ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」ベスト盤アンケート

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、同じウィーンpoの演奏でもハイティンクの演奏に比べると、輪郭のはっきりとした演奏です。
フィリップスの録音が弦を中心に録られているとすると、このデッカの録音は管を中心に録られている感じがします。
この演奏で、ベームはウィーンpoに主導権は渡してしまって、要所要所だけ指示を出している程度に留めているような感じがします。
ただ、弱音部の緊張感や集中力はハイティンクよりもベームの方が高いように思います。
音色感がもたらすものなのか「ウィーンの森」を連想させてくれるとても良い雰囲気を持っている演奏です。

二楽章、分厚い低音に支えられた非常にガッチリした作りなのですが、その骨格を覆っている音楽がしなやかで、素朴でなにか懐かしい香りがするような音楽で、とても心地よく聴く事ができます。

三楽章、ここでも「ウィーンの森」に木漏れ日が差し込むような、穏やかな演奏です。金管のffも森の妖精が戯れているような、そんな気配さえ感じさせてくれる、自然(宇宙)と一体になった見事な演奏です。
最近あまり話題に上らなくなった、ベームの音楽ですが、私はこれほど見事に自然を表現してみせた演奏は他に知りません。

四楽章、音楽の流れは全楽章通してとてもスムーズでひっかかるところはありません。
この楽章などは、少し力みたくなるような場面でも、ベームは決して力みません。
これだけ見事な演奏を聴かされると、ベームが再評価される日が必ず来ると思いたくなります。これだけ素朴で自然な演奏で何の仕掛けもなく、感動させられることはめったにありません。

こんな演奏ができる指揮者を忘れ去ってはいけないと思いました。
コラールからコーダへの盛り上がりも素晴らしいものがありました。まるでこのコラールからコーダのための前座として、ここまでの演奏があったかのような素晴らしく感動的なクライマックスを作り上げました。素晴らしかった!

ギュンター・ヴァント/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、豊かな響きです。旋律のホルンをサポートするように弦のトレモロも強弱の変化を付けます。テンポは速めに進みます。金管楽器が絶妙のバランスで響いています。木管のソロも極めて美しい!金管も朗々と歌います。
大きな川の流れのように音楽が滾々と湧き出してくるような感覚です。とても豊かな音楽を聴いている充実感があります。同じベルリンpoでもカラヤンの演奏のような磨き上げた絢爛豪華な響きとは違います。ブルックナーらしい素朴な響きがあります。そして人間の躍動感に溢れたすばらしい演奏です。

二楽章、厚みがあり深い響きがとても魅力的です。演奏には作為的なところは無く自然です。ハッタリのない自然体の演奏にどうしてこんなに惹きつけられるのでしょうか。聴き手の期待を裏切らない範囲の歌があって、それが作為的で大げさにならないところがすばらしいバランス感覚で惹きつけられるのでしょうか。

三楽章、ベルリンpoにしては都会的ではなく素朴で枯れた響きを再現しています。とうとうと流れる音楽に心置きなく身をゆだねることができる演奏です。

四楽章、冒頭ホルンの対旋律の弦が強調されていました。ブラスセクションのエネルギー感もすばらしい!ヴァントの音楽は一つ一つのフレーズよりも音楽を大きく捉えて全体の流れのなかでうねりを作っていくような音楽作りなので音楽のたたずまいに巨大なスケール感があります。 コラールから終結部へ至る音の洪水も怒涛の勢いでした。

ヘルベルト・ブロムシュテット/シュターツカペレ・ドレスデン

icon★★★★★
一楽章、 ゆったりと美しいホルンです。オケ全体がとても素朴で美しい音色で鳴り響きます。作品にぴったりな音色で演奏されています。構成もがっちりしていて安定感抜群です。ブロムシュテットの指揮も奇を衒うようなことが一切なく正面から作品と向き合っています。とにかく美しい!音が立っていて録音もすごく良いです。

二楽章、歌が途切れることなく受けつがけて行き、とても流れの良い演奏です。こんなに美しい「ロマンティック」の演奏は初めてです。テュッティでも塊になってぶち当たってくることはなく、全体に広がって包み込まれるような響きが展開します。すばらしいブルックナーです。

三楽章、羽毛で肌を撫でられるような繊細な弦の響き、ルカ教会の残響も美しく適度な長さです。音楽の流れが決してせき止められることはなく、とてもよく流れて行きます。

四楽章、テンポの動きもわずかにありますが、流れを止めるようなことはありません。すごくテンポを速くした部分もありましたが、またテンポは戻ってゆったりと進みます。すばらしく感動的なコーダでした。トレスデン・シュターツカペレの透明感の高い音色と作品がぴったりとマッチした名演でした。

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、微妙なニュアンスを伝えて来る冒頭のホルンの第一主題。音楽が呼吸しているように押しては返す振幅が何とも言えない良い雰囲気を作ります。チェリビダッケの演奏としては少し遅い程度で、他の演奏のような異様な遅さではありません。楽器が次から次へと有機的に繋がっていく。祈るようにしかも輝かしいコラール。ゆっくりとゆっくりと次第に力を増していくクレッシェンドはすばらしい。テンポも動いて、すごく遅くなったり、急加速があったり、すごい感情移入です。

二楽章、音楽に生命が宿っているように押しては返す音楽が自然と一体になっていてすばらしい。ここぞというところでぐっとテンポを落として雄大な自然を表現しているようです。

三楽章、極めて小さい弦のトレモロの上にホルンが鳴ります。チェリビダッケにしては速いテンポ設定で、一般的な演奏とそう変わりはありません。のんびりとゆったりしたトリオです。この演奏を聴いていると生命の脈動とでも言うのか、自然のうねりが聞こえます。

四楽章、自然で微妙な強弱の変化があります。第二主題からはテンポを落としますが極端に遅いわけではありません。トゥッティでも余力を残した美しい演奏です。第三主題が現れてから徐々にテンポが遅くなります。展開部の手前はかなりテンポが遅くなりました。展開部からは元のテンポです。テンポの変化や強弱の変化がとても自然で、気が付くとこの自然な流れに引き込まれています。しっかりとした弦の刻みの上にトロンボーンのコラールからそれに続くホルン、壮大な終結でした。

