしく普段聞く演奏とはかなり違います。全く別の曲のような違いです。コラールも高域によった響きで薄い響きでした。ただ、表現意欲は旺盛な演奏で、とても積極的に表現しています。とてもにぎやかなコーダでした。

二楽章、感情豊かに歌う主要主題。木管に受け継がれた主要主題も良く歌います。この第一稿は音楽としてのまとまりはあまりありませんが、ブルックナーの新しい音楽を生み出そうとする意欲はとても伝わって来ます。聞きなれた第二稿とは全くと言って良いほど違う曲です。

三楽章、冒頭から全く違います。少し高域に寄った録音が切れ味鋭い音になって聞こえてきます。この曲がどうやとって「狩りのスケルツォ」になって行くのか、全く関連が無いように思います。金管が強烈に吹くことは無く、清潔感があって爽やかです。

四楽章、第一主題は第二稿とほぼ同じ形で演奏されますが、そこまで至る過程は全く違います。第二主題は少し違う感じですが、全く違う音楽から聞き覚えのある旋律が聞こえてくると嬉しくなります。この作品はブルックナーが斬新な試みをいろいろ行った成果だと思います。完成度が低い作品だとは思いません。かなり意欲的な作品です。演奏はシャープでブルックナーの分厚い響きはありませんでしたが、これは第一稿によるものかも知れません。

第二稿とは全く違う作品でしたが、飽きることなく楽しく聞くことができました。演奏は音離れが良くシャープな演奏で表現意欲も旺盛なものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

エミール・チャカロフ/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

チャカロフ★★★★
一楽章、くっきりと音の切り替わりもはっきりとしたホルンの第一主題。奥行き感があって壮大なトゥッティ。ストレートな第二主題。レニングラードpoらしい濃厚な色彩。トランペットが強めで、明るく華やかなコラール。第一主題の再現はとてもスケールが大きいです。

二楽章、速めのテンポですが、切々と歌う主要主題。副主題もくっきりと濃厚です。積極的に感情を込めた歌です。くっきりと濃厚な表現はとても良いです。

三楽章、残響を伴って奥行き感のあるホルン。一つ一つの表現に力があります。パリッと硬質な響きのブルックナーです。速いテンポで良く歌うトリオ。とても鮮明な音楽を提示して来ます。

四楽章、豪快に鳴り響く第一主題。シンバルも豪快に鳴ります。第一楽章の第一主題も同様です。深いところからとても強い力を放つ第二主題。展開部の第一主題などはロシア人のパワーが炸裂したような強烈な響きです。強烈な第一主題の再現の後に第二主題の再現になりましが、穏やかな安らぎ感は無く、緊張感が続きます。コーダのホルンのコラールは浅い響きでした。最後も第一楽章の第一主題を濃厚に印象付けるように音の動きをはっきりと演奏しました。

爆演と言って良い演奏だったと思います。ロシア人の体力に物を言わせて強烈なトゥッティでした。また、弱音部分でも常に力のある音で、大きな表現は無いものの強く印象付けられる演奏でした。ただ、一方的に押されている感じで引くところが無いのが今ひとつ一本調子になってしまった感じがあります。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」4

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

ロブロフォン・マタチッチ/フィルハーモニア管弦楽団

icon★★★☆
一楽章、速いテンポで豪快な演奏です。ところどころで突然pに落としてクレッシェンドしたり、積極的な表現です。
思い切りの良い表現が気持ちいい演奏で、「ロマンティック」と言うよりは「マッチョ」な感じがします。
マタチッチの演奏は、他の曲でも、私の感覚よりも速いテンポ設定が多いです。

二楽章、アゴーギクを利かせて積極的な表現なのですが、消え入るような繊細な弱音はあまりありません。
弦の音の頭が結構立っていて滑らかな感じよりも、ゴツゴツした印象。全体的に硬質な音です。この音質はマタチッチの好みなのでしょうか。

三楽章、ちょっとせせこましい印象です。もう少し穏やかな表現でも良いように思いますが、それだけ没個性の演奏ではなく、マタチッチの音楽を表出しているので、好感が持てます。

四楽章、版の関係か、聞きなれない部分が随所にあります。
緩急の差もあり特に緩のところは良い雰囲気です。全体として捉えると、好き嫌いは分かれる演奏かもしれませんが、聞かせどころは心得ている演奏で、ちょっとこれは!と思わせる部分と、すごく惹きつけられる部分を持っています。
コーダの盛り上がりは凄かった!

デニス・ラッセル・デイヴィス/リンツ・ブルックナー管弦楽団

デイヴィス★★★☆
一楽章、筋肉質で伸びのあるホルンの第一主題。バランスは良いですが、厚みはあまり無いトゥッティ。第一稿を聞くのはこれが三回目ですが、なかなかなじめないですね。コラールは弱く入って次第に強くなりました。第一稿の録音はどれも少し高域に寄った録音に感じるのですが、これは版の問題なのでしょうか?

二楽章、とても速い主要主題。速足で歩くようなテンポです。ノリントンやハーディングの演奏のような豊かな表情の演奏ではありません。あまり細かな細工はせずに作品を自然体で演奏しているようです。副主題から少しテンポは落ち着きました。

三楽章、寂しげなホルン。積極的に歌いますが響きはとてもデッドで、残響はほとんどありません。中間部は穏やかで心地良い演奏でした。

四楽章、バランス良く美しい第一主題。弦の涼しげな表現があったり、整った精緻な演奏を聞かせる部分もあり良い演奏です。ただ、ブルックナーにしては響きがデッド過ぎると思います。また、ブルックナーならばもう少し低域が厚い響きであって欲しいと思います。

自然体の演奏でバランス良く精緻な演奏でした。ただ、残響が少ないデッドな録音はあまりブルックナーにはふさわしくないように感じました。また、ブルックナーであればもう少し低域の厚みが欲しいとも思いました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

朝比奈 隆/大阪フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★
一楽章、朝比奈らしい作為的なところがない演奏です。ベートーヴェンの演奏では、全く感じませんでしたが、この演奏ではオケの技量が・・・・と思う部分も多少あります。
オケの音色にもう少し深みが欲しいと感じる部分があります。ウィーンpoの演奏と比較してしまうから問題なのかもしれませんが・・・・・・。
ちょっと野暮ったい感じがあります。

二楽章、自然体なのですが、ちょっと平板な感じがして、引き込まれるような表現がありません。もう少し踏み込んだ表現があっても良いのではと思います。

三楽章、遅めのテンポです。このテンポだとオケが持たないのではないかと心配になります。オケの集中力もあまり高くないようで、散漫に感じます。音も寄ってきません。
朝比奈が指揮をした、在京のオケの録音では演奏のムラはあまり感じませんでしたので、大阪poの集中力にはかなりムラがあったのではないかと想像します。

四楽章、速めのテンポです。かなり前のめりです。凄い推進力です。
それと、前の三つの楽章とは音の集まり方が全然違うんですが、明らかにホールが違います。三回のコンサートから継ぎはぎのCDの欠点ですね。
せめて、同じホールでの演奏を継ぎはぎして欲しかった。全部、このホールの演奏をCDにすれば良かったのではないかと思いますが、このホールの前三つの楽章の演奏はそんなにひどかったのか?
音は集まってきているし、推進力もあるし、なんでこんなに急にやる気満々になるんだ!
収録に関する記載があるから、分かったけど、記載がなかったら、こんなに演奏が変わったらおかしいですよ。

この楽章は、サントリーホールで収録したものか?この楽章だけ残響成分が多い。大フィルは東京のコンサートだけはやる気が違うと言われているので、多分東京の演奏だと思う。

クラウディオ・アバド/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

アバド★★★
一楽章、細身で美しいホルンの第一主題。ブルックナー・リズムのトゥッティは穏やかです。第二主題は少し速めのテンポです。第三主題も豪快には鳴りません。誇張は無くとても自然な流れです。展開部は壮麗な響きです。コラールは速いテンポながら自然で美しいものでした。再現部でもトゥッティは抑えられています。ウィーンの森を感じさせる部分はごく僅かです。コーダはテンポが速く落ち着きがありません。

二楽章、さりげなく歌う主要主題。副主題も控え目な歌です。過不足無く整った演奏なのですが、ブルックナーらしい素朴な雰囲気があまり無く、現代的な雰囲気です。クライマックスも音が充満するような大きな盛り上がりではありませんでした。

三楽章、冒頭のホルンとトランペットは森の中から響いてくるような良い雰囲気でした。自然な歌があります。滑らかな木管。速いテンポで金管の輝かしい響きが心に残ります。とても豊かに歌うトリオ。最後は金管がかなり強く吹いているようなのですが、音圧としては伝わってきません。

四楽章、ここの第一主題もかなり強く演奏しているようなのですが低域が伴わないので音圧としては届きません。第二主題はあまり歌わずにあっさりと過ぎて行きます。第三主題も高音域だけが強く響く感じで展開部も前はゆっくりとしたテンポでとても穏やかでした。展開部の第二主題はゆったりとたっぷり歌いましたが、後半は速いテンポでした。再現部の第一主題でも高音域が強く逆三角形のバランスで頭でっかちに感じます。コーダのウィーンpoらしい美しいホルン。そして終結部の力強い第一主題はさすがでした。

全体に速めのテンポでしたが、歌うところはしっかりと歌い。鳴らすところも十分に鳴らす演奏でしたが、トゥッティでは高音域が強く、それに低音域が伴っていないので、頭でっかちの響きになり、ブルックナーらしい分厚い響きを聞くことはできませんでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

イシュトヴァン・ケルテス/ロンドン交響楽団

icon★★★
一楽章、はっきりとした存在感のホルンの第一主題。埃っぽい木管。オンマイクぎみで分離するトゥッティ。テンポを速めて活発に動く第二主題。第三主題もブレンドされた一体感や厚みがありません。別々に録ってきたものをミキサーでブレンドしているようでトゥッティの響きは不自然です。コラールの直前でホルンの第一主題を突然大きく吹きます。コラールは元気が良く輝かしいです。残響成分がほとんど無いので、奥行き感や落着きがありません。コーダの第一主題もとても力強いのですが、ちょっとあからさまです。

二楽章、独特の歌い回しの主要主題。感情のこもった副主題。動きが活発で生き生きとした演奏です。ホルンが演奏する主要主題はとても豊かに歌いました。

三楽章、近くで鳴るオケ。オケを豪快に鳴らして一気に進める感じがあります。トリオも速めのテンポですが、テンポも動いて豊かに歌います。力強く前へ進み積極的な表現で、気持ちよく鳴り響きます。

四楽章、この楽章もかなり速めのテンポです。第二主題もとても良く歌います。自然や森をイメージさせる演奏ではありません。都会的です。第三主題も豪快に金管が鳴り響きます。展開部の序奏主題では次第にテンポを速めて緊張感を高めます。感動的なコラールでした。終結部も豪快でした。

オケを豪快に鳴らして、速めのテンポで一気に聞かせる演奏でした。ただ、自然や森をイメージさせる演奏では無く、都会的でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラウディオ・アバド/ルツェルン祝祭管弦楽団

アバド★★★
一楽章、締まって細身のホルン。穏やかなトゥッティ。第二主題も特に表現は無く速めのテンポで過ぎて行きます。金管はとてもまろやかです。第三主題も金管は控えめでとても柔らかくまろやかです。金管が吠えない分、低弦の厚みを感じることができます。柔らかく美しいコラール。この演奏では初めてコーダでホルンが強く吹きました。

二楽章、静かで内面的な主要主題。ほとんど表情の無い木管。弱音の美しさに重点を置いた演奏で、静かな演奏が空間に広がって行きます。大きな表現はありませんが、切々と語りかけてくるような真摯な表現です。コントラバスを伴ったバランスの良い厚みのある響きです。あまりに内面に向かう音楽で寂しさを感じてしまいます。クライマックスは抑えられて柔らかい響きの中に金管のビーンと鳴る響きが加わります。

三楽章、とても弱いホルンとトランペットですが、すぐに盛り上がります。速いテンポで颯爽と進みます。速いテンポで畳み掛けるような表現です。弱音が繊細で、細かな表情がありますが、トゥッティは抑え気味でブルックナーらしい重厚で豪快なトゥッティは聞けません。温かいトリオ冒頭のフルート。

四楽章、一瞬バッハを感じさせる第一主題。その後第二主題までは力強い演奏でした。サラッとほとんど表情が無く進む第二主題。弱音は消え入るような弱さです。第三主題も抑えていて全開には程遠い響きです。展開部で演奏される第一主題も抑えた表現で柔らかいです。金管の奏者たちは欲求不満になるのではないかと思う程執拗に抑えたトゥッティです。コーダのコラールも抑えた音量で始まりますが次第にホルンが浮かび上がり空を舞うようです。最後はかなり解放されて強奏して終わりました。

