シベリウス 交響曲第5番

シベリウス:交響曲第5番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのシベリウス 交響曲第5番名盤試聴記

コリン・デイヴィス指揮 ボストン交響楽団

icon★★★★★
一楽章、大自然の中、遠くから響いてくるようなホルン。木管も締まっていて美しいです。静寂感があって、とても上品なたたずまいです。トランペットも奥まったところから残響を伴って響いてきます。トゥッティでも奥から鋭く響いてきますが、響きに拡がりが無くスケールの大きな響きにはなりません。大きな表現はせず、作品を自然に演奏していますが、その自然さが作品の深みを表現しているような演奏です。
二楽章、静かに演奏されますが、主題がとても良く分かります。とても愛らしい歌です。最後にテンポを落とした歌はとても美しいものでした。
三楽章、控え目で決して出しゃばらないホルンの鐘の響き。自然ですが、表情のあるオーボエやフルート。ヴェールをまとっているような美しい弦。バランスの良いクライマックス。

何の誇張も無く自然体の演奏でしたが、作品の味をしみじみと感じさせてくれる演奏でした。美しい響きもとても魅力的でした。

パーヴォ・ベルグルンド指揮 ヨーロッパ室内管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、大自然を感じさせる非常に伸びやかなホルン。続く木管も生き物のように生き生きとしています。室内オケとは思えない巨大な拡がりのトゥッティ。内面から自然に湧き上がるような豊かな音楽。音が一音一音立っていてとても明快です。
二楽章、常に音楽が揺れて歌います。動きは活発ですが、とても繊細で細部まで神経が行き届いている感じです。
三楽章、とても積極的な表現で疾走感がある第一主題。テヌートぎみのホルンが壮大な鐘のモチーフを演奏をします。トランペットで演奏される鐘のモチーフもとても美しいです。決して力みませんが美しく壮大なクライマックス。

力みは全くありませんが、内面から湧き上がるような豊かな音楽。細部まで神経の行き届いた美しく整った演奏。穏やかですが、祝典的な雰囲気をとても良く表現した演奏でした。

コリン・デイヴィス指揮 ロンドン交響楽団

icon★★★★★
一楽章、澄んで伸びやかなホルン。艶やかで締まりのある木管が静寂感の中にくっきりと浮かびます。第一主題もとても明瞭です。肌触りはあっさりしていますが、色彩感はとても濃厚です。とても静かで消え入るような展開部冒頭。スケルツォ主題とても可愛らしく演奏されます。終結部の最後はかなり激しい演奏でした。
二楽章、一転して穏やかで、素朴な歌です。必要以上の主観的な表現はしませんが、作品の美しさを余すところ無く表現しています。
三楽章、第一主題の細かい動きもとても明快に聞こえます。一体感のある動きで静寂感もあります。ホルンの鐘の響きのようなモチーフが盛り上がって広大な空間を表現します。とても表情豊かな第二主題。とても弱く演奏される弦のトレモロ。弱音が小さく、それでいてとても明瞭なので、ffとの対比が効果的です。感動的なクライマックスの充実した響きが見事でした。

肌触りはあっさりしていますが、濃厚な色彩で彩られた美しい演奏。明確でくっきりと浮かび上がる楽器。消え入るような集中力のある弱音から最後の感動的なクライマックスまで、とても充実した素晴らしい演奏でした。

レナード・バーンスタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

バーンスタイン★★★★★
一楽章、遠い山から響いて来るようなホルン。引き締まって美しく濃厚な色彩の木管。とてもゆっくりとしたテンポです。少し暗雲が立ち込める第二主題。重く粘っこい表現で、冷たさは全く感じません。
二楽章、静寂感があって繊細な弱音。最後は物凄く遅いテンポで濃厚に歌います。
三楽章、遅いテンポなので、第一主題に疾走感はありません。ホルンの鐘のモチーフは巨大で壮麗で圧倒されます。従来のシベリウスの音楽の枠を完全に超えています。感動的なコーダでした。

この作品をこれほど濃厚で感動的に演奏したのは他に記憶がありません。これまでのシベリウスの常識を完全に超えて(逸脱して)いますが、これは素晴らしい演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

サイモン・ラトル指揮 バーミンガム市交響楽団

ラトル★★★★★
一楽章、爽やかな自然をイメージさせるホルン。第一主題は豊かな表情で歌います。第二主題は少しテンポを速めますが、弦も含めてとても積極的な表現です。金管は心地良く鳴り響きます。
二楽章、大きな表現ではありませんが、細部まで神経細やかな表現がされています。
三楽章、大きい物が駆け抜けるような感じの第一主題。ホルンの鐘のモチーフはフワフワとした音色で速めのテンポで演奏された後に力強い演奏になります。間を空けたりテンポを落としてたっぷりと歌う部分もあります。感動的に盛り上がって終わりました。