見事にチェリビダッケの意図を貫いた演奏には、生命の脈動が感じられるすばらしいものでした。

ベルナルド・ハイティンク/ロンドン交響楽団

icon★★★★★
一楽章、豊かな響きを伴ったホルンの主題。力みはありませんが、トゥッティは分厚く巨大です。誇張が無く自然な第二主題。自然に奥底から湧き出すよ うなトゥッティ。ベーム/ウィーンpoの演奏に比べると僅かに都会的かも知れませんが、それでも森を感じさせる良い演奏です。伸び伸びと鳴り響く金管が有 機的に結びついています。コラールもとても美しいです。奥ゆかしい歌がしみじみと心に伝わります。遅めのテンポでじっくりと歌いあげる演奏はとても心地よ いものです。

二楽章、素朴な雰囲気の主要主題。副主題も素朴で美しい。深みがあって分厚い低音の上にピラミッド型に乗る響きは暖かく心を穏 やかにさせてくれます。ロンドン交響楽団って、都会的で機能的なオケのイメージがありますが、このオケからこれだけ素朴な響きを引き出しているところも凄 いです。控え目で決して爆発しないクライマックス。

三楽章、枯れた響きで一体になったオケの響き。大きく歌うことはありませんが、さりげなく美しい歌を聞かせます。分厚い響きは見事としか言いようが無いです。トリオでも美しく歌います

四楽章、分厚い低音に支えられた柔らかい第一主題。細部まで自然な第二主題。ここまでの雰囲気を一変させる第三主題。穏やかで 安らかな小結尾。展開部も分厚い響きで充実しています。第一主題の再現も厚みがあって深い響きです。コラールから続くホルンは空から降りそそぐような神の 声のようです。壮大なスケールのコーダでした。見事です。

力みの全く感じさせない演奏でしたが、自然に湧き出すような歌と低域の分厚い響きに乗るオケの素朴な響きも素晴らしかった。四楽章コーダの壮大なスケール感も見事でした。

クリスティアン・ティーレマン/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ティーレマン★★★★★
一楽章、柔らかいけれどもしっかりと力のあるホルンが朗々と歌います。第二主題はしっとりとしていますが、くっきりと浮かびあがります。テンポの微妙な変化がいたるところであります。金管は奥まったところから分厚い低音に支えられて響いて来ます。とても表現が濃厚で惹きつけられます。一つ一つの音に魂がこもっているような演奏で、音楽が生きています。テンポは遅めですが、一つ一つの表現がとても良いので、遅さを感じません。輝かしいコラールは森の中で風にざわめく枝の音の後ろの遠くから響いてくるようでした。弱音の繊細さも見事です。テンポの変化も大きく、遅くなるところは凄く遅くなります。表現し尽くされていると言っても良い程表現が豊かで、無表情になることは全くありません。全身全霊の猛烈なコーダ。

二楽章、深みのある主要主題に続く木管はゆっくりとしたテンポで深く美しく歌います。副主題も表情豊かです。瑞々しい弦がとても美しいです。遅いテンポで刻み付けるような深い表現。弦のビツィカートも一つ一つに意味があるように存在を主張します。一つ一つの旋律が心に訴えかけてくるようで心が揺さぶられます。テンポの動きも絶妙です。最後もクラリネットのたっぷりとした歌がありました。

三楽章、冒頭のホルンも柔らかく芳醇です。トゥッティへ向けてテンポを速めました。テンポはとても良く動きますがとても自然な動きです。トリオの前の充実した響きも素晴らしいものでした。トリオもテンポを動かしながらたっぷりと歌います。

四楽章、この楽章は速めのテンポで始まりました。力強いけれども柔らかい第一主題。全く緩むことなく旺盛な表現意欲です。湧き上がるような表現の第二主題。木管が登場するあたりでテンポがゆっくりになりました。テンポは遅いですが、緻密な表情付で全く弛緩することはありません。マグマがぐつぐつと煮えたぎるような第三主題。展開部へ向けてとても穏やかな表現です。再現部の第一主題は強烈です。オケもヒートアップしているようです。ゆっくりとしたテンポが大河の流れのよう絶え間なく豊かに流れて行きます。コーダのコラールもゆっくりと丹精込めた演奏です。最後はさらにテンポを落としてとても感動的な終結でした。

徹底的に表現し尽くした演奏でした。感情のこもったテンポの動き、オケの一つ一つの表現も見事でした。デビュー当時はフルトヴェングラーのコピーだと言われたりしましたが、今では完全に自分自身の表現へと昇華していて、とても素晴らしい表現の演奏でした。感動的なコーダも最高でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

スタニラフ・スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送交響楽団

icon★★★★★
一楽章、ゆったりとしたテンポで締まったホルンの第一主題。トゥッティではトロンボーンが強く響きます。第二主題でも大きな表現やテンポの動きはありませんが、遅いテンポでじっくりと作品の良さを訴えて来ます。弱音が消え入るような音量です。この弱音部分ではウィーンの森を感じさせてくれます。コラールの最後に大きく盛り上がって次第に遠ざかって行きました。コーダはホルンが奥まっていてトランペットが近くにいる感じのバランスでした。

二楽章、寂しげな主要主題。ホルンもポツンと一人で孤独な感じです。僅かに薄日が差すような副主題。作品を正面から捉えたけれん味の無い演奏です。クライマックスはやはりトロンボーンが少し強いですが、咆哮することは無く極めて冷静です。

三楽章、軽い冒頭のホルン。やはりこの楽章でもトロンボーンが気持ちよく鳴り響きます。ブルックナーにしてはシャープな響きです。主部が若干速めだったのに比べるととてもゆっくりのトリオです。ゆっくりとしたテンポでたっぷりと歌います。主部が戻って、金管の演奏する部分で他の演奏ではほとんど聞こえないチューバが底辺でしっかりと鳴っています。

