チャイコフスキー 交響曲第4番

チャイコフスキー:交響曲第4番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第4番名盤試聴記

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー交響楽団

icon★★★★★
この演奏は、この曲の決定版だと思うのですが、その演奏の厳しさから、なかなか聴く事ができません。聴くときにはかなりの覚悟が必要です。

一楽章、冒頭から強烈な金管の突き刺さるような音色で開始します。これに続く弦や木管のメロディもロシアの凍てつく大地を連想させるような、引き締まった厳しい響きです。
1960年の録音ですが、全く古さを感じさせません。
ぎゅっと凝縮された集中力の凄さが音に現れているような凄みのある演奏が続きます。
恐ろしいくらいのアンサンブルの精度の高さ。空気を切り裂くようなトランペット。欧米のオーケストラでは聞くことができない音楽が展開されています。

二楽章、ほの暗い雰囲気の音楽です。この曲の大部分を支配している鉛色の空のような雰囲気を見事に表現しています。
ヴァイオリンの響きも胴が鳴ったふくよかな音ではなく、主に弦の鋭い音の方が強い音色なので、とても厳しい表現に感じられます。

三楽章、ムラヴィンスキーは木管楽器にも最大限の表現を求めているようです。木管でも強弱の変化が大きく集中力がとても高いのには驚かされます。
全く隙のない見事な演奏です。

四楽章、猛スピードのフィナーレ。私がこれまでに聴いたCDの中では最速です。しかもこのテンポでアンサンブルが乱れない。
とにかく、鳴る音全てにすごい力があって、聴くものを圧倒します。こんなに凄い演奏が実現した事自体が大変な驚きです。
有無を言わせぬ圧倒的な名演です。
今後、この演奏を越えるCDが出てくるのだろうか?

この演奏はソビエト連邦と言う監視国家だからこそ実現した演奏であって、今の世界の政治体制でこのような演奏が実現できるか疑問です。
政治的な背景はどうあれ、信じ難いほどの完璧な演奏です。

サー・ゲオルク・ショルティ/シカゴ交響楽団

icon★★★★★
一楽章、冒頭から全開で鳴り渡る金管!ショルティが指揮する時のシカゴsoの音にはあまり温度感がないので、この曲のように凍てつく大地をイメージさせる曲には向いています。
あまり表現を積極的にしていなくても、響き自体が冷たいので、寒々とした雰囲気がよく出ています。
木管はあまり強調されていないような感じがします。音量としては十分なのですが、表情がほとんどないので、印象に残りません。
オケはもの凄く上手いのですが、表現力に乏しいので、聞き手を熱くするようなことはありません。

二楽章、冒頭のオーボエももう少し何とかならないのか?と思うほど無表情です。テンポの動きはありますし、弦などはそれなりに歌っているのですが、木管の無表情が気になります。
チャイコフスキーの場合は、ムリに歌わなくても作品自体に陰鬱感や哀愁がありますので、あまりくどくどと歌いすぎると、もたれてしまう可能性もありますので、スッキリ演奏してしまうのも選択肢としてはあるのでしょうね。
アラ探しをしなければ、オケは超絶的に上手いので不満はありません。
作品にのめり込みたい人には物足りない演奏かもしれません。

三楽章、ここでは楽譜に書いてあるアーティキュレーションの表現はしっかりしています。
速いパッセージも完璧です。

四楽章、ムラヴィンスキーとほとんど変わらない速いテンポです。
打楽器も良い音で鳴っています。また、ショルティのいつものワンパターンのティンパニの音も、この楽章ではバッチリ決まっています。
トロンボーンなどはまだ余裕を残しているようです。ムラヴィンスキーの強烈なと言うかオケも必死と言うような緊迫感はあまり伝わってきません。
オケの技術が高すぎて、この程度なら何ともないのか?

凄い技術で、これでもかと言わんばかりの演奏を展開します。すばらしい技術です。人間業とは思えないような凄い演奏でした。曲芸をみて感動したような妙な感じです。でもやはりオケの凄さは並大抵ではありません。

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、以外に普通のテンポの冒頭でした。第一主題で、非常に遅くなりました。とても滑らかでしなやかな表現です。シルキーで美しい弦。すごく音量を落とした第二主題。よくもこれだけ遅いテンポで演奏したものだと思います。途中でタメがあったりして、遅いテンポをさらに濃密に演奏して行きます。展開部に入る前からテンポを上げました。まるで生き物のように押したり引いたりを繰り返しながら再現部に入りました。第二主題が演奏され、ティンパニが入るところから凄く音量を落として少しずつ音量を上げて行きます。鋭い音のトランペットと金属的な響きですが伸びやかなホルンのファンファーレ。最後はテンポを上げて終りました。