細部まで表現の行き届いた演奏で、テンポの動きもありました。シベリウスにしては表現が大きい感じはありましたが、なかなか聞かせる演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

オスモ・ヴァンスカ指揮 ラハティ交響楽団

ヴァンスカ★★★★☆
一楽章、細身ですが、遠くから迫って来るホルン。木管の第一主題は清涼感があります。金管はしっかりと鳴らします。墨絵と言うほどではありませんが、かなり淡い色彩です。ティンパニの強打には驚かされました。
二楽章、この楽章は木管がかなり濃厚な色彩を発します。
三楽章、かなり疾走する第一主題。ホルンの鐘のモチーフは控えめでアタックも強く無く始まりましたが、次第に強くなります。弱音で間を取ったりする表現もなかなか良いです。最後は絶叫することなく、余裕たっぷりでした。

強弱の振幅がはっきりとした演奏でしたが絶叫するような咆哮はありません。さりげない表現もなかなか良かったです。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

エサ=ペッカ・サロネン指揮 スウェーデン放送交響楽団

サロネン★★★★☆
一楽章、とても雄大なホルン。涼しげな第一主題。トランペットと共に入るティンパニの意表を突く強打にびっくりさせられます。トゥッティはとても雄大でスケールが大きいです。冷たくはありませんが涼しげです。ここ一発のエネルギーはなかなかです。
二楽章、トゥッティの雄大さとは対照的な木管の小さなソロ。
三楽章、激しい疾走感ではありませんが、前へ進む力のある第一主題。ここでもティンパニが意表を突く強打です。ホルンの鐘のモチーフはゆっくりめで控え目で始まり、その後さらに遅くなります。フィンランドの指揮者の演奏としてはかなり強いコーダでした。.

雄大で、振幅の大きな演奏で、涼しげな空気に支配されていました。意表を突くティンパニの強打には何度も驚かされました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

レイフ・セーゲルスタム指揮 ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団

icon★★★★
一楽章、伸びやかで豊かな表情で感動的な冒頭のホルン。表現を意図的に抑えているような第一主題。弦のトレモロに埋もれるような第二主題。渋い響きで高揚しても濃厚な色彩にはなりません。スケルツォの荒々しさは程ほどでした。
二楽章、内面へ凝縮して行くような主題。動き回る旋律ですが、決して外へと発散することは無く、内側へと凝縮して行きます。華美にならず、純粋な作品愛が感じられる演奏です。とても安堵感があります。
三楽章、弦のトレモロにも力があって、力強い第一主題。少しテヌートぎみのホルンのモチーフは次第に力を増してきてマルカートになります。ホルンに提示されたモチーフがトランペットに表れても色彩感が乏しいので、鮮明な輝かしさはありません。

とても素朴な雰囲気の演奏でしたが、色彩感が乏しく祝典的な輝きはあまり感じませんでした。

サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団

バルビローリ★★★★
一楽章、大きく歌うホルン。木管の主題もとても豊かに歌います。第二主題も感情がこもった表現です。とても感情表現が大きく振幅の激しい演奏です。録音の古さからか、若干メタリックでザラザラとした弦。
二楽章、表情豊かで深みのある第一主題。感情が込められている分暖かい演奏になっています。表現やテンポの動きなど作品への共感を感じさせます。
三楽章、あまり疾走感の無い第一主題。強弱の変化はとても大きいです。感情のこもった大きな表現はなかなか良いです。ある意味絶叫と言っても良い程のかなり激しく盛り上がるコーダ。

かなり感情の込められた演奏で、表現やテンポの動きの大きなものでした。作品への共感をとても感じさせる演奏でしたが、美しさはありませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ロリン・マゼール指揮 ピッツバーグ交響楽団

マゼール★★★★
一楽章、マゼールらしいこねくり回すようなホルン。ゆっくりとしたテンポで濃厚な第一主題。ピッツバーグsoはシルキーな響きでは無く、密度が薄く、表面がザラザラとした感じの響きです。
二楽章、かつての強引な表現は影を潜め自然な表現とゆったりとしたテンポで心地良く音楽が流れて行きます。最後はかなりゆっくりになりました。
三楽章、強弱の変化の大きい第一主題。ホルンの鐘のモチーフは最初は弱く演奏されますが、二度目にはテンポも落として強く演奏されます。強弱の変化はかなり意識して強く付けているようです。最後は大きな盛り上がりでしたが、テンポも速めてしまったので、感動的な感じはありませんでした。