四楽章、ゆっくりとしたテンポで堂々と鳴る第一主題。第一楽章の第一主題が再現する前にシンバルが入りました。感情が込められて内面から湧き上がるような第二主題。第三主題は以外にも大人しい演奏で六連符が終わってからのトランペットから強く演奏しました。展開部に入って序奏が回帰した後のコラールが多層的に組み合わさる響きがとてもよく分かります。ホルンが遠くにいて、強奏の響きがとても心地良いです。やはりトロンボーンが強い第一主題の再現。第二主題の再現は流れるようです。天をゆっくりと舞うようなコーダのホルン。その後もゆっくりとしたテンポが続きます。一楽章の第一主題の登場とともに大きく盛り上がって終わりました。

ゆっくりとしたテンポで細部まで聞き取れるバランス重視の演奏でしたが、トロンボーンだけ補助マイクのレベルが高かったのか、常に強かったです。ただ、このゆっくりとしたテンポとても心地良く音楽に浸ることができてとても魅力的な演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロジャー・ノリントン/エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団

ノリントン★★★★★
一楽章、柔らかく伸びやかなホルンの第一主題。巨大なトゥッティ。第二主題はかなり速いテンポです。突然始まる第三主題も豪快に鳴ります。コラールは弾むような演奏でした。第一稿と第二稿では、素材だけ生かして一から作曲し直すほどの作業だったのではないかと思うほど違います。金管はかなり激しく咆哮します。

二楽章、第二稿とはアーティキュレーションが違うのか、とても表情豊かな主要主題。テンポは速めでサラサラと進みます。弦は古楽器らしく鋭い響きです。いろんな楽器がはっきりと分離して美しく響いています。感情を込めるような表現は無く、作品そものもを聞かせる演奏です。クライマックスは最初ドカーンと来ますが次第に潮が引いて行くように穏やかになって行きました。

三楽章、暗い雰囲気の音楽です。ホルンが美しく咆哮します。重厚なトゥッティから細身で繊細な木管のソロまではっきりとしたコントラストを描いた演奏です。

四楽章、充実したトゥッティ。この演奏を聴いているとこの第一稿がこれで完成された作品のように聞こえてきます。迷いの無い真摯な演奏です。コーダ近くでティンパニのクレッシェンドが効果的に使われます。

未整理な作品として評価されがちな第一稿ですが、この演奏を聴くと、これはこれで完成された作品だと感じさせられます。美しい響きで、自信に満ちたテンポや表現、バランスなど素晴らしいものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」2

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団

icon★★★★☆
一楽章、細身で締まったホルンが弦のトレモロに乗って始動しました。トランペットもしっかり鳴らした、ピラミッドよりも正方形のようなバランス。アンサンブルも整っているし、気持ちよく鳴っている。残響成分がもう少しあった方が良いと思うが・・・・・。大胆なトランペットのクレッシェンドがあったり、淡々と進むようでいて、ポイント、ポイントで強い主張をします。

二楽章、オーストリアの森の中の木漏れ日の中を散策するような、安堵感のある音楽です。この曲自体が癒しのようなメロディーに溢れているので、音楽に浸るのにはとても良いです。
美しいメロディーを繋ぎながら音楽は頂点へ。もう少しティンパニの音に深みが欲しい気もしますが・・・・・。

三楽章、快活なテンポ、豪快な演奏!

四楽章、すごいパワー感。美しい演奏なのだが、残響成分が少なく、ブルックナーの録音だったらもう少しoffに録った方が良かったのではないかと思います。
かなりテンポを動かすところがあります、特に遅くなる部分が印象的です。
コントラバスも含めた分厚い響きはさすがです。金管の厚みのある響きも官能できます。オケの技術の高さもすばらしいです。ティンパニもバチンと決まります。この部分での音色選択は決まっています。
神々しいブラスセクションはこの曲にピッタリです。コラールのホルンは歌います!感動的なすばらしいフィナーレです。

やはりクーベリックは大指揮者です。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、とても豊かな響きのホールでの録音なのかホルンが長い残響を伴って美しかったです。
続く弦も響きが綺麗です。とても良い感じだなと思って聴いていましたが、やはりテンポが速すぎます。もっとじっくりと音楽を楽しみたいのですが・・・・・。
木漏れ日の森をデートしていて、彼女にさっさと先へ行かれるような感覚です。もっといろんな美しい景色や花や木を眺めていたいのに、それを許してくれません。
カラヤンとベルリンpoの絶頂期の録音ですので、音色やアンサンブルの点では文句はありません。すばらしいです。でもせっかちな音楽です。
金管もすごく美しいだけにもう少しゆったりと音楽に浸ることができたら最高なのに・・・・・。
フルートのソロも鳥肌が立つほど美しいものでした。こんなに名手が揃っているオケでなんでこんなにせっかちなブルックナーの演奏をしないといけないのだろうか。
ものすごく美しい部分と、テンポが速くて付いて行けない部分と相半ばの演奏です。

二楽章、美しい演奏です。これを華美だという人もいるかも知れません。素朴な雰囲気がないのも確かです。
ロマンティックと言うよりももっと都会的な印象があります。
とても良い雰囲気を持っている部分もあるのですが、個人的にはもう少し、ほんの少しで良いのでテンポを遅くして欲しかった。

三楽章、ダイナミックレンジが広い演奏です。ソロの美しさは絶品です。この頃のベルリンpoは今とは違って良い味があります。
この楽章は比較的ゆっくりとしたテンポで演奏されているので、良い感じです。豊麗な響きを満喫できるこの楽章はとても良かったです。

四楽章、重心は少し高いですが、非常に良く鳴るオケの響きが心地よく、音楽も流麗で聴き進むにつれてカラヤンの世界に引き込まれていくようです。
ハース版を使いながら第三稿を取り入れているようです。このシンバルはかなり効果的です。
豪華絢爛なブルックナーですが、これはこれで良いなあと思えるような美学があります。
ブルックナーをこんなにきらびやかに演奏する人は後にも先にもカラヤンだけでしょう。これはこれで一つの音楽の表現の境地であると思います。また、まねしようと思ってもこれはカラヤンじゃないと出来ない芸当だとも思うし、芸術家としての高い技量があるからこそできる技であろうし、十分に納得させられます。