繊細な弱音が特徴的で、ひたすら内面に向かうような演奏でした。トゥッティはほとんどの部分で抑えたバランスで柔らかい響きでした。アバドはパイプオルガンをイメージしていたのでしょうか。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロヴロ・フォン・マタチッチ/スイス・ロマンド管弦楽団

マタチッチ★★★
一楽章、細身で硬質なホルンの第一主題。この録音では分かりにくいですが、かなり豪快に鳴っているトゥッティ。あまり表情が無くそっけない第二主題。第三主題も豪快に鳴っているようですが、トランペットだけが分離しているような録音です。録音状態があまり良くなく、響きがバラバラで浅い響きになっています。コラールは弱く始まって次第に強くなりました。コーダのホルンも豪快に鳴らされますが、音が切れ切れになってちょっと雑な感じがします。

二楽章、あまり歌わずにサラッと流れる主要主題。トランペットが投げやりで雑に演奏するのがとても気になります。タメや間などもあまり無くサラサラと流れて行きます。クライマックスでも金管がブレスではっきりと穴を開けます。

三楽章、テンポが速く勢いがあります。ホルンの強奏も豪快でした。野暮ったく泥臭いトリオ。

四楽章、思い切り良く鳴り響く第一主題。ゆったりと湧き上がるような第二主題はとても美しい表現です。第三主題は録音の問題で時折音がこもります。この現象はこの後もずっと続きます。展開部の第二主題もゆったりとしたテンポで夢見るような演奏です。終結部も豪快に鳴らして終わりました。

雑な部分があったり、トゥッティの豪快な演奏もあり、三楽章トリオの野暮ったい表現だったり、四楽章の第二主題の夢見るような美しさもあったり、とても変化に富んだ演奏でした。しかし、録音が悪く周期的にこもる音は演奏を伝え切らないものでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」5

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

クラウス・テンシュテット/シカゴ交響楽団

テンシュテット★★
一楽章、音が揺れていて、とんな音色なのかよく分からない。
テンシュテットとシカゴsoとのライブはマーラーの「巨人」がすさまじい演奏だったので、期待も少しあったのですが、この録音では・・・・・。
マイクポジションの問題なのか、金管はあまり伸びてこなくて、ティンパニがかぶってしまいます。
テンシュテットの演奏らしく、テンポが大きく動くところがあり、劇的な音楽作りがなされていますが、ダイナミックレンジも狭く、トゥッティではティンパニがかぶってくるので、あまり表情などは聞き取れません。

二楽章、客席で録音したのか、楽章間のオーディエンスノイズが大きかったです。
録音は良いとは言えませんが、オーケストラの上手さは伝わってきます。しかし、演奏の特徴などは分かりません。

三楽章、速めのテンポ設定で始まりました。二楽章はテンポの動きもなく平凡に終わりましたが、この楽章はテンポがかなり動きますし、テンシュテットらしい思い切った表現も聴かれます。
ただ、ブルックナーのこの曲にこのような大きく揺さぶるような表現が必要なのか、疑問も感じないわけではありません。
もっと自然な音楽の流れに身を任せたいとも思います。

四楽章、この楽章も割りと速めのテンポのようです。テンポが速めで、アゴーギクもあまり感じさせない演奏で、あっさり進みますが、その分音楽の流れが良いです。
これ、録音が良かったら、もの凄い音の大洪水のような演奏だったんだろうと想像できます。シカゴsoのパワーをフルに使って、速めのテンポで、息つく暇も与えずに怒涛の快演。
返す返すも、状態の良い録音で聴きたかった。残念!

ハインツ・レーグナー/ベルリン放送交響楽団

レーグナー★★
一楽章、しっかりと締まった硬質なホルンの第一主題。トゥッティまで少しずつテンポを速めています。軽いトゥッティ。速いテンポの第二主題。基本は速いですが、時にテンポを落とすこともあります。第三主題も力を込めるような表現ではなく軽くサラッと過ぎて行きます。コラールは強い色彩感があります。テンポはかなり速く、通常の「ロマンティック」のイメージとはかなり違います。コーダも速いテンポでお祭り騒ぎのようでした。

二楽章、この楽章も速いテンポで演奏される主要主題。副主題は速いテンポながら豊かに歌います。フルートがとても強く濃厚です。クライマックスは音が若干短めで弾むような感じでどっしりとしたスケールの大きな演奏ではありませんでした。

三楽章、豊かな残響の中に響くホルン。トリオに入る少し手前で一旦音量を落としてクレッシェンドしました。ティンパニが頻繁にクレッシェンドします。

四楽章、この楽章はかなり速いです。やはりトゥッティは軽く響く感じです。ティンパニはここでもクレッシェンドしました。第一楽章の第一主題も抑えた表現でした。豊かに色んな楽器が織りなす第二主題。それにしてもテンポが速すぎてせわしなくロマンティックとは言い難い感じです。第主題も何かにとりつかれたように急ぎます。展開部の前は少しゆっくりになりましたが、展開部からはまたすごく速いテンポです。再現部の第一主題はそんなに速くなかったのですが、第二主題はやはり速いです。コーダはトランペットが強く演奏しましたが、あまり感動的ではありませんでした。

なぜにそんなに速く演奏しないといけないのか?と言うような演奏でした。あまりにも速くロマンティックとは言い難い演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ダニエル・バレンボイム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

バレンボイム
一楽章、非常に締まったホルンの第一主題。第二主題は速めのテンポでしかもテンポの動きもあり、音の出入りがあって歌っています。かなりテンポが速くちょっと落ち着きが無いような感じがします。トランペットが強く演奏が軽く聞こえます。とても表面的な音楽に感じます。

二楽章、朗々と歌う主要主題。演奏が馴染んできて少し一体感があるようになってきました。主部の回帰で深みのある素朴な雰囲気が出て来ました。

三楽章、あまり響きの無いホルン。残響が少ないデッドなホールでの演奏のようです。トリオはほとんど歌わずサラッと演奏されます。トランペットがうるさくロマンティックな雰囲気とは違います。

四楽章、ここの第一主題はトランペットが強く無くまろやかで重厚でした。第二主題でもホールの残響が少ないせいかフルートの響きが浅く感じます。音楽の中心に大きく硬い物が存在していて、演奏はその周囲の浅いところで行われているような感じで、感情の深いところを揺さぶるような演奏には聞こえません。コーダもトランペットが強くホルンが隠れていました。

演奏会場のロイヤル・アルバート・ホールの問題もあったのだと思いますが、残響が少なく深みは全く感じられませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第7番

ブルックナー 交響曲第7番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第7番名盤試聴記

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、奥行き感とホールの広さを感じさせる伸びやかな冒頭です。自然な息づかいを感じさせます。第二主題のオーボエとクラリネットのピンポイント感と弦楽合奏の広がりの対比も素晴らしいものでした。とても静寂感があります。このブルックナーの曲集の中でもこの録音は遠近感や広がりが良いです。再現部の前の全合奏はゆったりとしたテンポですごい咆哮でした。コーダは神聖な世界にたどり着いたような爽快感がありました。

二楽章、ふわっと始まり次第に力強くなる主要主題。すばらしく美しい音楽が滾々と湧き出してくるようです。非常にデリケートな表現をオケに要求しているようで、もの凄い集中力ですが出てくる音楽はとてもしなやかです。宇宙が鳴り響くような巨大なスケールのトゥッティ。音の洪水のように炸裂するクライマックス。音楽の深みを感じさせるワーグナーチューバ。音楽は常に柔らかく優しい。天に昇って行くような最後でした。

三楽章、ゆったりと波にでも乗っているかのようにしなやかに揺れる音楽です。優しくのどかでどこまでも続く草原を思わせる中間部です。チェリビダッケの音楽は、自然や生命、果ては宇宙までも感じさせるものです。

四楽章、生命感があって躍動的で生き生きしています。第三主題では大きくテンポを落としました。見事なバランスでコーダを演奏しました。

自然や生命に対する賛美が随所に表現されたすばらしい演奏でした。

オイゲン・ヨッフム/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、豊かに鳴るチェロの第一主題はとてもゆっくりと感情を込めるようにダイナミックの変化も大きく演奏されます。第二主題ではテンポを上げ、オーボエとクラリネットが濃密な音色で絡み合います。滑らかな弦がとても美しい。第三主題でもとても美しいヴァイオリンが印象的です。コンセルトヘボウらしくとても濃厚な色彩で音楽を描いて行きます。トゥッティの強さよりも全体の静寂感が印象に残る演奏で、とても静かな感じがします。展開部のチェロの旋律もとてもゆっくりとしたテンポでした。コーダも全開ではなく少し控え目で美しい演奏でした。

二楽章、すごく感情のこもった主要主題が柔らかくとても美しい。ヨッフムの最晩年の枯れた境地が体から自然に出てきているような、とても優しい音楽に心が打たれます。Bも力みの全く無い自然体の柔らかい音楽ですが、しっかりと感情は込められています。この部分は長調で書かれていますが、物悲しい雰囲気がとてもすばらしいです。二回目のAは一回目よりも切迫して迫ってきます。弱い波が押しては返ししながらジワジワと迫ってくるような、聴き手を強制しない自然な演奏です。Bの二回目はさらに音楽の振幅が大きくなってまた静まって行きます。三回目のAは大きなクライマックスを迎えますが、ここでもオケが全開になることはありません。とても美しい響きです。ワーグナーチューバが途中から強く演奏してかなり踏み込んだ表現をしました。最後もとても美しく黄昏た雰囲気でした。

三楽章、濃厚な色彩の演奏が続きます。トゥッティでも荒れることなく美しい。テンポも動きます。中間部は適度な揺れがあり美しく歌われます。テンポも自然な動きに身をゆだねることができます。

四楽章、ヴァイオリンのトレモロがとても潤いのある第一主題でした。テンポはよく動きます。爽やかで涼感のある第二主題。私はこんなに美しいブルックナーの7番を聴いたことがないです。第三主題でもオケを咆哮させることはなく、とても美しい音色の演奏が続いています。再現部の第三主題でもテンポが次第に遅くなります。第二主題もよく歌われて美しい。テンポも大きく動きます。コーダの手前で大きくテンポを落としてコーダへ入りました。最後でも絶叫することはなくとても美しく終りました。

ヨッフム最晩年の枯れ切った音楽が自然に体から溢れ出て、それをコンセルトヘボウの高い技術と音楽性によって作り出された超名演だったと思います。こんなすばらしい演奏とめぐり合えることができるからクラシック音楽はやめられない。

ギュンター・ヴァント/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、厚みがあって暖かいチェロの第一主題。繊細で艶やか、とても感情がこもっていて引き込まれます。第二主題では突然音量を落とす部分もありました。木管楽器は透明感のある清らかな響きです。第三主題の冒頭は抑制的でした。展開部のチェロの旋律の後ろでティパニが絶妙の音色と音量でクレッシェンド、デクレッシェンドしました。コーダのトゥッティも美しい響きでした。

二楽章、Aは伸びやかで柔らかい弦の響きで落ち着いた荘厳な演奏です。オケのアンサンブルも抜群の精度ですばらしい。Bも繊細な表現で大切なものをそっと丁寧に扱うような心のこもった演奏です。Aの二回目は一回目よりもさらに分厚い響きで始まり、金管が加わり抑制はされていますが、濃厚な表現になります。Bの二回目も一回目よりも厚い響きでこの世のものとは思えないような柔らかさです。Aの三回目は次第に力強くクレッシェンドして頂点を築きますが、金管は突き抜けることはなく、バランスは保たれています。ワーグナーチューバが豊かな表現で厳粛な音楽を奏でます。曇り空の雲の裂け目から太陽の光が差し込むような神の降臨を感じさせるワーグナーチューバのすばらしい表現です。

三楽章、いろんな楽器が入り混じって怒涛のトゥッティ。すごい情報量と力強い響きです。中間部は哀愁を感じさせるような少し寂しげな雰囲気が漂います。最後は広大なスケールのトゥッティに圧倒されます。

四楽章、軽やかな第一主題。伸びやかな第二主題。再現部も弱音から強奏まで美しい演奏が続きます。テンポを落としたコーダでも金管が突き抜けてくることはなく、非常にバランスの良いままに終りました。