二楽章、ニュートラルな響きのオーボエ。柔らかい弦の副旋律。ここでも波が押し寄せて引いて行く様な強弱の変化があり、有機的な音楽です。中間部の前でテンポを落として、中間部からテンポを戻しました。中間部でも押したり引いたりの音楽の息づかいやテンポの動きなど、とても心地良い演奏です。遅いテンポですが、チェリビダッケの世界にどっぷりと浸ることができます。主部が弦に戻ると、とても繊細な表現です。ファゴットの主要主題はテンポが揺れて凄く音楽的です。生命を感じさせる音楽です。

三楽章、この楽章も遅いテンポで強弱の変化も大きく克明に刻んで行きます。穏やかな中間部。トランペットの行進曲も静かです。自然に主部へ移行しました。一音一音確かめるように着実に進む音楽。とても丁寧な演奏です。終盤に少しテンポが速くなりました。

四楽章、遅いです。この楽章は基本的には、ムラヴィンスキーやショルティのような速いテンポの演奏が好きなのですが、中途半端な遅さよりも、これだけ遅いと割り切って聴けます。冒頭でも叩きつけるような強奏ではなく、オケにも余裕を持たせて柔らかい響きで演奏されます。嬉々とした雰囲気はとても良く表現されています。オーボエの旋律が現れる部分ではさらにテンポが遅くなったような感じがします。その後に登場するトロンボーンも静かでした。二度目のAが元のテンポで演奏されて、Cに入るとさらにテンポが遅くなります。ファンファーレの前のトロンボーンとトランペットの掛け合いはテンポが元に戻り、かなり強く演奏されました。コーダに入ってアッチェレランドをかけているようです。元のテンポが遅かっただけに、このアッチェレランドは凄く効果的で、きいていてこちらも興奮しました。

遅いテンポで一貫していた演奏がコーダからアッチェレランドをかけて聴衆を興奮に巻き込む演奏は、しっかりと設計されたものだと思います。テンポの遅い演奏でこれだけ見事な演奏は初めてです。

ヴァレリー・ゲルギエフ/マリインスキー劇場管弦楽団

ゲルギエフ★★★★★
一楽章、シャープなホルン。良く鳴る金管のファンファーレ。深みのある弦。とても静かに始まる第一主題。鋭い響きの弦がこの曲にピッタリです。静かに染み込んでくるような第二主題。揺れ動いて感情が込められています。テンポを速めてクライマックスになりますが、あまり大きな振幅ではありません。展開部の突き刺さるようなトランペットのファンファーレやトロンボーンは激しいですが、コントラバスがあまり聞こえないので、響きに厚みがありません。コーダの前とコーダに入ってからテンポを速めましたがまた一度遅くなり最後はまた速めて終わりました。

二楽章、テンポの動きがあって切々と語りかけるように歌います。ゆっくりと深い歌は心を揺さぶります。トリオの嵐のような弦の凄さもなかなかです。主部が戻ってどこか寂しげな主要主題。ファゴットの主要主題はアゴーギクを効かせてとてもゆっくりとした演奏です。ふくよかで柔らかいホルン。

三楽章、アクセントをあまり強調せずに流れの良い演奏です。トリオに入っても大きく歌わないのですが、なぜか音楽が生き生きとしていて動きを感じます。

四楽章、炸裂するシンバルが強烈です。一体感のある動きが見事です。ムラヴィンスキーやショルティのような猛烈なテンポではありませんが、スピード感は十分に感じます。副主題の再現はとてもゆっくりとしたテンポで始まって加速して第二副主題に入りました。コーダは猛烈なアッチェレランドでしたがオケの見事なアンサンブルで危なげなく終わりました。

自在なテンポの変化や聞き手を引き込むような弱音など、聞かせどころの多い演奏でした。一体になって動くオケの表現力も見事でした。ゲルギエフの思いきりの良い表現が良い方に出た演奏だったと思います。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

レナード・バーンスタイン/ニューヨーク・フィルハーモニック 1989年ライヴ

バーンスタイン★★★★★
一楽章、短い音をスタッカートぎみに演奏するホルン。トロンボーンが加わってテンポが遅くなります。トランペットも最後はテンポが遅くなります。遅いテンポで感情のこもった第一主題。晩年のマーラー同様の重量感のある演奏です。バーンスタインの感情のままに大きな表現の第二主題。喜々とした二度目のクライマックスのトランペット。オケがとても敏感に反応していて、とても表現が豊かです。たっぷりとアゴーギクを効かせるフルート。テンポも大胆に動きます。ファンファーレの前でねばっこく歌う弦。ファンファーレでテンポが速くなります。第二主題が戻るとまたゆっくりとしたテンポになります。行進曲は一転して凄く速いテンポです。行進曲が終わると急ブレーキです。最後は少しテンポを速めて終わりました。