豪華としか良いようがないです。すばらしい豪華さです。素朴とは程遠い演奏ですが、すばらしい豪華さでめが眩むようです。
ブルックナーの音楽にこんな眩いばかりの豪華さがあるとは思いませんでした。
こんな一面を聞かせてくれたカラヤンの音楽にも賛辞を贈るしかないです。ここまでの演奏を見せ付けられると、さすがといわざるを得ません。
コラールの深みはいまひとつでした。極限まで磨き上げた音楽に深みが備わるとすれば奇跡ですね。天は二物を与えず。
それでも一つの美を極めた演奏には、表面的との批判が付きまとっているのも事実ですが、ここまで徹底されると説得力がありました。

ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルッテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、すごく豊かな響きのホールでテンポは速めのスタートです。速いテンポでどんどん進みます。音楽にどっぷりと浸る暇を与えずに音楽が進みます。低音域ががっちりとした土台には不足があるように感じます。もう少し奥ゆかしい表現を求めたいところですが、この演奏にし無い物ねだりでしょうか?豊かなホールトーンを伴った響きにはとても魅力を感じます。ただ、かなり快速にとばした演奏でロマンティックの優雅さとは違うような感じはします。かなり勇壮に音楽が進みます。勇ましいコーダでした。

二楽章、ホールの豊かな残響がかなり演奏を助けているように感じます。この楽章も速めのテンポで進みます。豊かなホールトーンのおかげか艶やかなフルートや美しいホルンの響きが楽しめます。どのパートを取り出しても美しい響きです。ただ、作品に対する表現として深く踏み込んでいるようには残念ながら感じません。テュッティでの全身を包み込むような響きにはすごい魅力を感じます。

三楽章、ホールに残る残響がとても良い雰囲気を醸し出します。ブルックナーが多く使った全休符の意味が分かるような感じがします。ホールに充満した響きが減衰していくのがとても気持ちよく感じます。ホールに残る残響を聴いていると、テンポ設定にも次第に納得してしまいます。

四楽章、オケもそつなくなかなかの好演です。聴き進むにしたがって次第に演奏に引き込まれて行きます。この大聖堂の残響特性も含めた音響芸術としてはかなりレベルの高いものになっているのではないでしょうか。ホルンのコラールも大変美しい演奏でした。拍手も残響を聞き終えてからのものでした。聴衆も一体になったコンサートだったと思います。

マリス・ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ヤンソンス★★★★☆
一楽章、ビブラートを掛けて伸びやかで芯の強いホルンの第一主題。ゆっくりと歩くようなテンポです。トゥッティは爆発せずに抑えて柔らかい表現です。艶やかでくっきりと浮かぶ第二主題。大きな表現はありませんが、音に力があってそれそ゜れの楽器に存在感があり色彩感がとても豊かです。静かで厳かなコラール。コンセルトヘボウらしい深みのある響きが素晴らしい。コーダも全開ではありませんでした。

二楽章、つぶやくような主要主題。副主題もあまり大きく歌うことはありません。再現部の主要主題はクレッシェンドがありました。副主題の再現も穏やかです。クライマックスも力みの無い柔らかく穏やかなものでした。

三楽章、艶やかなトランペット。トゥッティはトランペットがあまり強く吹かないのとトロンボーンも音を割らないのでやはり柔らかく穏やかです。このトゥッティはバランスが良いとも言えます。大きくは歌いませんが控え目な表現はあります。歌もありテンポの動きもあるトリオ。鮮度が高く美しい響きです。

四楽章、分厚い低音に支えられたトゥッティ。シンバルが入りました。常に温かく優しい響きの演奏です。展開部の序奏の回帰はテンポを速めて緊張感がありました。このトゥッティの柔らかさはこれまでのブルックナーのイメージを覆すような響きです。再現部の第一主題は途中でテンポを速めて少し激しさを表出しました。コーダのホルンも全体の響きから大きく抜け出さずにとてもバランスの良い演奏でした。最後の第一楽章第一主題はテンポを速めましたが、ここでもとてもバランスの良い響きを維持して終わりました。

トゥッテイでも金管が吠えるようなことは無く、常に冷静にバランスを保って柔らかく穏やかな響きを徹頭徹尾貫き通した演奏でした。ブルックナーの金管の咆哮とは隔絶した新たな演奏を提示したと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」3

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

ベルナルド・ハイティンク/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★
一楽章、ウィーンpoらしく、ふくよかで柔らかい音色が印象的な始動です。
音楽の流れも自然でウィーンとはゆかりの深いブルックナーの作品を演奏するウィーンpoはとても堂に入った演奏をします。
ウィーンpoのブルックナーは誰が振っても、ウィーンpoのブルックナーだと思うのですが、いかがでしょうか。
指揮者の個性よりも、オケがほとんど音楽を作ってしまっていて、リハーサルで指揮者がどんなことを言おうが、本番では自分たちの音楽をしているような気がするのですが・・・・・。
そういう面では、元々強烈な個性を表出するタイプの指揮者ではないハイティンクとの組み合わせですから、安心して聴けます。
すごく美しい演奏で、ウィーンpoの少し古めかしい響きもぴったりです。

二楽章、この楽章も文句のつけようがないくらい美しい。ハイティンクも音楽の流れに身を任せるような自然体で、わざとらしいところが一切ありません。

三楽章、休符でホールに響く残響が減衰していくのも非常に美しく捉えられています。
また、オケのバランスもブルックナーの音楽の原点だったパイプオルガンを彷彿とさせるもので、トランペットが突出してキンキンするようなことも一切なく。まろやかで、しかも重圧な響きを作り出しています。