細部までコントロールが行き届き、大自然や神の降臨をイメージさせるすばらしい演奏でした。

朝比奈 隆/東京都交響楽団

icon★★★★★
一楽章、弱い弦のトレモロに乗って歌うチェロの第一主題。第一主題が高音楽器に引き継がれるとサーッと視界が開けるような感覚になりました。シルキーで美しい弦。第三主題の前はそんなにritはしませんでした。良く通るフルート。オケの技術はとても高いです。再び第一主題が演奏される少し前でかなりテンポを落としました。金管も充実した響きです。コーダの前の第一主題もすごくゆっくりと演奏しました。コーダも非常に遅いテンポです。すばらしい金管の強奏でした。

二楽章、柔らかい弦の響きがとても心地よい。(B1)に入る前の重いテューバに支えられた金管のアンサンブルがとても美しかった。1970年代の日本のオケでは考えられないような美しく柔らかく伸びやかに鳴る金管はとてもすばらしい。6連音符に乗った主題が次第に盛り上がるところは、次から次から音が湧き出すように豊かでした。ワーグナーテューバが登場して雰囲気が一変します。遠い彼方に飛んで行くような最後でした。

三楽章、割と強めに入るトランペット。かなり切迫した雰囲気の演奏です。速目のテンポで演奏されています。屈託の無い金管の響きが心地よい。ライヴとは思えないすばらしい響きです。朝比奈とオケが一体になって音楽を作り上げています。

四楽章、速目のテンポで演奏される第一主題。少しテンポを落とした第二主題。第三主題はすごくテンポを落としました。この部分ではトロンボーンが凄い鳴りをしています。オケの響きはすばらしく美しい。展開部の第三主題もすごくテンポが遅い。テンポは大きく動いていますが、必要以上にこねくり回すこともなく、自然な流れの演奏で、朝比奈の演奏と言うより作品そのものを聴かせているような演奏です。コーダに入り一旦テンポを落として徐々にテンポを上げてクライマックスへ向かいます。

自然な流れで、ライヴとは思えない完璧な演奏はすばらしかった。

ロヴロ・フォン・マタチッチ/スロベニア・フィルハーモニー管弦楽団

マタチッチ ブルックナー交響曲第7番★★★★★
一楽章、豊かなホールの響きで音が膨らみます。思いっきり感情をぶつけてくる第一主題です。ゆったりと歌われる第二主題は第一主題とがらっと表情を変えました。ホルンもとても良い雰囲気を醸し出します。第三主題も豊かな表情です。とてもよく歌っています。強奏部分は豪快に鳴らしますし、コントラバスがしっかりと支えていて骨格がしっかりしています。美しい歌と音の洪水にどっぷりと浸っていられます。壮絶なコーダでした。

二楽章、一楽章から一転して穏やかな主要主題(A)です。この楽章でも切々と歌いながら訴えてきます。強奏部分では一音一音確かめるように確実に演奏します。(B)は比較的速目のテンポですが、テンポを動かして歌います。(A)の二回目もテンポを動かして強く訴えてきます。これだけ作品と同化して感情をぶつけてくる演奏の凄さを感じます。強奏部分は本当に豪快です。これがマタチッチの真骨頂か。壮大なクライマックスでした。ビブラートを効かせたワーグナーテューバ。音楽の起伏が非常に激しい演奏です。天に昇って行くように静かに終りました。

三楽章、遠くから聞こえるようなトランペット。ホールに響く残響が尾を引くように音楽を盛り立てます。途中テンポを落としてはとてもゆっくりと演奏しました。ティンパニのクレッシェンドがとても効果的です。一転して安堵感のある中間部。天国で奏でられる音楽のような安堵感です。この楽章でもとても良く歌います。(A)に戻ってからも途中でテンポを落としました。

四楽章、弾むようなリズムで始まり、次第に重くなりました。とても良く歌います。テンポもすごく動きます。マタチッチが作品に込める思いの深さを感じさせるすばらしい演奏でした。

ベルナルト・ハイティンク/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 2010年ライヴ

ハイティンク★★★★★
一楽章、残響を含んで伸びやかで雄大な第一主題。一音一音慈しむように丁寧な演奏です。潤いのある木管が美しい第二主題。舞い踊るような第三主題。抜けの良いクラリネット、くっきりと浮き上がるフルート。再現部の前のトゥッティは涼しい響きでした。雄大なコーダでした。

二楽章、今にも雨が降りそうな真っ黒な曇天をイメージさせる冒頭の主要主題。Bの直前のワーグナーチューバはこの世のものとは思えないような暗闇の表現でした。Bから一転して明るく穏やかで安らいだ演奏です。また曇天に引き戻すAの再現。非常に神経の行き届いた弱音の表現です。トランペットが登場するといぶし銀のような渋い輝きです。クライマックスは強力なティンパニや弦に覆いつくされるような金管でした。荘厳で祈るような歌のあるワーグナーチューバ。天に昇って行くような美しいホルンで終わりました。

三楽章、締まりがあって密度の濃い主要主題。シャープで美しい響きです。開放されたような穏やかな中間部ですが、音が一音一音立っていて音楽が生きています。

四楽章、躍動的で生き生きとした第一主題。速めのテンポで進み柔らかく穏やかで安らぎを感じる第二主題。力みが無く透明感の高い第三主題。ハイティンクが常任指揮者をしていた時代のコンセルトヘボウの響きに近い深く濃厚な響きになっています。湧き上がるような壮大なコーダ。

大きな表現や主張はありませんが、濃厚で密度の濃い響き、二楽章での祈るようなワーグナーチューバや昇天するようなホルンなど神を感じさせる演奏は見事でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

カルロ・マリア・ジュリーニ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1986年ライヴ

ジュリーニ★★★★★
一楽章、冒頭から深い息遣いの歌の第一主題です。とても強い作品への共感が感じられます。第二主題もとても良く歌います。第三主題へ向けてテンポを速め直前でritしました。展開部で演奏されるチェロの旋律も感情のこもった豊かな歌です。同年のスタジオ録音ではもう少し感情は抑えられていたように感じますが、この演奏はかなりはっきりとした感情の吐露があります。

二楽章、強弱の変化を付けて大きく歌う主要主題。一つ一つの音にとても神経が行き届いている演奏です。Bも非常に美しく歌います。Aの二回目はかなり厚い雲に覆われた曇天をイメージさせる演奏です。ワーグナーチューバも荘厳でありながら豊かに歌います。弦や木管がどんどんと重い空気になって行きますが、ホルンによって神が導かれます。

三楽章、ゆったりと伸びやかなスケルツォ主題。金管はかなり強く演奏していますが、美しい範囲です。中間部にはいるとまた豊かに歌います。大きな川の流れのようにゆっくりと流れて行きます。

四楽章、滑らかに滑るような第一主題。何とも感情のこもった第二主題。抑制の効いたコーダでした。

豊かな歌に溢れた美しい演奏でした。作品に対する強い共感が表れたものて、聞いていて引き込まれるような感じがしました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

サー・レジナルド・グッドオール/BBC交響楽団

グッドオール★★★★★
一楽章、静かなたたずまいの第一主題でとても静寂感があります。ゆったりとスケールの大きな演奏です。第二主題も静かで静止しているようです。澄み切った空気感です。大河の流れのようにゆっくりと自然に流れて行きます。第三主題の前はホルンがかなり激しく咆哮しました。再現部も静寂感と緊張感があります。再現部の第三主題もどっしりとしていてあまり軽々しく動きません。壮大なコーダは見事としか言いようが無いです。

二楽章、こ楽章の主要主題も穏やかでその場に静止しているような感じです。一楽章同様ゆったりと流れる大河のようなたたずまいは非常にスケールの大きなものです。Bは少しテンポが速めですが、ここでも微動だにしない音楽ですが、優雅で美しいです。6連音符に乗って演奏される主要主題は次第にテンポが速くなりクライマックスを迎えます。ティンパニが大きくクレッシェンドします。葬送音楽らしいワーグナーチューバ。美しいホルンでした。

三楽章、遅めのテンポで、ガリガリと刻み付けるような弦。スレルツォ主題からかなり強い金管。がっちりと大地に楔を打ち込んだ上に音楽が成り立っているような強固な構成力。中間部はさらに遅く静かで穏やかです。主部が戻ると再びスケールの大きな主要主題が演奏されます。

四楽章、あまり軽やかさは無く、どっしりとした第一主題。速めのテンポの第二主題はすがすがしい感じです。ホルンが激しい第三主題。コーダに入ってもあまりテンポを落としませんでしたが、最後はゆっくりになってトランペットが響き渡って終わりました。

静寂感に溢れた静かなたたずまいと、地に楔を打ち込んだ上に音楽を構築するような強固なトゥッティとの対比が見事で、壮大でスケールの大きなトゥッティも素晴らしい演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

マリス・ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団

ヤンソンス★★★★★
一楽章、ゆったりと深い歌の第一主題。ホールの空間を感じさせる録音でとても美しいです。盛り上がるに従ってテンポを速めました。シルクのように滑らかな第二主題。第三主題の前のトゥッティも充実した美しい響きでした。落ち着いた第三主題。大きな表現は無く正攻法の演奏ですが、響きがとても充実していて非常に美しいです。ゆっくりとしたコーダの高揚感も素晴らしく、見事なバランスの金管も素晴らしいものでした。

二楽章、大きい表現ではありませんが、とても深い主要主題。Bへ入る前のワーグナーチューバは不穏な空気で、分厚い雲に覆われて暗い空のようでした。Bは柔らかく美しい弦が豊かに歌います。音楽は隙間や淀みなく流れ続けます。録音の新しさにもよるものもあるのでしょうが、充実した美しい響きは本当に素晴らしいです。クライマックスは自然な高揚で、力づくではありません。ワーグナーチューバは悲しみに暮れるような表現です。魂が天に昇って行くようなホルンでした。

三楽章、一体になった分厚い弦。伸びやかな金管のスケルツォ主題。トゥッティのエネルギー感は凄いです。静かで穏やかな中間部。

四楽章、ゴリゴリと存在感を示すコントラバス。生き生きと動くクラリネット。祈るように歌う第二主題。第三主題の途中から突然テンポが速くなります。展開部の前のホルンはとても美しい演奏でした。コーダの直前も充実した美しいトゥッティでした。輝かしいコーダでした。

強い主張のある演奏ではありませんでしたが、隙間や淀みもなく流れ続ける音楽、オケが一体になった充実したトゥッティ。どこをとっても見事な演奏でした。特に二楽章の最後の魂が天に昇って行くようなホルンはこれまで聞いた中でも最高の表現でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第7番2

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第7番名盤試聴記

ニコラウス・アーノンクール/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 2007年ライヴ

アーノンクール★★★★☆
一楽章、押したり引いたりしながら涼しげな第一主題。ガット弦を使用しているのでしょうか?ホルンやトランペットが激しく咆哮します。速いテンポで色んな楽器が入れ替わる第二主題。金管はどこでもかなり強く入って来て、少しうるさいくらいです。テンポは速く前へ進む力が強いです。コーダの金管の咆哮も壮絶で気持ち良いくらいに鳴り響きます。

二楽章、ワーグナーチューバの主要主題の後の弦が音の頭を演奏した後すぐに弱く演奏します。悲痛な叫びのような弦。Bはとても速いテンポでしなやかに揺れ動くような演奏です。この楽章でも金管はかなり激しく吹いています。クライマックスで打楽器は入りませんでした。とても動きのあるワーグナーチューバ。空を浮遊するようなホルンで終わりました。

三楽章、速めのテンポで弦も金管も鋭い響きです。この楽章でも金管が吠えてかなり激しいです。主部とは対照的におだやかな中間部はとても良く歌います。

四楽章、この楽章でも速いテンポの第一主題。颯爽と進む第二主題。第三主題はチェリビダッケとは逆にとてもテンポが速くなります。金管も良く鳴らしているのでとても快活な音楽になっています。コーダの前も強烈でした。コーダはトランペットがテヌートぎみに演奏しました。

今まで聞いたことのないような金管の強烈なブルックナーでした。弦も金管も鋭い響きで、今までのブルックナー像とは大きく違う演奏でしたが、この演奏はこれで楽しめました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団

ヴァント★★★★☆
一楽章、速めのテンポで感情移入を極力抑えるような演奏です。第二主題も粘ることなくサラッと過ぎて行きます。とても誠実で清潔感に溢れた演奏です。かなりクレッシェンドする再現部終盤のティンパニ。整然としていますが、コーダは全開かと思えるほど金管が強く吹きました。

二楽章、無駄な表現が無く、切々と頑なに訴えてくるような感じの演奏です。Bに入る前のワーグナーチューバは不穏な空気が漂います。Bに入ってもテンポの揺れも無く厳格に進んで行きます。精緻な演奏には清涼感さえも感じます。クライマックスへ上り詰める堅固な足取り。そしてクライマックスで炸裂する金管ですが、これもとても統制が取れています。空から神が舞い降りるような美しいコーダのホルンでした。