ゆっくりとしたテンポを基調にして豊かな表現の演奏でした。テンポも遅くすることもあり、濃厚な表現もありました、ただ、最後にアッチェレランドしてしまうので、感動的にはならなかったのが残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・シベリウス:交響曲第1番名盤 ・シベリウス:交響曲第2番名盤 シベリウス:交響曲第3番名盤 ・シベリウス:交響曲第4番名盤 ・シベリウス:交響曲第5番名盤 ・シベリウス:交響曲第6番名盤 ・シベリウス:交響曲第7番名盤 ・シベリウス:交響詩「フィンランディア」名盤

シベリウス 交響曲第5番2

たいこ叩きのシベリウス 交響曲第5番名盤試聴記

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮 モスクワ放送交響楽団

icon★★★
一楽章、伸びやかに大きく歌うホルンですが、独特の響きは好き嫌いが分かれそうです。続く木管は涼しげです。やはりこの曲でもトランペットは強烈です。劇的で振幅の大きな表現。とても激しい音楽になっています。この曲がこんなに激しい曲だったか?と思わせるほど激しい演奏です。嵐のように強烈に吹き荒れる音。表現もすごく積極的です。ギンギンのコーダ。凄い演奏です。
二楽章、この楽章でも積極的な歌は変わりません。本当に良く歌います。振幅の大きな演奏も変わりありません。この曲はもっと穏やかな曲だと思っていましたが、この考えを根底から覆すような演奏です。
三楽章、激しく箒で掃くようなホルン。アクセントを付けて短めに演奏します。トランペットはホルンほど強いアクセントにはなっていませんが、ブレスがはっきりと分かる演奏は少し雑に感じます。まさに咆哮と言うにふさわしい絶叫です。

とにかく強烈な演奏でした。シベリウスも演奏によってこんな風にもなるんだ。と言う驚きに満ちた演奏でしたが、これはシベリウスの音楽ではないと思いました。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

カラヤン★★★
一楽章、大自然を感じさせる伸びやかなホルン。透明感があって生き生きと動く木管の第一主題。緊迫感のある第二主題。やはりこの曲でも豪華に鳴り響くトランペット。カラヤンのセッション録音では良くある演奏ですが、表面はとてもきれいなのですが、内面に深く切り込むような表現がありません。コーダは豪快に鳴り響きます。
二楽章、あまり表現は無く、淡々と朴訥とした主題。変奏もあまり深い表現も無く、美しく過ぎて行きます。
三楽章、疾走感のある第一主題。激しさも思い切った激しさではなく美しさを意識したものです。ホルンの鐘の響きはレガート奏法であまり鮮明ではありません。快活で動きのある木管。終結の金管の豪快な鳴りっぷりは見事でした。倍管にした狙いは見事に反映しています。

おおむね淡々とした表現で、深く切り込むような表現はありませんでした。ただ、終結の豪快な金管は見事でした。

ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 オスロ・フィルハーモニー管弦楽団

サラステ★★★
一楽章、美しいホルン。北欧の澄み切った空気を連想させるような木管の第一主題。大きな表現や主張はせず、作品そのものを忠実に演奏することによって作品の美しさを表現しようとしているようです。波打つような金管。飛び跳ねるように躍動する木管。最後はかなり速いテンポになって終わりました。
二楽章、ライヴとは思えない、とても澄んでいて美しい演奏です。ただ、冷たさはほとんど感じません。ライヴを感じさせないほどの静寂感です。
三楽章、引き締まった第一主題。ホルンの鐘のモチーフからの盛り上がりも見事でした。淡々と演奏される第二主題。この楽章も最後は速くなりました。

冷たい空気感は感じない演奏でしたが、非常に美しい演奏でした。感動的に盛り上がるところでテンポを速めて行くので、感情があふれ出ることはありませんでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ウラディーミル・アシュケナージ指揮 フィルハーモニア管弦楽団

アシュケナージ★★★
一楽章、遠くから近づいて来るようなホルン。氷のような冷たさを感じさせる木管の第一主題。シベリウスらしい冷たい空気が支配しています。スケルツォ主題は生き生きとした躍動感がありますが、響きは透明感があって美しいです。
二楽章、作品に真摯に向き合っているようで、とても真面目な演奏です。
三楽章、前へ進む力はあまり感じない第一主題。最後はあまり落ち着きの無いあっけらかんとした終わり方でした。