四楽章、この楽章も暴走することなく美しい演奏です。もう少し個性のある演奏をして欲しいような僅かな不満が残ります。
すばらしく美しい演奏なのですが、模範演奏のようなところで終わってしまったような感は否めないです。

ハイティンクの演奏はこんな感じになりがちで、もっと聞き込めば深い味わいがあるのかも知れません。

クラウス・テンシュテット/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★
一楽章、細身で筋肉質なホルン・ソロ。次第に登りつめて雄大なブルックナー・リズムのトゥッティ。繊細な第二主題。豪快に鳴る第三主題。美しいクラリネット。構成するパートそれぞれが強い音で歌うコラールは見事な訴えでした。同じベルリンpoでもカラヤンの豪華絢爛な響きとは違い、とても簡素で締まりのある響きです。テンポは良く動いています。速いテンポでコーダに突入してほぼそのままのテンポで終わりました。

二楽章、田舎っぽい響きで、自然を感じさせます。分厚い低音をベースにピラミッド型のバランスが安定感のある響きを作っています。ダイナミックの幅がとても大きく、消え入るような静寂から巨大なトゥッティまでフルに活用して音楽表現しています。特に安定感のあるトゥッティはすばらしいです。

三楽章、速めのテンポで一気呵成に盛り上がりオケが鳴り響く。芯のしっかりした音で音楽が作られて行きます。この強い音にテンシュテットの信念を感じるような気がします。トリオの直前はかなり速いテンポになっていました。トリオでもピーンと張った緊張感があります。スケルツォ主部に戻るとまた速いテンポでせわしなく演奏されます。

四楽章、もの凄く力強いエネルギーに溢れた金管の第一主題です。第二主題も音に力があって、穏やかな雰囲気ではありません。第三主題も壮絶な金管の咆哮です。展開部に入ってもテンポが動いて緩急の変化があります。第一主題の展開も強烈でした。ロマンティックと言う副題とは対照的に音楽と格闘するような激しい音楽です。コーダのホルンが一時の安らぎでした。最後はテンポを落として輝かしい終結でした。

ロマンティックではありませんでした。かなり壮絶な演奏で、この曲の違った一面を見せてくれたような気がしました。

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団

ショルティ★★★★
一楽章、筋肉質で弾力のあるホルンの第一主題。軽々と鳴るトゥッティ。トランペットがテヌートぎみです。リズミックな第二主題。第三主題も軽く鳴り響きます。弱音部では森の雰囲気があります。コラールも生き生きとした表現です。トゥッティがカラッとすっきり鳴り響き過ぎて、重量感がありませんが、これだけ軽々と鳴り響くと快感でもあります。コーダのホルンも豪快に鳴ります。

二楽章、深みのある主要主題。薄く細身の副主題。シャープで良く通るフルート。温かみのある弦楽合奏。弱音部分はとても美しく自然を感じさせてくれますが、クライマックスではやはり金管がビンビンと鳴り響き重厚さがありません。コーダはテンポを落としてしっとりと終わります。

三楽章、元気の良いトゥッティ。金管が明るく鳴り響きます。シカゴsoらしい勇ましい金管です。主部とは対照的な穏やかでのんびりとしたトリオ。主部が戻るとまた金管が爽快に鳴り渡ります。

四楽章、速いテンポでホルンが第一主題を暗示します。第二主題の前に第一楽章の第一主題が出る部分も心地よく鳴ります。第二主題はあまり表情を付けずにあっさりと演奏されます。全体を通して明るく陰影をほとんど感じさせない演奏です。大きな歌や表情は無く、作品を忠実にストレートに表現したものだと思いますが、ショルティとシカゴsoの演奏に共通する金管を思いっ切り鳴らすダイナミックな演奏の特徴が良く表れています。ただ、金管が鳴り過ぎて少しうるさい感じはあります。コーダのホルンのコラールは祈るように美しいものでした。

大きな歌や表情は無く、作品を忠実にストレートに表現したものだと思いますが、ショルティとシカゴsoの演奏に共通する金管を思いっ切り鳴らすダイナミックな演奏の特徴が良く表れています。ただ、金管が鳴り過ぎて少しうるさい感じはあります。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ダニエル・ハーディング/ロンドン交響楽団

ハーディング★★★★
一楽章、ザワザワと弦のトレモロに乗って柔らかいホルンの第一主題。続く木管に合わせて弦が大きくクレッシェンドしました。意図的に強弱の変化を付けています。高域が強調された録音です。第一稿による演奏らしく普段聞く演奏とはかなり違います。全く別の曲のような違いです。コラールも高域によった響きで薄い響きでした。ただ、表現意欲は旺盛な演奏で、とても積極的に表現しています。とてもにぎやかなコーダでした。

二楽章、感情豊かに歌う主要主題。木管に受け継がれた主要主題も良く歌います。この第一稿は音楽としてのまとまりはあまりありませんが、ブルックナーの新しい音楽を生み出そうとする意欲はとても伝わって来ます。聞きなれた第二稿とは全くと言って良いほど違う曲です。

三楽章、冒頭から全く違います。少し高域に寄った録音が切れ味鋭い音になって聞こえてきます。この曲がどうやとって「狩りのスケルツォ」になって行くのか、全く関連が無いように思います。金管が強烈に吹くことは無く、清潔感があって爽やかです。

四楽章、第一主題は第二稿とほぼ同じ形で演奏されますが、そこまで至る過程は全く違います。第二主題は少し違う感じですが、全く違う音楽から聞き覚えのある旋律が聞こえてくると嬉しくなります。この作品はブルックナーが斬新な試みをいろいろ行った成果だと思います。完成度が低い作品だとは思いません。かなり意欲的な作品です。演奏はシャープでブルックナーの分厚い響きはありませんでしたが、これは第一稿によるものかも知れません。

第二稿とは全く違う作品でしたが、飽きることなく楽しく聞くことができました。演奏は音離れが良くシャープな演奏で表現意欲も旺盛なものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