三楽章、誇張の無い自然体の演奏ですが、吹き荒れる嵐のようなスケルツォ主題です。一転してとても穏やかな中間部です。主部の緊張から一気に開放されます。この表現の変化は素晴らしいです。

四楽章、この楽章でも自然で大きな表現の無い第一主題ですが、美しい響きです。第二主題は速いテンポですが、音量の変化など表現がありました。とても克明で楽器の出入りなどもとても明確で鮮明です。シャープで見通しの良い演奏です。コーダは豪快に金管が鳴って終わりました。

自然体で誇張した表現などは全く無く、作品そのものを聞かせる演奏でした。とても緻密でシャープな演奏で、楽器の動きも手に取るように分かる演奏でしたが、後年のベルリンpoとの録音のような分厚さやスケール感には僅かに及ばなかったように感じました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロヴロ・フォン・マタチッチ/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

マタチッチ★★★★☆
一楽章、すごくゆっくりと感情のこもった第一主題。テンポの微妙な揺れもあります。強烈な盛り上がりでした。かなり激しく咆哮します。第二主題もゆっくりとしています。一つ一つ爪痕を残すような強い音です。コーダも壮大で強烈です。

二楽章、一転して柔らかくしなやかな主要主題。激しい部分はやはりかなりの激しさです。Bに入る前のワーグナーチューバはかなり厚い雲に覆われて暗い空になりました。Bはとても柔らかい表現です。主要主題が戻ってからも金管は強烈です。二度目のBは揺れるような表現で僅かに強弱の変化があります。クライマックスでもトランペットが高らかに主題を演奏しますが録音のせいで荒れた響きになります。ビブラートをかけたワーグナーチューバが歌います。

三楽章、ガツガツと一歩一歩踏みしめるような力強いスケルツォ主題。木管などの細かい動きもとても良く分かります。トゥッティは巨大なスケールです。小節の頭に重点があってとてもリズミックです。中間部はとてもゆっくりとしていてのどかです。主部が戻ると再び巨大で少し暴力的な演奏が現れます。

四楽章、リズミカルで歯切れの良い第一主題の終わりでテンポを遅めます。祈るように美しい第二主題。展開部の第一主題に呼応するトロンボーンがとても美しいです。再現部の第三主題は物凄く激しいです。コーダで遠慮なく絶叫するトランペット。

豪快にオケを鳴らした積極的な表現の演奏でした。普段聞こえない音もたくさん聞こえて新しい発見もたくさんありました。ただ、トゥッティで音が荒れる録音がとても残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

オトマール・スウィトナー/シュターツカペレ・ベルリン

スウィトナー★★★★☆
一楽章、ふくよかで柔らかい響きの第一主題。自然な歌です。第二主題もうっとりとするような美しい響きです。速いテンポですが、落ち着きのある第三主題。トゥッティでも音が荒れることは無くふくよかな響きを保っています。コーダでエネルギーを解放したような壮大な演奏になりました。

二楽章、静かでしなやかな主要主題。Bはテンポが速めですが、ここでもしなやかな演奏です。何の誇張もありませんので、気が付くとどんどん音楽が通り過ぎます。クライマックスの頂点に入る前のタメなどここぞと言う所で心憎い表現があります。このクライマックスもここまで貯めてきたエネルギーを解放するような壮大なものでした。ワーグナーチューバはかなり速く進みます。ホルンに神は現れませんでした。

三楽章、ゆったりと優しい主要主題。トゥッティは巨大です。心が安らぐ中間部。

四楽章、繊細な第一主題。速めのテンポであっさりと進む第二主題。透明感があって静寂感もとても良いです。第三主題も落ち着いています。再現部の第三主題の最後は大きくテンポを落としました。やはりあっさりと進む第二主題。再現部の第一主題の弦の部分はテンポが速く金管が出る部分ではテンポが遅くなります。コーダに入って一旦大きく落としたテンポを次第に速めてクライマックスへ向かいますが、クライマックスは一楽章のコーダのようなエネルギーを開放するような演奏では無く、金管が控えめな演奏で終わりました。

ふくよかで柔らかく美しい演奏で、透明感がある弱音と、何度か殻を突き破るようなトゥッテイとの対比も見事でしたが、二楽章の最後のホルンに神を感じることができなかったのがとても残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

サー・コリン・デイヴィス/バイエルン放送交響楽団

デイヴィス★★★★☆
一楽章、とても静かでゆっくりと祈るような第一主題。間を取ったりテンポの動きもあります。清涼感があって美しい弦。第二主題もゆっくりでとても爽やかです。落ち着いて穏やかな第三主題。金管も透明感があって音放れの良いスッキリとした響きでとても心地良いものです。金管全開ですが、すがすがしい響きのコーダです。

二楽章、通常のアダージョではなくスケルツォになっています。この楽章もゆったりとしたテンポです。もったりすることもなく、かといって鋭くなりすぎることもなく、非常に美しい響きの演奏です。中間部もゆっくり目ですが、少し緊張感があって、解放されたような安堵感がありません。

三楽章、ここはアダージョです。ゆっくりと、ゆっくりとそして静かに流れる大河のような主要主題。白波は立たずに穏やかな表面です。Bの直前のワーグナーチューバは黒い暗雲が立ち込めるような雰囲気です。いつくしむように暖かいB。主部が戻るとやはりとてもゆっくりと感情の込められた主要主題です。柔らかく美しい弦。輝かしい金管。ブレンドされた響きはとても美しいです。シンバルが炸裂してトランペットもかなり強く演奏しますが、デイヴィスらしいジェントルなクライマックスでした。速めのテンポのワーグナーチューバ。ゆっくりと天に昇って行くホルンですが、あまり強い印象ではありません。

四楽章、弾みますが、重厚な第一主題。速いテンポで強弱の変化を付け積極的な第二主題。第三主題も激しく荒々しい表現にはならず、ここでもジェントルです。コーダは大きくテンポを落としてから加速します。トゥッティでテンポを落として壮大に終わりました。

ゆったりと落ちつてとても美しい響きの演奏でした。トゥッティでも金管が荒々しく暴走することは無く、常にジェントルな演奏でとても心地良いものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

エリアフ・インバル/フランクフルト放送交響楽団

インバル★★★★☆
一楽章、柔らかく伸びやかな第一主題。流れるような第二主題。奥行き感があって美しいトランペット。速めのテンポの第三主題。ここまで重量感は無くく軽快な演奏が続きます。展開部のチェロの旋律もとても整っていて、ここまでの印象は凄くシャープで都会的な演奏に感じます。コーダは全開で壮大な演奏でした。

二楽章、ゆったりと伸びやかで静寂感もあります。大きな表現は無く、作品に忠実な演奏です。Bは速めでやはりシャープでブルックナーらしい自然を感じさせる演奏ではありません。演奏事態は見事なアンサンブルと美しい響きなのですが、とにかく涼やかで清涼感に溢れていてブルックナーとは思えません。クライマックスでシンバルは入りませんでした。ワーグナーチューバはふくよかでとても美しいです。最後のホルンは薄くなりながら空へ神が昇って行くようでした。

三楽章、突き抜けるように鋭いトランペットのスケルツォ主題ね金管は屈託無く伸び伸びと鳴り響きます。とても整ったアンサンブルで見通しが良いです。中間部は柔らかい弦が独特の節回しで歌います。

四楽章、リズミカルな第一主題。息の入ったクラリネット。第二主題は速いテンポであっさりと演奏されます。第三主題のフレーズの終わりでテンポを少し落とします。とても充実した美しい響きです。とても良く鳴るオケです。コーダはあまりテンポが遅くなりません。最後も充実した響きで終わりました。

とても美しい充実した響きで、見事なアンサンブルで見通しの良い演奏を聞かせてくれました。感情の入り込む余地は無く、作品そのものを厳格に鳴らそうとしているようでした。ただ、その響きが鋭くブルックナーらしい響きでは無かったように感じました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

カルロ・マリア・ジュリーニ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★
一楽章、ゆったりと伸びやかな第一主題。高音楽器に移った第一主題ではヴァイオリンの響きがとても美しい。控え目な音量から少しクレッシェンドした第二主題。とても伸びやかで広々とした空間をイメージさせるホルン。第三主題の前は大きくritしました。羽毛のようなヴァイオリンの弱音。かなり強く演奏されたコーダ。

二楽章、この楽章もすごく伸びやかで切々と歌います。(B)は安らぎに満ちた安堵感のある演奏です。音楽を大きく捉えた歌がとても心地よい演奏です。再び戻った(A)の終わりごろにはマイルドなトランペットが聞けました。6連音符に乗せられた(A)の部分では少しずつ少しずつ盛り上がり壮大なクライマックスを演出しました。荘厳な雰囲気のワーグナーテューバです。繊細なヴァイオリン。暗闇にどんどん向かって行くような音楽がホルンに救われて天に昇り終わります。

三楽章、古風な響きの冒頭のトランペット。強奏部分はかなり激しい演奏です。トロンボーンは咆哮と言っても良いような激しさです。中間部はたっぷりと歌います。戻った(A)ではトロンボーンがビーンと言う響きで耳に残る凄い存在感の演奏です。

四楽章、若干遅めのテンポで演奏される第一主題。丁寧に演奏される第二主題。力強い第三主題、金管はかなり強力です。第二主題の再現も強弱の変化がありとても良く歌っています。比較的速めのコーダ、輝かしい終結でした。

とても統制のとれた美しい演奏でした。

クラウディオ・アバド/ルツェルン・祝祭管弦楽団

アバド★★★★
一楽章、静寂の中に細かな動きのある第一主題が提示されます。あまり表情の無い第二主題。次第にテンポを上げて躍動感のある演奏になります。弦は暖かく厚みのある響きですが、金管が入ると鋭いトランペットが目立ってとても鋭角的な響きになりますがその分パリッとしたスッキリとした切れ味になっています。輝かしいコーダでした。

二楽章、アバドの演奏なので、大きな表現はありませんが、整ったアンサンブルで切々と訴えるような演奏です。Bは速めのテンポで歌います。クライマックスはアバドにしてはかなり激しい盛り上がりでした。ワーグナーチューバには神々しさはありませんでした。最後のホルンも朗々と歌います。

三楽章、ガリガリと刻み付けるような主要主題ですが、あまり重量感はありません。ゆったりと穏やかで安らかな中間部。

四楽章、躍動感のある第一主題。静寂感のある第二主題。重量感のある第三主題。重厚で輝かしいコーダはさすがでした。

目立った表現はありませんでしたが、整ったアンサンブルで切々と訴えるような表現や重厚で輝かしいコーダは見事でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

セルジウ・チェリビダッケ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1992年ライヴ

チェリビダッケ★★★★
一楽章、ゆっくりとしたテンポで深く感情を込めてたっぷりと歌う第一主題。非常に表現意欲の旺盛な第二主題。第三主題も豊かな表現です。厚みのある豊かな響きです。コーダではかなり思い切って金管に吹かせています。

二楽章、冒頭から良く歌います。Bに入っても音楽は軽くなりません。この遅いテンポでも整ったアンサンブルと厚みのある響きを聞かせます。波が押し寄せてくるようなクライマックス。ワーグナーチューバの後に入るホルンはかなり強く入りました。相当遅いテンポの演奏でしたが、あまり感動はしませんでした。

三楽章、小節の頭を強く演奏する弦。この楽章もかなり遅いテンポです。金管が良く間が持つなと感心します。後に録音するミュンヘンpoとのライヴよりも完成度は低いような感じがします。ミュンヘンpoの時に感じた自然な息遣いやしなやかさが感じられません。中間部もチェリビダッケの微妙な表現は再現されません。かなり剛直な感じの演奏です。

四楽章、とても躍動的な第一主題。この楽章はあまり遅くありません。第二主題に入るとテンポはぐっと落ちて祈るような演奏ですがやはりこの遅さを持て余しているような感じを受けます。第三主題はさらに遅くなります。展開部に入るとまた速めのテンポの第一主題になります。コーダはほとんどテンポを落としません。

遅いテンポの演奏ではありましたが、チェリビダッケの精神性を表現するまでには至らなかったように感じました。38年ぶりのベルリンpoと手兵のミュンヘンpoでは同じように指揮しても短期間では伝わり切らない部分も多かったのではないかと思います。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

スタニラフ・スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

スクロヴァチェフスキ★★★★
一楽章、ゆったりとしたテンポで深く歌う第一主題。ホールトーンを含んだ美しい響きです。第二主題の前のトゥッティも伸びやかで美しい響きでした。非常に抑えた音量の第二主題。コーダもゆったりと伸びやかです。トランペットがかなり強く盛り上げます。