冷たい空気感と真摯に作品に向き合った演奏でしたが、最後の落ち着きの無いあっけらかんとした演奏で全体のバランスが保たれていない感じがしました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1965年)

カラヤン★★☆
一楽章、おそらくザイフェルトであろうホルンのふくよかな演奏。艶やかな木管の主題。冷たい空気感はありません。後のEMIとの録音のような豪華絢爛な感じは無く、作品には正直な演奏です。ただ、シベリウスにしては余分な贅肉が付き過ぎている感じで、ブヨブヨとした響きです。
二楽章、速めのテンポですが、色彩は濃厚です。余分なものを削ぎ落としたような純粋な感じはありません。
三楽章、疾走感のある第一主題ですが、やはり響きがふくよか過ぎます。第二主題も豊かな響きでふくよかです。コーダではテンポを速めました。

シベリウスらしい余分なものを削ぎ落としたような純粋さは無く、かなりふくよかな演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 フィルハーモニア管弦楽団

カラヤン★★☆
一楽章、引き締まったホルン。少し冷たい木管の主題。第二主題も鋭い響きです。後のベルリンpoとの録音のようなふくよかさや豪華絢爛な演奏ではありません。大きな表現はありませんが、突き刺さってくるような鋭い響きが特徴的です。コーダは激しい演奏です。
二楽章、素朴な表現の主題。
三楽章、あまり前へ進もうとはしない第一主題。ホルンの鐘のモチーフは少しバリバリと演奏するので、荒く聞えます。少し寂しさを感じさせる第二主題。豪快に鳴り響くコーダですが、少し雑な感じもします。

引き締まって鋭い響きで、冷たい空気感もありましたが、荒く雑な感じもありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 NHK交響楽団

ブロムシュテット★★
一楽章、デッドですが歌うホルン。潤いのある木管。デッドな録音でどの楽器も全て前に出てきます。ヒスノイズが盛大です。トランペットも輝かしく美しいです。
二楽章、一昔前に比べるとN響もとても良く鳴るようになりました。ライヴですが、伸びやかに鳴ります。ただ、寒さは感じません。
三楽章、積極的な表現ですが、前へ進む力はあまり無い第一主題。浅い響きのホルンの鐘のモチーフ。コーダでテンポを速めました。

かなりの熱演でしたが、デッドな録音で全ての楽器が前に出で来るので、奥行き感が無く浅い響きになりました。また、冷たさも感じさせませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 BBCフィルハーモニック

ホーレンシュタイン
一楽章、古いライヴならではのデッドで近接した音場感です。速めのテンポであまり感情を込めずに進みます。トランペットの汚い響きで、シベリウスらしい自然の清々しさを感じることが出来ません。
二楽章、温度感は高く、冷たい空気はありません。
三楽章、スピード感はありますが、かなり太い響きの第一主題。かなり活発に動く演奏で、積極的な表現です。最後は盛大に盛り上がりましたが、やはり雑な響きで、シベリウスらしい精錬さはありませんでした。

速めのテンポで力強く進む演奏でしたが、古いライヴ録音らしく、トゥッティでの雑に聞える響きがシベリウスらしさを削いでいました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団

オーマンディ
一楽章、録音が古いせいか硬い響きのホルン。木管の第一主題も団子になるような塊に聞えます。騒々しいトゥッティでシベリウスらしい無駄なものを削ぎ落とした精錬さは感じません。コンベアに乗った流れ作業のように処理されて行く音楽。冷たさや自然を感じることもありません。むしろ都会的な雰囲気さえあります。
二楽章、慌ただしくやはり騒々しいです。
三楽章、豊かな表情と疾走感のある第一主題ですが、荒々しさがあります。ホルンの鐘のモチーフは痩せていて豊かな響きではありません。熱気さえ感じさせる演奏で、シベリウスの音楽のイメージとは遠い演奏でした。

録音の古さもあり、騒々しく暑い演奏でした。表面だけを取り繕ったような演奏であまり良い演奏とは思えませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・シベリウス:交響曲第1番名盤 ・シベリウス:交響曲第2番名盤 シベリウス:交響曲第3番名盤 ・シベリウス:交響曲第4番名盤 ・シベリウス:交響曲第5番名盤 ・シベリウス:交響曲第6番名盤 ・シベリウス:交響曲第7番名盤 ・シベリウス:交響詩「フィンランディア」名盤