エミール・チャカロフ/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

チャカロフ★★★★
一楽章、くっきりと音の切り替わりもはっきりとしたホルンの第一主題。奥行き感があって壮大なトゥッティ。ストレートな第二主題。レニングラードpoらしい濃厚な色彩。トランペットが強めで、明るく華やかなコラール。第一主題の再現はとてもスケールが大きいです。

二楽章、速めのテンポですが、切々と歌う主要主題。副主題もくっきりと濃厚です。積極的に感情を込めた歌です。くっきりと濃厚な表現はとても良いです。

三楽章、残響を伴って奥行き感のあるホルン。一つ一つの表現に力があります。パリッと硬質な響きのブルックナーです。速いテンポで良く歌うトリオ。とても鮮明な音楽を提示して来ます。

四楽章、豪快に鳴り響く第一主題。シンバルも豪快に鳴ります。第一楽章の第一主題も同様です。深いところからとても強い力を放つ第二主題。展開部の第一主題などはロシア人のパワーが炸裂したような強烈な響きです。強烈な第一主題の再現の後に第二主題の再現になりましが、穏やかな安らぎ感は無く、緊張感が続きます。コーダのホルンのコラールは浅い響きでした。最後も第一楽章の第一主題を濃厚に印象付けるように音の動きをはっきりと演奏しました。

爆演と言って良い演奏だったと思います。ロシア人の体力に物を言わせて強烈なトゥッティでした。また、弱音部分でも常に力のある音で、大きな表現は無いものの強く印象付けられる演奏でした。ただ、一方的に押されている感じで引くところが無いのが今ひとつ一本調子になってしまった感じがあります。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」4

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

ロブロフォン・マタチッチ/フィルハーモニア管弦楽団

icon★★★☆
一楽章、速いテンポで豪快な演奏です。ところどころで突然pに落としてクレッシェンドしたり、積極的な表現です。
思い切りの良い表現が気持ちいい演奏で、「ロマンティック」と言うよりは「マッチョ」な感じがします。
マタチッチの演奏は、他の曲でも、私の感覚よりも速いテンポ設定が多いです。

二楽章、アゴーギクを利かせて積極的な表現なのですが、消え入るような繊細な弱音はあまりありません。
弦の音の頭が結構立っていて滑らかな感じよりも、ゴツゴツした印象。全体的に硬質な音です。この音質はマタチッチの好みなのでしょうか。

三楽章、ちょっとせせこましい印象です。もう少し穏やかな表現でも良いように思いますが、それだけ没個性の演奏ではなく、マタチッチの音楽を表出しているので、好感が持てます。

四楽章、版の関係か、聞きなれない部分が随所にあります。
緩急の差もあり特に緩のところは良い雰囲気です。全体として捉えると、好き嫌いは分かれる演奏かもしれませんが、聞かせどころは心得ている演奏で、ちょっとこれは!と思わせる部分と、すごく惹きつけられる部分を持っています。
コーダの盛り上がりは凄かった!

デニス・ラッセル・デイヴィス/リンツ・ブルックナー管弦楽団

デイヴィス★★★☆
一楽章、筋肉質で伸びのあるホルンの第一主題。バランスは良いですが、厚みはあまり無いトゥッティ。第一稿を聞くのはこれが三回目ですが、なかなかなじめないですね。コラールは弱く入って次第に強くなりました。第一稿の録音はどれも少し高域に寄った録音に感じるのですが、これは版の問題なのでしょうか?

二楽章、とても速い主要主題。速足で歩くようなテンポです。ノリントンやハーディングの演奏のような豊かな表情の演奏ではありません。あまり細かな細工はせずに作品を自然体で演奏しているようです。副主題から少しテンポは落ち着きました。

三楽章、寂しげなホルン。積極的に歌いますが響きはとてもデッドで、残響はほとんどありません。中間部は穏やかで心地良い演奏でした。

四楽章、バランス良く美しい第一主題。弦の涼しげな表現があったり、整った精緻な演奏を聞かせる部分もあり良い演奏です。ただ、ブルックナーにしては響きがデッド過ぎると思います。また、ブルックナーならばもう少し低域が厚い響きであって欲しいと思います。

自然体の演奏でバランス良く精緻な演奏でした。ただ、残響が少ないデッドな録音はあまりブルックナーにはふさわしくないように感じました。また、ブルックナーであればもう少し低域の厚みが欲しいとも思いました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

朝比奈 隆/大阪フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★
一楽章、朝比奈らしい作為的なところがない演奏です。ベートーヴェンの演奏では、全く感じませんでしたが、この演奏ではオケの技量が・・・・と思う部分も多少あります。
オケの音色にもう少し深みが欲しいと感じる部分があります。ウィーンpoの演奏と比較してしまうから問題なのかもしれませんが・・・・・・。
ちょっと野暮ったい感じがあります。

二楽章、自然体なのですが、ちょっと平板な感じがして、引き込まれるような表現がありません。もう少し踏み込んだ表現があっても良いのではと思います。

三楽章、遅めのテンポです。このテンポだとオケが持たないのではないかと心配になります。オケの集中力もあまり高くないようで、散漫に感じます。音も寄ってきません。
朝比奈が指揮をした、在京のオケの録音では演奏のムラはあまり感じませんでしたので、大阪poの集中力にはかなりムラがあったのではないかと想像します。

四楽章、速めのテンポです。かなり前のめりです。凄い推進力です。
それと、前の三つの楽章とは音の集まり方が全然違うんですが、明らかにホールが違います。三回のコンサートから継ぎはぎのCDの欠点ですね。
せめて、同じホールでの演奏を継ぎはぎして欲しかった。全部、このホールの演奏をCDにすれば良かったのではないかと思いますが、このホールの前三つの楽章の演奏はそんなにひどかったのか?
音は集まってきているし、推進力もあるし、なんでこんなに急にやる気満々になるんだ!
収録に関する記載があるから、分かったけど、記載がなかったら、こんなに演奏が変わったらおかしいですよ。