二楽章、ゆっくりとしたテンポで感情のこもった主要主題。テンポも動きます。羽毛のような柔らかさの弱音。混沌とするBの直前のワーグナーチューバ。艶やかで豊かに歌うB。全般にトランペットは強いです。6連音符に支えられた主題は厚みのある低域の上に乗り柔らかい響きです。そしてクライマックスへ向けてトランペットが吼えますが、荒々しさはありません。葬送音楽らしいワーグナーチューバが豊かに歌います。天に上って遠ざかっていくホルン。

三楽章、とても弱い音から始まって、ここでもトゥッティでは強いトランペット。響きは溶け合いませんがかなり強いトゥッティです。下で支える音が強く柔らかい響きの中間部。

四楽章、あまり弾みませんが豊かな残響を伴って美しい第一主題。速めのテンポであっさりと進む第二主題。トランペットが入らないので、比較的大人しい第三主題。コーダもトランペットが強く最後まで音を残しました。

消え入るような弱音から、トゥッティのトランペットの炸裂まで、とても強弱の振幅の大きな演奏でした。大きな表現はありませんでしたが、残響を伴った美しい響きでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団

ショルティ★★★★
一楽章、サラッとした肌触りの弦が美しい第一主題。第二主題はとても弱い音で始まりました。テンポが遅くなります。金管はショルティ/シカゴsoにしては抑え気味です。第三主題も力が抜けた柔らかくしなやすなものです。この演奏は弱音がとても美しくいつものシカゴsoのはち切れんばかりの金管の強奏はいまのところありません。展開部のチェロの旋律も良く歌います。どっしりと地に足が付いた演奏です。一体になって動くアンサンブルの精度はさすがです。コーダはとてもゆっくりと始まり少し加速して大きな盛り上がりで終わりました。

二楽章、静かに歌う主要主題。弱音の緩やかな美しさに重点を置いている演奏のような感じがします。この楽章もとてもゆっくりとしたテンポで落ち着いた演奏です。Bはテンポの揺れも伴って豊かに歌います。自然に主部へ戻って行きます。厚みがあって豊かな弦。二度目の主部の最後の金管はシカゴsoらしい見事な咆哮でした。クライマックスも巨大なものでしたが、トランペットが軽々と鳴り過ぎているようで、浅い感じがしました。たっぷりと歌うワーグナーチューバ。最後のホルンに神は現れませんでした。

三楽章、ゆったりとしたテンポでビーンと鳴る金管。中間部はさらに遅く安らかな演奏ですが感情のこもった歌です。屈託無く鳴り響く金管はとても気持ち良いものです。

四楽章、落ち着いていてあまり弾まない第一主題。深く語りかけてくるような第二主題。活発な動きのある第三主題。展開部は軽く弾む演奏でした。再現部に入って第三主題は重量感のある演奏になります。軽々と鳴り響く金管はやはりこの演奏の魅力になります。ゆっくりとしたテンポからどんどん加速して充実した響きでコーダを終えました。

軽々と鳴り響く金管がとても気持ちよく、弱音にもとても神経を使った演奏でダイナミックの幅も大きい演奏でした。また、アンサンブルの精度も見事なものでしたが、何故か統一感が無かったような感じがしました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第7番3

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第7番名盤試聴記

オイゲン・ヨッフム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1974年ライヴ

ヨッフム★★★☆
一楽章、静かで暗闇の中に響くような第一主題。力みの無い穏やかな第二主題。活発な動きを表現する第三主題。展開部のチェロの旋律は暖かみがありました。トゥッティは厚みのある響きですが、とても穏やかで包み込むような響きです。弱音部分はとても静寂感があって、暗闇の中にぽつんと明かりが灯るような感じです。コーダはトランペットのバランスが弱く録音されているようで、激しく演奏していてもそれが届いて来ないのだと思いました。

二楽章、重厚で暖かい主要主題。Bは流れるようにサラサラと過ぎ行く音楽です。柔らかく包み込むような響きがとても心地良いです。力みが無く自然な音楽の流れに身をゆだねているような演奏で、作為的な部分は一切感じません。クライマックスでのトランペットはとても遠いです。最後のワーグナーチューバからホルンに受け継がれる部分は柔らかくとても美しいものでした。

三楽章、トランペットが突き抜けて来ないので、荒々しさは感じません。ちょっと重い感じがあります。

四楽章、軽やかな動きの第一主題ですが、テンポの動きで重くなる部分もあります。伸びやかに内面から歌うような第二主題。重厚な第三主題。湧き上がるようなコーダ。ここでもトランペットは遠く大きな盛り上がりは感じません。

柔らかく包み込むような暖かい響きで自然な流れの演奏でした。ただ、トランペットが遠く、激しさなどは全く伝わって来ないのが残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

オットー・クレンペラー/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クレンペラー★★★
一楽章、乾いた響きの第一主題ですが、かなり積極的に歌っています。リズミカルに歌う第二主題。第三主題の前は盛り上がりに合わせてテンポを落とし、そのまま第三主題に入りました。第三主題も活発な動きがあります。展開部のチェロの旋律も表現意欲のある演奏でした。コーダは速いテンポで始まってトゥッティからテンポを遅くしてかなり強く演奏しました。

二楽章、主要主題も大きな強弱の変化を付けて表現します。クレンペラーのことを即物主義と言う人もいますが、この演奏を聞くとかなり感情移入があって即物主義とは違うような感じがします。Bも微妙なテンポの動きがあって歌います。クライマックスもかなり激しいですが美しい演奏ではありません。最後のホルンはあまりにも現実的過ぎます。

三楽章、物々しい主要主題。同じリズムを繰り返す部分で一旦音量を落としてクレッシェンドしました。コントラバスやティンパニがかぶってきます。一転してゆったりと安らぎを感じさらる中間部。主部が戻るとかなりいかつい表情の演奏で、威圧的です。

四楽章、第一主題の最後でテンポを落とします。ゆっくりと優しい第二主題。第三主題はまた物々しい表現です。第一主題の再現ではテンポが大きく動きます。スケールの大きなコーダでした。

即物主義と言われるクレンペラーですが、テンポの動きや積極的な歌もあって即物主義のイメージとは違う演奏でした。ただ、二楽章最後のホルンがあまりにも現実的だったのと、響きに美しさが無かったのが残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルッテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★
一楽章、非常に弱い弦のトレモロ、速目のテンポでも積極的な表情が付けられた第一主題。トランペットに比べて弱めなホルン。大聖堂の豊かな響きが音楽の合間に響きます。アンサンブルが時折乱れます。響きも薄く、ブルックナーの音楽らしくはありません。アマチュアかと思わせるフルート。トランペットが登場すると弦楽器の響きの薄さが際立ちます。全体にフワッとした響きからトランペットだけが異常に突き抜けてきます。

二楽章、大聖堂の響きを伴って柔らかな響きです。すごく編成が小さいように感じる音の薄さ、弦の弱弱しさ。パーテルノストロは強い主張をすることなく、楽譜をひたすら音に変えていっているようで、アクの強い演奏ではないので、初めてこの曲を聴く人には良いかも知れませんが、オケの技術的な面がどうしてもひっかかります。クライマックスでもトランペットがとても強かった。

三楽章、この楽章でもトランペットが異常なバランスで突き抜けてきます。トロンボーンやホルンはほとんど聞こえません。残響はすごい響きで引き込まれそうになります。中間部はのどかな雰囲気でした。あまりのトランペットの強さに辟易としてきます。

四楽章、速目のテンポです。トランペット以外は溶け合った柔らかい響きなのですが、トランペットだけが浮いています。ホルンなどは豊かな表情があって美しいです。他のパートは表情付けもあるようなのですが、一本調子のトランペットに支配された演奏になってしまったのは残念でした。

リッカルド・ムーティ/ミラノスカラ座フィルハーモニー管弦楽団

ムーティ★★
一楽章、ゆっくりとしたテンポでたっぷりとした歌で主題の中でもテンポが動きます。とても感動的な歌です。第二主題に入っても弦の豊かな歌です。第三主題の前はあまり大きな盛り上がりではありませんでした。とても良く歌う演奏です。ゆっくりと堂々としたコーダでした。

二楽章、この楽章も遅めのテンポで音量を落とした弦が美しいです。Bも柔らかく美しい弦が控えめに歌います。主要主題の再現の後半あたりからテンポが少し速くなりました。Bの再現ではテンポが動きます。溢れ出すようなクライマックス。ワーグナーチューバの「葬送音楽」は速めのテンポですが、良く歌いますが神を感じさせる演奏ではありません。低く空を飛ぶようなホルン。

三楽章、トゥッティのパンチ力はなかなかです。トランペットとトロンボーンが旋律を演奏した後同じリズムを繰り返す部分で音量を落とします。伸びやかでのどかな中間部。

四楽章、あまり弾まず躍動感に乏しい第一主題。速いテンポで淡々と演奏される第二主題。途中から遅くなる第三主題。金管はあまり強くなく、柔らかい響きです。かなり頻繁にテンポが動きます。コーダもあまり大きな盛り上がりではありませんでした。

良く歌い、テンポの頻繁な動きなど、ムーティの積極的な表現の演奏でしたが、その表現が空回りしているような感じであまり心に届く演奏には感じませんでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

サー・ジョン・バルビローリ/ハレ管弦楽団

バルビローリ★★
一楽章、少し混濁する第一主題。テンポの速い第二主題はぐいぐいと進みます。第三主題も速めで、録音もあまり良くないので、美しい響きもありません。展開部のチェロの旋律はゆったりと深い歌を聞かせます。展開部の第一主題は叫ぶような演奏でした。コーダの前の第一主題はとても遅いです。速いテンポと遅いテンポの差がとても大きい演奏です。録音のせいか怒涛のようなコーダでした。

二楽章、ゆっくりとしていますが、音程の悪いワーグナーチューバ。テンポの動きもあって強く感情を吐露します。Bは速いテンポでサラサラと流れます。主要主題が戻るとまた、遅いテンポになりますが、少し間延びした感じがします。クライマックスは絶叫するような演奏で激情型の演奏のようです。最後のホルンに神は現れませんでした。

三楽章、音が短めなトランペット。スケルツォ主題のトゥッティは混濁するのもあってかなり激しく聞こえます。ゆっくりとした中間部。

四楽章、軽快な第一主題。かなり速いテンポになる第二主題。第三主題も混濁するので激しく聞こえますが、テンポは遅めです。第一主題の再現も激しいです。コーダは一旦テンポを落としますがその後猛烈に加速して終わります。

遅めのテンポ感情を込める部分と、速いテンポで一気に進む部分がはっきりと区別された演奏でしたが、表現にあまり深みが無く、トゥッティでの混濁やライヴならではの傷も多くあったのがとても残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー交響楽団 1967年ライヴ

ムラヴィンスキー
一楽章、深い呼吸で歌う第一主題。鋭く交錯する金管。レニングラードpo独特の鋭い木管による第二主題。弦もとても鋭い響きです。第三主題の前もトランペットがかなり鋭く強いです。第三主題はゆっくりとしたテンポで、ほのぼのと進みます。展開部のチェロの旋律も松脂がたくさん弓に付いているような音です。再現部の前もトランペットが強烈でした。トランペットがギンギンと鳴り響いて少しうるさいです。再現部の最後に登場するティンパニはほとんど聞こえませんでした。コーダもトランペットばかりが目立ちます。

二楽章、集中力の高い弱音。ゆったりとしたテンポのBですが、響きが鋭く穏やかさはあまり感じません。二度目のAでもトランペットは非常に強烈です。速いテンポのワーグナーチューバ。最後のホルンに神を感じることができませんでした。

三楽章、かなり力強い演奏です。トランペットが弾む音をスタッカートぎみに演奏しました。この主要主題もトランペットが強烈です。中間部はゆったりとのどかですが、途中でトランペットが遠慮なく入って来ます。デッドな録音もあってとても強烈な音でブルックナーの雰囲気ではありません。

四楽章、速いテンポですが、軽快に弾む感じでは無く、強くシコを踏むようなドタドタした感じです。第二主題も硬質な響きです。第三主題はトランペットもトロンボーンも炸裂です。響きガブレンドされないので、雑な感じもします。

デッドな録音で、強い弦と金管の突き刺さるような強烈な演奏でした。この強烈さは野蛮にさえ感じるもので、ブルックナーの音楽とは思えませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第8番