二楽章、感情を込めて深く歌うオーボエの主要主題。続く弦の主要主題は必要以上に感情表現せずに淡々と進みますがその後はまた、テンポも動いて起伏の大きな演奏になります。中間部はテンポを速めていますが、濃厚な表現が続きます。すぐにテンポが遅くなって深く感情を込めた表現になります。主部が戻ってクラリネットのソロの前でまたテンポが遅くなりました。オケの反応はとても良く、バーンスタインの大きく動くテンポにも良く付いて行っています。ファゴットの主要主題は何とも言えない哀愁を感じさせる見事な演奏です。

三楽章、この楽章でも幅広い表現のスケルツォ主題。テンポはそんなに遅くはありません。中間部はたっぷりと歌うオーボエの主題。一音一音丁寧な演奏です。行進曲で速くなります。速いテンポで大きな盛り上がりがあって終わりました。

四楽章、堂々としたテンポで圧倒的なエネルギー感と華やかなロンド主題。ファンファーレの前の第二副主題は悲しげでした。鋭い響きのトランペットのファンファーレは一楽章冒頭と同じようにテンポを最後に落とします。弱音で登場するホルンの前はかなりゆっくりと濃厚な表現です。最後のロンド主題は冒頭よりもかなり速いテンポです。圧倒的で畳み掛けるようなテンポでエネルギーの爆発で終わりました。

晩年のバーンスタイン独特の濃厚な表現で、テンポも感情に任せて自在に動く演奏でした。強く感情が込められた演奏はチャイコフスキーよりもバーンスタインの個性が強く表現された演奏で、分厚い響きと共に圧倒的でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

エフゲニー・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団

スヴェトラーノフ★★★★★
一楽章、豊かな残響を伴って輝かしく響くファンファーレ。録音はモノラルのようです。ステージ上での演奏ですが、オーディエンスノイズはありません。速いテンポで動きのある第一主題。お風呂の中で聞いているようなモヤーッとした感じの残響です。第二主題はあまり歌わずにあっさりと進みます。コデッタに入ると突然音量を落とす場面もありました。クライマックスでも鋭く輝かしいトランペット。ホルンも伸びやかです。コーダの前でテンポを少し速めました。行進曲からファンファーレが出るあたりはかなりテンポが速くなりました。

二楽章、あまり大きな表現の無いオーボエの主要主題。続く弦も割と淡々としています。中間部に入るとテンポを動かして大きな表現です。

三楽章、速めのテンポで、起伏のあるスケルツォ主題。軽々と速いパッセージを演奏するピッコロ。速いテンポでも正確なオケ。

四楽章、猛烈なテンポで始まりました。金管や打楽器が豪快に鳴り響きます。第二副主題のトロンボーンも豪快です。ファンファーレでテンポは一旦落ち着きますが、ファンファーレの手前で速いテンポをさらに加速しました。コーダで金管の咆哮とさらに猛烈な加速です。物凄く速いテンポになりますが、オケも必死で喰らいついて行きます。

輝かしい金管。テンポの動きと連動した歌。起伏の大きいスケルツォ主題。四楽章の猛烈なテンポの中での咆哮。そしてコーダからのさらなる加速。この曲で期待されることを全てやってくれたような演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

小澤 征爾/ロンドン交響楽団 1975年ザルツブルクライヴ

小澤★★★★★
一楽章、探りながら始まるホルンのファンファーレ。速めのテンポのトランペット。第一主題が始まる前に長い間がありました。静かで寒さを感じさせる第一主題。コントラストがはっきりとしていて、動きも手に取るように分かります。表情豊かで動きのある第二主題。僅かに浅いトランペット、雄大なホルンによるクライマックス。いろんな楽器の動きに強い力があります。音楽の起伏も大きく空気が良く変わります。最後の加速も力がありました。

二楽章、悲しげに歌うオーボエの主要主題。僅かに弾む弦。濃厚に歌うことは避けているようで、あっさりと速めのテンポで進みます。二部に入っても力強い弦と速いテンポは変わりません。

三楽章、この楽章は遅めのテンポで確実な足取りです。金管の行進曲は奥深いところから響くようでとても良い雰囲気です。オケのアンサンブル能力は非常に高く安心して聞くことができます。