この楽章は、サントリーホールで収録したものか?この楽章だけ残響成分が多い。大フィルは東京のコンサートだけはやる気が違うと言われているので、多分東京の演奏だと思う。

クラウディオ・アバド/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

アバド★★★
一楽章、細身で美しいホルンの第一主題。ブルックナー・リズムのトゥッティは穏やかです。第二主題は少し速めのテンポです。第三主題も豪快には鳴りません。誇張は無くとても自然な流れです。展開部は壮麗な響きです。コラールは速いテンポながら自然で美しいものでした。再現部でもトゥッティは抑えられています。ウィーンの森を感じさせる部分はごく僅かです。コーダはテンポが速く落ち着きがありません。

二楽章、さりげなく歌う主要主題。副主題も控え目な歌です。過不足無く整った演奏なのですが、ブルックナーらしい素朴な雰囲気があまり無く、現代的な雰囲気です。クライマックスも音が充満するような大きな盛り上がりではありませんでした。

三楽章、冒頭のホルンとトランペットは森の中から響いてくるような良い雰囲気でした。自然な歌があります。滑らかな木管。速いテンポで金管の輝かしい響きが心に残ります。とても豊かに歌うトリオ。最後は金管がかなり強く吹いているようなのですが、音圧としては伝わってきません。

四楽章、ここの第一主題もかなり強く演奏しているようなのですが低域が伴わないので音圧としては届きません。第二主題はあまり歌わずにあっさりと過ぎて行きます。第三主題も高音域だけが強く響く感じで展開部も前はゆっくりとしたテンポでとても穏やかでした。展開部の第二主題はゆったりとたっぷり歌いましたが、後半は速いテンポでした。再現部の第一主題でも高音域が強く逆三角形のバランスで頭でっかちに感じます。コーダのウィーンpoらしい美しいホルン。そして終結部の力強い第一主題はさすがでした。

全体に速めのテンポでしたが、歌うところはしっかりと歌い。鳴らすところも十分に鳴らす演奏でしたが、トゥッティでは高音域が強く、それに低音域が伴っていないので、頭でっかちの響きになり、ブルックナーらしい分厚い響きを聞くことはできませんでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

イシュトヴァン・ケルテス/ロンドン交響楽団

icon★★★
一楽章、はっきりとした存在感のホルンの第一主題。埃っぽい木管。オンマイクぎみで分離するトゥッティ。テンポを速めて活発に動く第二主題。第三主題もブレンドされた一体感や厚みがありません。別々に録ってきたものをミキサーでブレンドしているようでトゥッティの響きは不自然です。コラールの直前でホルンの第一主題を突然大きく吹きます。コラールは元気が良く輝かしいです。残響成分がほとんど無いので、奥行き感や落着きがありません。コーダの第一主題もとても力強いのですが、ちょっとあからさまです。

二楽章、独特の歌い回しの主要主題。感情のこもった副主題。動きが活発で生き生きとした演奏です。ホルンが演奏する主要主題はとても豊かに歌いました。

三楽章、近くで鳴るオケ。オケを豪快に鳴らして一気に進める感じがあります。トリオも速めのテンポですが、テンポも動いて豊かに歌います。力強く前へ進み積極的な表現で、気持ちよく鳴り響きます。

四楽章、この楽章もかなり速めのテンポです。第二主題もとても良く歌います。自然や森をイメージさせる演奏ではありません。都会的です。第三主題も豪快に金管が鳴り響きます。展開部の序奏主題では次第にテンポを速めて緊張感を高めます。感動的なコラールでした。終結部も豪快でした。

オケを豪快に鳴らして、速めのテンポで一気に聞かせる演奏でした。ただ、自然や森をイメージさせる演奏では無く、都会的でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラウディオ・アバド/ルツェルン祝祭管弦楽団

アバド★★★
一楽章、締まって細身のホルン。穏やかなトゥッティ。第二主題も特に表現は無く速めのテンポで過ぎて行きます。金管はとてもまろやかです。第三主題も金管は控えめでとても柔らかくまろやかです。金管が吠えない分、低弦の厚みを感じることができます。柔らかく美しいコラール。この演奏では初めてコーダでホルンが強く吹きました。

二楽章、静かで内面的な主要主題。ほとんど表情の無い木管。弱音の美しさに重点を置いた演奏で、静かな演奏が空間に広がって行きます。大きな表現はありませんが、切々と語りかけてくるような真摯な表現です。コントラバスを伴ったバランスの良い厚みのある響きです。あまりに内面に向かう音楽で寂しさを感じてしまいます。クライマックスは抑えられて柔らかい響きの中に金管のビーンと鳴る響きが加わります。

三楽章、とても弱いホルンとトランペットですが、すぐに盛り上がります。速いテンポで颯爽と進みます。速いテンポで畳み掛けるような表現です。弱音が繊細で、細かな表情がありますが、トゥッティは抑え気味でブルックナーらしい重厚で豪快なトゥッティは聞けません。温かいトリオ冒頭のフルート。

四楽章、一瞬バッハを感じさせる第一主題。その後第二主題までは力強い演奏でした。サラッとほとんど表情が無く進む第二主題。弱音は消え入るような弱さです。第三主題も抑えていて全開には程遠い響きです。展開部で演奏される第一主題も抑えた表現で柔らかいです。金管の奏者たちは欲求不満になるのではないかと思う程執拗に抑えたトゥッティです。コーダのコラールも抑えた音量で始まりますが次第にホルンが浮かび上がり空を舞うようです。最後はかなり解放されて強奏して終わりました。

繊細な弱音が特徴的で、ひたすら内面に向かうような演奏でした。トゥッティはほとんどの部分で抑えたバランスで柔らかい響きでした。アバドはパイプオルガンをイメージしていたのでしょうか。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロヴロ・フォン・マタチッチ/スイス・ロマンド管弦楽団