ブルックナー 交響曲第8番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第8番名盤試聴記

カルロ・マリア・ジュリーニ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、歌心にあふれる第一主題。陰影を伴ったクラリネット。編成も大きくスケールの大きな演奏です。一転して明るく流れるように美しく歌われる第二主題。第三主題も積極的な表現です。下降音型のすさまじい咆哮。提示部も壮大な咆哮。オケに一体感があり咆哮する部分では、たまったマグマを一気に放出するようなすごいエネルギーがあります。弱音部の美しいホルン。強烈な「死の予告」。消え入るようなコーダでした。

二楽章、ゆったりとしたテンポです。ここでも表情豊かな演奏です。ホルンのすごい咆哮!ジュリーニってこんなにオケを咆哮させる指揮者だったっけ?と改めて思います。美しい木管。音一つ一つが立っていて、とてもくっきりとした表情です。古風な響きのティンパニ。色彩が濃厚でしかも輪郭がくっきりしています。芯のしっかりしたフルート。随所で表現される歌がすばらしいです。トリオでも何度かホルンの咆哮があり、起伏に富んだすさまじい演奏です。

三楽章、すごく丁寧に作品を慈しむように演奏されます。すごく感情移入されていて、この楽章も豊かな歌に満ちています。この世のものとは思えない美しいハープ。透明感のある第二主題。陰影を伴ったクラリネット。すごい静寂感があり集中力の高い演奏です。作品への感情移入に圧倒されます。美しい音楽に身をゆだねることができる数少ない演奏の一つです。12/8拍子での第一主題の咆哮も壮絶でした。最高潮のアルペッジョのすさまじい咆哮。それに続く低弦のうなりも作品への共感からのものだと思います。そして穏やかに音楽は静まって、遠い彼方に行ってしまうように終ります。

四楽章、一転して、厳しい表情の咆哮です。続く第二主題はまた作品への共感を強く感じさせます。第三主題にもちょっとした表情付けがあります。「死の行進」もすさまじい咆哮ですがとても豊かな響きです。分厚い弦楽合奏。再現部の前にも何度か激しい咆哮。再現部で再び激しい咆哮ですが暴走することはなく、きちんと整った見事な演奏です。荘厳なコーダのワーグナーテューバ。輝かしい終結でした。

作品への共感が見事に表されたすばらしい演奏でした。

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、とても静かに探るような冒頭の第一主題です。奥行き感があり深い低音に支えられた強奏。あっさりとした第二主題。豊かに歌うフルート。美しいトロンボーン。第三主題は強弱の変化がありとても豊かです。弦楽器も艶やかで美しい。弱奏では空間を感じさせる良い録音です。とても激しい壮絶と言ってもいい「死の予告」。

二楽章、速目のテンポで生き生きとした音楽です。フルートがとても良く鳴り美しい。音が立っていてオケの集中力の高さを伺わせます。強奏部分でも少し余力を残しています。強奏の後に残る残響も美しい。合間に入るハープの存在感も大きいです。テンポに推進力があり、音楽が生きています。

三楽章、夢見るような始まりから次第に現実の世界へ引き戻されます。上昇型のアルペッジョは音を短めに演奏して躍動的な表現でした。美しいハープがとても前に出てきます。天上界をイメージさせるワーグナーテューバ。ホルンの咆哮!豊かな自然をイメージさせる木管。12/8拍子になってから、波が次から次へと押し寄せるように音楽がせまって来ます。クライマックスの上昇型アルペッジョはゆったりと大きい演奏でした。夕暮れを思わせるような、どこか寂しげなコーダ。

四楽章、速目のテンポで始まりました。十分に鳴っていますが、音量は少し控え目です。第二主題の弦はシルキーで美しい。第三主題も速目で生命感を感じる推進力があります。「死の行進」も十分に鳴っていますが、全開ではありません。再現部の第一主題は途中でテンポを落としました。分厚い低音にガッチりと支えられたしっかりとした構造の演奏です。とても静かなコーダの入り。巨大なものが待ち構えている予感をさせてくれます。いろんな主題が織り交ぜられて壮大に曲を閉じました。

シルキーな弦の美しさやいろんな情景をイメージさせてくれる演奏はすばらしいものでした。

セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

チェリビダッケ ブルックナー交響曲第8番★★★★★
一楽章、非常に遅いテンポです。うごめくような第一主題。重い低音を基調にした重厚な響きが印象的です。滑らかで伸びやかな第二主題。とても豊かな響きです。テンポが遅いからかもしれませんが、とてもどっしりとしていて安定感があります。伸び伸びととても良く鳴るオケです。fffでもきっちりとコントロールされていて決して暴走はしません。「死の予告」の屈託の無い伸びやかなすばらしい響き。最後は大きくritして終りました。

二楽章、この楽章はそんなに遅くはありません。ここでも咆哮することはなく、きちんとバランスを保ってコントロールされています。トリオはゆっくりとしたテンポになりました。チェリビダッケが幼い子供に読み聞かせをしているように丁寧に細部にまで神経を行き渡らせているのが良く分かります。チェリビダッケの徹底した訓練によって作り出されたのであろうか、すばらしい響きです。

三楽章、作品に没入して行く冒頭です。天上的な雰囲気に満ちています。豊かで美しいワーグナーテューバ、まさに神の世界を表現しています。すばらしく合った響き。壮大なテュッティ。テンポは遅い。終結部も美しい和音に乗ってメロディが奏でられのがとても魅力的でした。

四楽章、堂々とした冒頭に輝かしいトランペットの響き。ハーモニーがとても美しく響きます。第三主題も一体になった分厚い響きです。非常にゆったりとした「死の行進」。テュッティは非常に重厚な響きですばらしいです。再現部も力強い響きですが、咆哮すると言うようなイメージではなく、しっかりとコントロールされています。第一楽章、第一主題の再現はものすごく遅いテンポでした。神秘的なコーダの導入。コーダの終結も非常に遅いテンポで雄大に演奏されました。

とても遅いテンポにもかかわらず音楽がギューっと凝縮されたような演奏で、美しい響きですごく完成度の高い演奏でした。

朝比奈 隆/NHK交響楽団

icon★★★★★
一楽章、積極的な表現の第一主題。ディミヌエンドしたときの空間がとても良い雰囲気です。地から湧き上がるような低音に支えられた強奏。一転して明るい第二主題。木管も積極的に歌います。N響の編成も大きいように感じさせる豊かな響きです。下降音型のトランペットも良く鳴っています。N響もこの頃になるととても充実した響きです。展開部終盤のfffはかなり激しい響きでした。分厚い響きの「死の予告」。消え入るようなpppで終りました。

二楽章、冒頭のヴァイオリンの繊細な表現。ダイナミックの幅がものすごく広く消え入るような弱音から、咆哮まで表現の幅がとても広い演奏です。トリオのゆったりとした安定感のある響き。どっぷりと音楽に浸っていられるような演奏です。再びスケルツォ主部が戻り、充実したブラスセクションの響き。弱音の弦にも動きがありとても豊かな表情ですばらしい演奏です。

三楽章、波が緩やかにせまって、また引いていくようなヴァイオリンの主題。深い響きです。美しい木管のソロ。薄日が差し込むようなワーグナーテューバ。天が鳴り響いているようなすばらしい響きです。クライマックスはゆっくりと克明に演奏しました。音楽が時折「神の世界」を垣間見せてくれます。夕日が沈むような黄昏で終りました。

四楽章、強烈なティンパニ。他のパートもかなり力強く演奏しています。音楽が生きているかのように何かを訴えてきます。ここでも充実した響きを聞かせた「死の行進」。とてもよく歌うホルン。再現部の第一主題は最初よりも強く演奏されたようでしたが、非常に美しいものでした。コーダの繊細なヴァイオリン。終結の圧倒的なパワー感。日本人によるブルックナー演奏がこんなにもすばらしいとは、本当に驚きました。

ギュンター・ヴァント/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、重く豊かな表情の第一主題。何かに攻め立てられるような切迫感。トゥッティでは分厚い巨大な響きが聴かれました。第二主題は柔らかくしなやかな歌です。第三主題は木目の細かい下降音型、そしてスケールの大きなトゥッティ。強烈ですが、鳴りきった美しさのあるfff。オケの上手さなのか、録音の良さなのか、とても整然としていてバランスの良い響きです。錯乱状態のような壮絶なクライマックス。静寂の中に消えていくコーダ。

二楽章、元気の良いホルンから深みのある弦の主要主題が奏でられます。ホルンの下降音型の直前に大きくクレッシェンドしました。強弱の変化が大きくティンパニも大きくクレッシェンドして、ヴァント渾身の演奏です。トリオ冒頭部分ではパイプオルガンのような分厚い響きが印象的です。ハープを含めて登場してくる楽器がとても鮮明に浮かび上がります。スケルツォ主部が戻ると再び動きのある音楽が展開されます。

三楽章、深みと厚みのある弦。ヴァイオリンの旋律と伴奏の強弱の出入りに敏感に反応しますが、強い感情移入はありません。木管楽器群はとても生き生きとした音色で登場します。充実した分厚い響き。第一主題の二回目の再現のあたりになるとかなりオケの響きも壮絶な叫び声のように激しくなってきます。輝かしく見事なクライマックスでした。分厚い弦の響きの中を縫うように演奏されるハープが美しくとても存在感があり、印象に残ります。夕日が沈むように終わりました。

四楽章、スピート感と勢いがある金管の第一主題。魂の響きのように昇華された凄味があります。一転して幻想的な雰囲気を醸し出す第二主題。歌う第三主題。速めのテンポで一気に演奏される「死の行進」も凄い迫力で迫ってきます。展開部で現れる第一主題も回数を重ねるごとに壮絶な響きになって行きます。再現部の第二主題もさすがきベルリンpoと思わせる厚い響きです。静寂の中から美しく上昇音型を演奏するヴァイオリン。圧倒的なパワーで力強く締めくくりました。

ベルリンpoの分厚い、圧倒的なパワーと弱音の美しさ。それにヴァントの気迫が加味されたすばらしい名演でした。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

カラヤン★★★★★
一楽章、暗闇の中にろうそくの炎の見えるような静かで伸びやかな第一主題。地の底から湧き上がるようなトゥッティ。明るく開放的な第二主題。トランペットが強く全体の響きを支配しているような感じです。壮絶なクライマックス(死の予告)。コーダのクラリネットは静寂の中に美しく響きます。

二楽章、力が抜けて自然な主要主題。トランペットに比べるとホルンは奥まっています。やはりトランペットが突出しています。中間部はゆったりとのどかで落ち着いた演奏です。大きな仕掛けや強い主張はありませんが、自然体で作品に身を任せたような演奏です。

三楽章、以外に鮮明な第一主題A1。自然な第二主題B1。それぞれの楽器がきりっと立っていてとても美しい演奏です。誇張が無く自然に音楽が進むので、複雑に絡む楽器の動きもサラッと何事も無く演奏されて行きます。シンバルが入ったクライマックスもとても充実した響きで見事です。

四楽章、力強く華やかな第一主題。多層的で豊かな表現の第二主題はとても厚みがあります。ひたむきに語りかけるような第三主題。「死の行進」は荒々しくは無く美しいです。第一主題の再現も荒々しくならず、とても美しいです。第二主題の再現は深く豊かな表現です。コーダは金管がことさら強奏するわけではありませんが、力強く輝かしい見事な響きで終わりました。

カラヤンの全盛期のような表面を磨き上げた演奏では無く、自然体で力みの無い演奏でした。しかし、ウィーンpoが元来持っている美しさや音楽性が見事に生かされてとても美しく見事な演奏になっていました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ドナルド・ラニクルズ/BBCスコティッシュ交響楽団

ラニクルズ★★★★★
一楽章、良く歌い深みのある第一主題。トゥッティもゴリゴリとした厚みがあり地獄から湧き上がるような響きです。穏やかで伸び伸びとした第二主題。金管の下降音形は鋭い響きです。金管の壮絶な響きはかなり凄いです。強烈な「死の予告」凄い咆哮です。

二楽章、速いテンポで躍動感があります。音が立っていて楽器の動きがとても克明に表現されています。くっきりとした輪郭で曖昧さがありません。

三楽章、浮遊するような第一主題のA1。前の二つの楽章で聞かせた壮絶な響きとは一転したしっかりと地に足の着いた美しい響き。夢見るようなB1のチェロ。豊かに歌うB2のワーグナーチューバ。切々と語りながら押しては引いてゆく音楽。充実した響きのクライマックス。潮が引いて行くように黄昏て行く音楽。

四楽章、金管が襲い掛かって来るような第一主題。でもバランス良く美しいです。多層的にいろんな楽器が交錯する第二主題。しみじみと語りかけるように歌う第三主題。堂々と重厚な「死の行進」。泉からこんこんと湧き上るように豊かに奏でられる音楽。トゥッティでも決して荒々しくならずに美しい響きとバランスの演奏は見事です。神の世界の扉が開かれるようなコーダ。感動的な最後でした。

トゥッティでは壮絶な響きを聞かせる部分もありましたが、それでもバランスは常に良く美しい響きを保っていました。最後は神の世界を見事に表現した素晴らしい演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団 1990年東京ライヴ

ヴァント★★★★★
一楽章、静かでどっしりとした第一主題。トゥッティは低音楽器が分厚くトロンボーンがしっかりと主張する良い響きです。明るく軽い第二主題。第三主題でも金管は強いですが、壮絶な響きにはならず。美しく整った響きです。展開部のトゥッティでもトロンボーンが見事な響きです。第二主題の再現でも余分な力が抜けた自然体の表現ですが、音楽には生命感があります。「死の予告」も混濁も無く美しい響きでスッキリとしています。

二楽章、とても明晰な演奏です。トゥッティでのクレッシェンドも全体のバランスも保ったままで見事なものでした。トリオに入ってもあまりテンポは遅くならずに進みます。大きな波が押し寄せるような音楽の動きです。オケがとても良く鳴っていて気持ちの良い響きの演奏です。

三楽章、注意深い弦の導入。フワフワと浮いているようなヴァイオリンの第一主題A1ですが、音量が上がるに従ってしっかりと地に足が付いて来ます。清涼感があって爽やかです。スピード感があって伸びやかなチェロのB2。柔らかいワーグナーチューバのB2。うねるように絡み合う楽器の動きが見事です。強弱の振幅もものすごく広く、浮遊するような弱音から咆哮する金管まで強烈な振幅です。堰を切ったように溢れ出す金管の凄さ!。シンバルが入るクライマックスも見事なアンサンブルで、キチッとしていました。コーダは良く歌って豊かな表現です。多くの演奏でこの部分で力を失って行く感じを受けましたが、この演奏はとても力のある演奏です。

四楽章、物凄い金管の咆哮とティンパニの強打。でも荒れた響きにはなりません。深く歌う第二主題。動きに力があって、生き生きとした演奏です。「死の行進」はそれまでのゆったりとしたテンポから一転して速いテンポになりました。凝縮された密度の濃い音楽です。神が登場して感動的なコーダ。眩いばかりの輝かしいトゥッティ。

素晴らしいバランスとアンサンブルの精度で、多彩な表現で密度の濃い演奏でした。神が登場する感動的なコーダの導入部分から眩いトゥッティの輝かしい終結に象徴されるような見事な演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ケント・ナガノ/ベルリン・ドイツ交響楽団

ナガノ★★★★★
一楽章、ゆっくりと分厚く克明な第一主題。分厚い低域がとても印象に残ります。揺れるように波打つ第二主題。新鮮で鋭利な感覚の演奏です。ゆっくとしたテンポで濃厚に音楽を描いて行きます。とても巨大な空間を感じさせる伸びやかで豊かな響きの演奏です。次々と泉から音が溢れ出すような「死の予告」。

二楽章、表情が豊かで活発に動く主要主題。細部にいたるまで細密な表現があります。透き通るような透明感の高い美しく伸びやかな響き。ライヴ録音でありながらこれだけ美しい響きは素晴らしいです。トリオもとても豊かな表現で美しく歌います。濃厚な色彩なのですが、とても伸びやかで空間がどこまでも続いているような感じで見事な演奏です。

三楽章、非常にゆっくりとしたテンポで中に浮いているような第一主題A1。ゆっくりと昇って行くA2、とても美しいです。感情が込められて深みのあるB1。穏やかな空をイメージさせるワーグナーチューバのB2。ゆっくりと丁寧に進む音楽にどっぷりと身をゆだねることができてとても心地良い演奏です。トゥッティも荒れること無くとても美しい響きです。暖かくなる第一主題の2回目の再現。シンバルが入る部分はスケールの大きな見事な響きでした。日が暮れていくような寂しさを感じさせるコーダ。

四楽章、空間に大きく柔らかく広がる第一主題。深く感情を吐露するような第二主題。柔らかいですが、深く刻み込むような第三主題。巨大な響きでどこまでも広がっていくような「死の行進」。余裕を残した柔らかい響きなのですが、心に迫って来るような迫力があります。木管も艶やかで伸びやかな表現です。とてもゆっくりと始まるコーダ。ご来光が訪れるような感じです。太陽が燦然と輝き始めて曲が終わりました。

柔らかい伸びやかな響きで、空間にどこまでも広がっていくような巨大なスケールの演奏でした。心に迫って来るような深い表現や密度の濃い表現など、どこをとっても素晴らしい演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

サー・レジナルド・グッドオール/BBC交響楽団

グッドオール★★★★★
一楽章、遠くから近づいてくるような第一主題。とてもゆっくりです。雄大なトゥッティ。頻繁にタメがあって音楽の息遣いが感じられます。第二主題もゆっくりで、トロンボーンも余裕を残した演奏です。第三主題もゆっくりで優雅です。とても安らかで穏やかな音楽が続きます。「死の予告」も狂気のような演奏にはなりません。うるさくは無く雄大です。コーダもゆっくりと静かに消えて行きます。

二楽章、ゆっくりと確実な足取りの主要主題。ホルンも咆哮とは無縁の演奏です。この楽章でもタメがあります。トリオもゆっくりとしたテンポで自由に解き放たれたように歌います。テンポも大きく動きます。

三楽章、弱く繊細な第一主題A1。感動的に歌うA2。B1も豊かに歌います。少し響きは浅いですが、広大な空間をイメージさせるワーグナーチューバ。全く力みの無い自然体でありながら、自然で豊かな歌と雄大なスケールがとても心に残ります。全く絶叫しない金管。自然な抑揚で演奏されています。シンバルが入る部分でもトランペットは奥に控えていて絶対に突出して来ません。力みが無くとても自然で美しいコーダ。

四楽章、この楽章もゆっくりで地面から湧き上がるような第一主題。決して絶叫はしませんが、とても雄大です。ゆったりと深く歌う第二主題。第三主題もなだらかで広々とした空間を感じさせます。余裕たっぷりの「死の行進」。タメがあったりもします。何とも言えない余裕たっぷりの穏やかで広大なスケールの演奏で、どっぷりと音楽に浸ることができます。コーダも最初はとても柔らかく最後は少し力の入った演奏でした。

ゆったりと余裕たっぷりでスケールの非常に大きな演奏でした。テンポの動きもあり、歌うところは伸びやかに歌い、トゥッティでは全く絶叫することなく堂々と演奏し切った見事な演奏だったと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第8番2

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第8番名盤試聴記

ロヴロ・フォン・マタチッチ/NHK交響楽団

icon★★★★☆
一楽章、キビキビしたテンポで、コンパクトにまとまった演奏です。N響きもこの頃になると響きに安定感がありますし、美しい演奏です。マタチッチがグイグイと引っ張ります。美しく鳴り響く「死の予告」。弱音部の消え入るような美しさ。

二楽章、この楽章も速いテンポです。オケは咆哮することなく、美しい音を保っています。ハープの存在も際立っていて魅力的です。木管も美しく浮かび上がり、色彩豊かに描かれて行きます。終結部の響きはとても充実したものですばらしかった。

三楽章、現れては消えてゆく第一主題。充実したハーモニー。日本のオケの演奏だとは思えないくらい充実した響きです。天に昇って行くような感覚がすばらしい。優しい第二主題。静かですが切々と語られる音楽に引き込まれます。木管もホールの響きを伴ってとても美しい。テュッティでもブルックナーの音がしています。最高潮の部分も天に昇るような雰囲気をもっていてとてもすばらしい表現です。この世のものとは思えないようなコーダ。

四楽章、柔らかい第一主題。トランペットも少し奥まった感じの響き方です。幻想的な雰囲気の第二主題。とても余裕をもって美しい響きの「死の行進」。再現部の第一主題も冒頭と同様にかなり余力を残した柔らかい響きでした。コーダに入った独特の雰囲気。途中テンポを速めました。とても良い演奏でしたが、全開のパワーも聴きたかったような気もしますが、この当時のN響にこれ以上を求めるのは無理だったのか。

エリアフ・インバル/フランクフルト放送交響楽団

インバル★★★★☆
一楽章、瑞々しく美しい第一主題。巨大なトゥッティ。伸びやかで美しい第二主題。せわしなく追い立てるような第三主題。展開部のブルックナー・ゼクエンツの後のトゥッティはかなり激しいですが、録音も良く美しいです。テンポは基本的には速めで、グイグイと引っ張って行きます。「死の予告」は改訂されたハースやノヴァーク版とはかなり違います。コーダで突然強奏が始まりそのまま終わります。

二楽章、かなり荒っぽい作品ですが、これはこれで魅力があります。とても賑やかな主部です。トリオの後の改訂とはかなり様子が違い、改訂を予感させるような部分はほとんどありません。主部が戻るとかなり激しく壮絶な演奏です。

三楽章、ゆっくりとしたテンポでフワッとした柔らかい音で瞑想するような第一主題A1。微妙にテンポが動くA2。ハープが柔らかく美しいです。B1は速いテンポであっさりと演奏されます。明るい響きのワーグナーチューバ。全体の響きは伸びやかでとても美しいです。シンバルが入る部分も美しく伸びやかで輝かしい響きでした。明確に描き分けられるコーダ。

四楽章、余力を十分の残して美しい第一主題。バランスが取れてとても美しい第二主題。第三主題は抑制的であまり大きく歌いません。「死の行進」は突然テンポが速くなりますが、それでも丁寧で美しい響きです。作品に対して感情的な踏み込みはあまりせずに、とても均衡の取れた美しい演奏を続けています。重厚で輝かしいコーダは見事でした。

感情的な表現を極力抑えて、作品をバランス良く鳴らした演奏でした。とても美しい演奏で、第一稿の粗野な部分はあまり感じませんでした。基本的には速いテンポでしたが、トゥッティの輝かしい響きは素晴らしいものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・ケーゲル/中部ドイツ放送交響楽団

ケーゲル★★★★☆
一楽章、とても大きく歌う第一主題。トゥッティも豪快に鳴り響きます。濃厚な表現の第二主題。強烈な金管の咆哮です。ビブラートをかけるトランペットの存在感がとても大きいです。全く遠慮の無い耳をつんざくばかりの金管の咆哮です。これほど激しい「死の予告」は聞いたことがありません。

二楽章、速めのテンポで力強く進みます。ホルンはそれほど咆哮しませんが、トランペットとトロンボーンはとにかく強烈です。弱音部分はスピート感と緊張感があります。トリオに入っても穏やかさよりも緊張感の方が勝っている感じで、緩む感じやのどかさは全くありません。とても鋭く、聞く者を切り捨てて行くような凄みがあります。とても起伏の大きな抉るような表現。

三楽章、フワッとしてはいますが、漂うような雰囲気では無い第一主題A1。この楽章も少し速めのテンポです。暖かい響きすら清涼感のある響きに変化するA2。ビブラートをかけたワーグナーチューバ。彫りの深い演奏で、刻み付けるように克明に描かれて行きます。A1の二度目の再現部分の強奏もやはり強烈です。シンバルが入る部分も全開の物凄い響きです。コーダはこの世に別れを告げるような一抹の寂しさを表現するような演奏です。

四楽章、ここまでの流れからすれば予想通りの金管の咆哮とティンパニの強打。積極的な表現の第二主題。弦の強奏部分は嵐のようです。「死の行進」も強烈で壮絶な演奏です。これだけ強烈に咆哮を続けて良く金管が持つもんだと感心します。弱音部分はフワーッとした柔らかさはあまり無く、強い音です。トゥッティはブルックナーらしい分厚い響きでは無く、低域が薄くトランペットやトロンボーンが突出しています。コーダも強烈な響きでこの演奏で一貫しています。

強烈なトゥッティで一貫した演奏で、色彩感もほぼ一色で塗りつぶされたような感じでした。弱音部分でも柔らかさは無く、強い音でした。神秘的な部分もあまりありませんでしたが、終始強烈な響きの演奏の凄みはありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ウラディミール・フェドセーエフ/モスクワ放送交響楽団

ブェドセーエフ★★★★☆
一楽章、豊かな残響を伴っていますが、響きの木目は少し粗いです。ゆったりと伸びやかで安らかな第二主題。ロシアのオケらしい爆演にはなりません。トランペットがマルカートぎみに演奏するのが特徴的です。コーダの最後の強奏部分は取って付けたような感じで違和感があります。

二楽章、とても軽く演奏される主部。インバルの演奏に比べると改訂版との違いをはっきりと打ち出している感じの演奏です。ゆったりとのどかなトリオです。初稿の整理されていないオーケストレーションをそのまま演奏している感じでとても不思議な感じがする演奏です。