マタチッチ★★★
一楽章、細身で硬質なホルンの第一主題。この録音では分かりにくいですが、かなり豪快に鳴っているトゥッティ。あまり表情が無くそっけない第二主題。第三主題も豪快に鳴っているようですが、トランペットだけが分離しているような録音です。録音状態があまり良くなく、響きがバラバラで浅い響きになっています。コラールは弱く始まって次第に強くなりました。コーダのホルンも豪快に鳴らされますが、音が切れ切れになってちょっと雑な感じがします。

二楽章、あまり歌わずにサラッと流れる主要主題。トランペットが投げやりで雑に演奏するのがとても気になります。タメや間などもあまり無くサラサラと流れて行きます。クライマックスでも金管がブレスではっきりと穴を開けます。

三楽章、テンポが速く勢いがあります。ホルンの強奏も豪快でした。野暮ったく泥臭いトリオ。

四楽章、思い切り良く鳴り響く第一主題。ゆったりと湧き上がるような第二主題はとても美しい表現です。第三主題は録音の問題で時折音がこもります。この現象はこの後もずっと続きます。展開部の第二主題もゆったりとしたテンポで夢見るような演奏です。終結部も豪快に鳴らして終わりました。

雑な部分があったり、トゥッティの豪快な演奏もあり、三楽章トリオの野暮ったい表現だったり、四楽章の第二主題の夢見るような美しさもあったり、とても変化に富んだ演奏でした。しかし、録音が悪く周期的にこもる音は演奏を伝え切らないものでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」5

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

クラウス・テンシュテット/シカゴ交響楽団

テンシュテット★★
一楽章、音が揺れていて、とんな音色なのかよく分からない。
テンシュテットとシカゴsoとのライブはマーラーの「巨人」がすさまじい演奏だったので、期待も少しあったのですが、この録音では・・・・・。
マイクポジションの問題なのか、金管はあまり伸びてこなくて、ティンパニがかぶってしまいます。
テンシュテットの演奏らしく、テンポが大きく動くところがあり、劇的な音楽作りがなされていますが、ダイナミックレンジも狭く、トゥッティではティンパニがかぶってくるので、あまり表情などは聞き取れません。

二楽章、客席で録音したのか、楽章間のオーディエンスノイズが大きかったです。
録音は良いとは言えませんが、オーケストラの上手さは伝わってきます。しかし、演奏の特徴などは分かりません。

三楽章、速めのテンポ設定で始まりました。二楽章はテンポの動きもなく平凡に終わりましたが、この楽章はテンポがかなり動きますし、テンシュテットらしい思い切った表現も聴かれます。
ただ、ブルックナーのこの曲にこのような大きく揺さぶるような表現が必要なのか、疑問も感じないわけではありません。
もっと自然な音楽の流れに身を任せたいとも思います。

四楽章、この楽章も割りと速めのテンポのようです。テンポが速めで、アゴーギクもあまり感じさせない演奏で、あっさり進みますが、その分音楽の流れが良いです。
これ、録音が良かったら、もの凄い音の大洪水のような演奏だったんだろうと想像できます。シカゴsoのパワーをフルに使って、速めのテンポで、息つく暇も与えずに怒涛の快演。
返す返すも、状態の良い録音で聴きたかった。残念!

ハインツ・レーグナー/ベルリン放送交響楽団

レーグナー★★
一楽章、しっかりと締まった硬質なホルンの第一主題。トゥッティまで少しずつテンポを速めています。軽いトゥッティ。速いテンポの第二主題。基本は速いですが、時にテンポを落とすこともあります。第三主題も力を込めるような表現ではなく軽くサラッと過ぎて行きます。コラールは強い色彩感があります。テンポはかなり速く、通常の「ロマンティック」のイメージとはかなり違います。コーダも速いテンポでお祭り騒ぎのようでした。

二楽章、この楽章も速いテンポで演奏される主要主題。副主題は速いテンポながら豊かに歌います。フルートがとても強く濃厚です。クライマックスは音が若干短めで弾むような感じでどっしりとしたスケールの大きな演奏ではありませんでした。

三楽章、豊かな残響の中に響くホルン。トリオに入る少し手前で一旦音量を落としてクレッシェンドしました。ティンパニが頻繁にクレッシェンドします。

四楽章、この楽章はかなり速いです。やはりトゥッティは軽く響く感じです。ティンパニはここでもクレッシェンドしました。第一楽章の第一主題も抑えた表現でした。豊かに色んな楽器が織りなす第二主題。それにしてもテンポが速すぎてせわしなくロマンティックとは言い難い感じです。第主題も何かにとりつかれたように急ぎます。展開部の前は少しゆっくりになりましたが、展開部からはまたすごく速いテンポです。再現部の第一主題はそんなに速くなかったのですが、第二主題はやはり速いです。コーダはトランペットが強く演奏しましたが、あまり感動的ではありませんでした。

なぜにそんなに速く演奏しないといけないのか?と言うような演奏でした。あまりにも速くロマンティックとは言い難い演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ダニエル・バレンボイム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

バレンボイム
一楽章、非常に締まったホルンの第一主題。第二主題は速めのテンポでしかもテンポの動きもあり、音の出入りがあって歌っています。かなりテンポが速くちょっと落ち着きが無いような感じがします。トランペットが強く演奏が軽く聞こえます。とても表面的な音楽に感じます。

二楽章、朗々と歌う主要主題。演奏が馴染んできて少し一体感があるようになってきました。主部の回帰で深みのある素朴な雰囲気が出て来ました。

三楽章、あまり響きの無いホルン。残響が少ないデッドなホールでの演奏のようです。トリオはほとんど歌わずサラッと演奏されます。トランペットがうるさくロマンティックな雰囲気とは違います。

四楽章、ここの第一主題はトランペットが強く無くまろやかで重厚でした。第二主題でもホールの残響が少ないせいかフルートの響きが浅く感じます。音楽の中心に大きく硬い物が存在していて、演奏はその周囲の浅いところで行われているような感じで、感情の深いところを揺さぶるような演奏には聞こえません。コーダもトランペットが強くホルンが隠れていました。

演奏会場のロイヤル・アルバート・ホールの問題もあったのだと思いますが、残響が少なく深みは全く感じられませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