三楽章、芯のしっかりした第一主題A1。高揚感の豊かな表現のA2。速めのテンポで静かに演奏されるB1。深みはありませんが豊かに歌うワーグナーチューバ。A1の再現はうつろで寂しげです。シンバルが入る前のトゥッティは暴力的な感じでした。この部分は改訂版とは大きく違います。

四楽章、響きが薄い第一主題。金管はあまり咆哮しません。第三主題もあまり大きな表現はしません。「死の行進」も余裕たっぷりの美しい演奏でした。再現部の前のクライマックスもかなり余裕を残した演奏でした。楽譜がそうなっているのか、改訂版の演奏ではテヌートぎみに演奏される部分もマルカートぎみに演奏される部分が多いです。

第一稿の洗練されていない部分をそのまま露出させるような演奏で、改訂版との違いを歴然とさせた演奏でした。この面ではインバルとは対照的です。ロシアのオケにありがちな咆哮も無く、強烈な主張の多いロシアの他の指揮者とも違う作品に語らせる表現でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラウス・テンシュテット/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1981年ライヴ

テンシュテット★★★★☆
一楽章、積極的な表現の第一主題。落ち着いて美しい第二主題。テンポが動いて激しい第三主題。主題によって表現を変えています。ロンドンpoとの録音のような腰高で軽薄な響きではありません。マーラーのように激しく咆哮することは無く、少し余裕を残した響きです。「死の予告」も予想外に軽い演奏でした。

二楽章、少し速めのテンポですが、表現は積極的です。畳み掛けるように迫って来ます。トリオも積極的に歌う演奏です。テンポも動いて情緒的な音楽です。主部が戻るとやはり活動的な演奏になります。シャープで軽快な響きです。

三楽章、しっかりと地に足の着いた第一主題A1。一音一音心を込めるように丁寧なA2。B1も感情を込めて歌います。あまり伸びやかさが無いワーグナーチューバ。2回目のA1の再現はとても豊かに歌います。シンバルが入る部分は分厚い響きですが、全開では無くかなり余裕のある響きです。

四楽章、ついに全開近い咆哮になる第一主題。感情が込められた大きな表現の第二主題。第三主題も大きくクレッシェンドします。「死の行進」も激しい咆哮です。再現部の前のクライマックスも軽々と鳴り響く金管の充実した圧倒的な響きが見事です。第一主題の再現も強烈です。その後も速いテンポで畳み掛けます。暗闇の中に僅かな光が差し込むようなコーダのワーグナーチューバ。最後は渾然一体となって終わりました。

速めのテンポで、テンシュテットらしく感情を込めて深い歌のある演奏でした。また、四楽章の金管の咆哮もベルリンpoの金管の軽々と鳴り響く充実した響きも見事でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー/ロシア国立シンフォニー・カペラ

ロジェストヴェンスキー★★★★☆
一楽章、とても積極的で大きな表現の第一主題。左右に振られるような第二主題。ロジェストヴェンスキーらしい爆演ではありません。「死の予告」はリミッターがかかったように音が引っ込みます。

二楽章、音が短い弦の主要主題。フルートのミスはありますが、かなり力強く前へ進む演奏です。トリオはゆったりと強弱の変化の大きい、たっぷりとした歌のある演奏です。

三楽章、脱力した第一主題A1。テンポも動いて感情が込められた歌です。波打つような表現のA2。ビブラートが掛かったワーグナーチューバ。B1の再現も豊かな歌でロマンティックです。遠慮なく強奏される金管。A1の2回目の再現も感情でドロドロになるような表現です。この楽章は感情の振幅が非常に大きく、ロジェストヴェンスキーの内面から湧き上がるものを隠そうともせずに、そのまま表現しているような演奏です。シンバルが入る部分もとても情熱的で熱い演奏です。コーダはかなり活発な動きで、静かではありません。

四楽章、 勇壮に鳴り響く第一主題。かなりのエネルギーです。感情の込められた第二主題。「死の行進」もかなり強烈です。第一主題の再現部分にシンバルが入りました。第三主題の再現はゆっくり目です。コーダのワーグナーチューバは少し雑な演奏に感じました。ねっとりと朗々と歌うトランペット。

ロジェストヴェンスキーの感情をぶつけた演奏で、とても良く歌う弱音と強烈に襲い掛かってくる金管のとても振幅の大きな演奏でした。ライヴと言うこともあって金管のミスはかなりありましたが、込められた感情はなかなかのものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ハンス・クナッパーツブッシュ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★
一楽章、分厚い低音が豊かに歌う第一主題。テンポを速めた第二主題。提示部手前の全合奏はそんなに強くは演奏されませんでした。金管の下降音型もかなり余力をのこしたものでした。「死の予告」はかなり激しい表現でした。黄昏を告げるような終わり方でした。

二楽章、良く歌う冒頭。鮮明な木管の絡み。金管の下降音型が始まる前の弦の強弱の変化など独特のものがあります。泉から絶え間なく水が湧き出すように豊かな音楽が続きます。金管は余力を残した強奏です。

三楽章、深みのある低音に乗って、揺れるような抑揚があるヴァイオリンの主題。夢見るようなクラリネットの下降音型。第一主題の再現の前、弦楽器が強いアタックで演奏しました。天上のメロディのようなワーグナーテューバ。金管が奥に鎮座して、おおらかな響きで全体を包みます。テンポを一段落として、非常にスケールの大きなクライマックスでトランペットが突き抜けてきました。

四楽章、ゆったりとしたテンポで柔らかく演奏される第一主題。ティンパニと弦が主体の「死の行進」。意図的にすごく金管を抑える部分もあります。テンポも時々動きます。再現部の第一主題も弦がとても良く聞こえます。タメも独特のものがあります。コーダの独特の雰囲気。ここでも金管はとても柔らかい。ティンパニのリズムの後、急に目覚めたように金管が強奏しました。

美しい演奏でしたが、訴えてくるものが今ひとつ伝わってきませんでした。

パーヴォ・ヤルヴィ/HR交響楽団

ヤルヴィ★★★★
一楽章、静かに漂うような第一主題。トゥッティは力みも無く軽い感じです。夢見るように揺れ動く第二主題はとても美しいです。第三主題もしなやかで柔らかいです。都会的で洗練された演奏です。展開部の最後あたりのトゥッティも壮絶な響きにはならず、すっきりと整理されて爽やかな響きです。透明感があって美しい響きです。「死の予告」もすっきりとあっさりとした表現です。トゥッティの壮絶さようり弱音の空間に漂う音楽に重点を置いているようで、都会的でスマートな演奏です。

二楽章、かなり速いテンポです。”鈍重な田舎者”と言う感じではなく、精悍な都会人のようです。トリオは少しゆっくりになりますが、やはりすっきりとした響きでとても洗練されています。主部が戻るととても活動的で動きが活発です。

三楽章、とても自然で潮が満ちて引いて行くような第一主題(A1)。広々と広大なA2。透明感が高く美しいB1。落ち着いて安らかなB2。クライマックスも落ち着いた柔らかい響きでした。コーダも非常に柔らかく美しいです。

四楽章、速いテンポで、トランペットが轟く第一主題。大きな表現で歌う第三主題。「死の行進」はかなり余裕を持った演奏で、壮絶な演奏にはなりません。とても澄んだ響きで精緻な演奏です。コーダの終結部も力の抜けた美しい響きでスッキリとした輪郭の演奏でした。

とても美しい演奏で、洗練された都会的でスマートな演奏でした。ですが、神が現れることはありませんでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

カルロ・マリア・ジュリーニ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1984年ライヴ

ジュリーニ★★★★
一楽章、積極的に歌う第一主題。チューバがゴリゴリとした響きで支えるトゥッティ。伸びやかな第二主題。ホルンや他の金管が強い響きです。第三主題の最後のトゥッティも激しい響きでした。ウィーンpoらしい凝縮されたような濃厚な色彩感はありますが、ライヴの制約か美しさはあまりありません。泣き叫ぶように激しい「死の予告」。

二楽章、ゆったりとした主要主題。ホルンやトランペットがかなり強く演奏されます。主部は壮大な演奏でした。トリオは一転して穏やかでのんびりとした演奏です。主部がもどって、ホルンの強奏はとても良く鳴り切っていて気持ちが良いです。

三楽章、感情が込められて抑揚する第一主題A1。ゆっくりと一音一音に感情を込めるような丁寧な演奏。Bに入って少しテンポが速くなっているようです。神の降臨をイメージさせるB2のワーグナーチューバ。力を蓄えてクレッシェンドする部分のエネルギーは凄いです。天上界を表現しているような美しく穏やかなコーダ。

四楽章、湧き上るようなエネルギーだ高らかに歌い上げる第一主題。とても色彩感が濃厚な第二主題。壮絶な響きの「死の行進」ですが、オケには余裕があります。コーダは熱気に溢れたものでした。

感情を込めて歌う部分やウィーンpoのエネルギー感に溢れる演奏はなかなか凄みがありましたが、、録音の制限によるものか、極上の美しさは感じることができませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ベルナルド・ハイティンク/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 2007年ライヴ

ハイティンク★★★★
一楽章、静かな暗闇から響いて来るような第一主題。とても重苦しい雰囲気です。トゥッティでも力を温存するように控えめです。一転して明るく開放的になる第二主題。第三主題は少し速めのテンポで切迫した表現です。とてもゆったりとした懐の深い演奏です。「死の予告」はティンパニが激しいですが、全体としては余裕のある演奏です。

二楽章、ざわざわとした主要主題。でもまろやかで柔らかい響きです。トランペットがテヌートぎみに演奏します。いつものハイティンクらしい細かな表現がとても厳しく付けられています。一音一音にとても敏感に反応するオケ。ふくよかで柔らかいトリオ。感情を表に出さずに整然とした演奏です。深みのある響きがとても魅力的です。

三楽章、強調するような表現は無く自然に流れて行きます。神が現れるワーグナーチューバのB2。筋肉質で剛直な演奏です。鮮度が高く濃厚な色彩です。速めのテンポでサクサクと進んで行きます。シンバルが入る部分でも絶叫はしません。コーダはあっさりとしています。

四楽章、トランペットやティンパニは激しいですが、他のパートは落ち着いた響きの第一主題。どっしりと落ち着いた第二主題。涼やかで美しい響きです。第三主題も小細工するような動きなどは全く無く非常に落ち着いた演奏です。「死の行進」も第一主題と同様で荒げるような響きにはなりません。展開部のクライマックスも柔らかく充実した響きです。ただ、あまりにも禁欲的で開放されないもどかしさがあります。暗闇へと沈んで行くようなコーダの冒頭。最後もどのパートも突出すること無くバランス良く柔らかい響きでした。

とても美しくバランスの良い演奏でした。強調した表現は無く、ひたすら美しい響きを追い求めているような感じでしたが、トゥッティでも限界ギリギリの演奏にはならず、かなり余裕を残した美しい演奏は禁欲的で開放されないもどかしさもありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン/ロンドン交響楽団

ホーレンシュタイン★★★★
一楽章、ゴツゴツとして筋肉質な第一主題。トゥッティのエネルギーは凄いです。ティンパニの強打も物凄いです。第二主題も硬質です。第三主題はゆっくりと始まり次第にテンポを速めてトゥッティになりました。余分な響きを伴わず骨格がむき出しになっているように強烈で濃厚な「死の予告」。

二楽章、ゆっくり目のテンポでガツガツと深く刻み付けながら進みます。金管を遠慮なく鳴らしてとても豪快です。中間部は無骨な表現です。テンポの動きもあって表現は積極的です。

三楽章、倍音をあまり含んでいないようで、漂うような雰囲気はあまり感じさせない第一主題A1。音に凄く力があって、切々と訴えかけてくる部分の思い入れがとても伝わって来ます。シンバルが入る部分の少し前のティンパニで歪みます。この楽章は金管は抑えた演奏でした。コーダは穏やかさよりも活発な動きが強調されているようです。

四楽章、とても強い音の第一主題。第二主題は大きな表現で歌います。「死の行進」は少し歪みぎみなせいもあって、とても激しく聞こえます。第一主題の再現はゆったりとしたテンポで雄大に演奏されました。静かな部分でも音は強いです。コーダはゆっくりと壮大に壮絶に響きます。特にトランペットが強烈でした。

かなりゴツゴツとした男性的な演奏でした。倍音成分が少ない録音のようで、基音が強く弱音でも強い音の印象です。かなり積極的にテンポを動かしたり表現の幅も広い演奏で、トゥッティのドカーンと来るエネルギー感もなかなかでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