四楽章、物凄いエネルギーの放出です。炸裂するシンバル。唸りを上げる弦。第二副主題のトロンボーンとチューバも力強いです。オケの発散するエネルギーが並大抵では無く、物凄い集中力のある演奏です。ファンファーレへ向かっていく弦や金管の迫力は凄いです。コーダに入っても強烈なエネルギーで突き進む演奏には凄みすら感じます。

全体に力の漲る演奏で、物凄いエネルギーの放出でした。特にロンドンsoの弦の力強さには驚かされました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第4番2

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第4番試聴記

朝比奈 隆/大阪フィルハーモニー交響楽団

朝比奈★★★★☆
一楽章、ふくよかなホルンとそれに続く金管の豊かな響きがとても良い。いつものように力みのない自然体に好感が持てます。
ムラヴィンスキーのような凍てつくロシアの大地を連想させるような厳しさはありません。
むしろ暖かみさえ感じる音楽です。少し響きが薄いように感じられるのが軽微な欠点でしょうか。
ただ、ムラヴィンスキーの気高く、いい加減な気持ちで聴く人間を寄せ付けないような強い個性のある演奏ではありませんが、その分庶民的で暖かいチャイコフスキーです。

二楽章、この楽章でも優しい音楽で、この曲の新しい魅力を発見したような気がします。
素朴で田舎くさい音楽の魅力を伝えてくれて良い雰囲気です。

三楽章、音楽の振幅が広いこともありませんし、極端な表情もありませんが、にじみ出るような暖かさはとても心地よい音楽に仕上がっています。

四楽章、テンポは中庸。強烈に前へ進むような推進力はありません。しかし、この暖かみは全楽章を通して持っています。

これまで、思っていたチャイコフスキーの四番のイメージを完全に覆されました。
こんな音楽だったのかと・・・・・。
音楽の深さを改めて感じさせられました。

マヌエル・ロペス・ゴメス/シモン・ボリバル交響楽団

ゴメス★★★★☆
一楽章、豊かに鳴るホルンやトロンボーン。柔らかく美しい弦の第一主題。豊かに歌うクラリネット。第二主題も美しいです。第二主題の後はテンポが遅くなり、クライマックスへ向けてテンポが速くなります。テンポの動きもあり、起伏も激しい音楽のようです。コーダのファンファーレもとても良く鳴り響きます。コーダへ入ってからもアッチェレランドや独特な強弱の変化がありました。

二楽章、美しく歌うオーボエの主要主題。続く弦も南米のオケらしく暖かみのある美しい響きです。歌はありますが、内面から湧き上がるような表現では無く、浅い感じがあります。中間部も良く歌います。ファゴットの主要主題はあまり深味がありません。

三楽章、速いテンポで動くような豊かな表現です。トリオも速いテンポで軽妙なオーボエその他の木管の表現です。ピッコロが入る部分だけテンポが遅くなり、行進曲でまたテンポが速くなりました。主部が戻るとまた一体感のある動きのある表現がなかなか良いです。フルートとピッコロもとても動きのある大きな表現でした。

四楽章、豪快で速いテンポのロンド主題。副主題の表現も豊かです。オケが一体になって動く表現はとても良いです。第二副主題は少しテンポを落として演奏します。三度目のロンド主題の前でテンポを戻しました。若干アンサンブルが緩い感じもありますがなかなかの熱延です。二回目の第二副主題は速いテンポのままです。ファンファーレの後はまたテンポを落として歌います。最後はオケとティンパニの猛烈なクレッシェンドで熱狂的に終わりました。

豊かな表現と強弱の変化やテンポの動きなどもあり、四楽章最後の熱狂的な終結部も圧巻でした。二楽章も浅い表現が僅かな欠点だったように思います。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー/レニングラード・フィルハーモニー交響楽団 1971年ライヴ

ロジェストヴェンスキー★★★★☆
一楽章、低いホルンが強く野太い響きのホルン。そしてビブラートをかけて鋭い響きのトランペット。潤いがあって柔らかく美しい弦。滑らかな第二主題。トゥッティはオケの響きが良くブレンドされて豊かでスケールの大きな響きです。ムラヴィンスキーの凍りつくような冷たい響きとは違って温度感の高い演奏で、熱気を感じます。トロンボーンの叫びもかなり強烈でした。弱音もかなり抑えていて、強弱の振幅は相当大きいと思います。コーダは途中で少しテンポを落としましたが、かなり速いテンポで追い立てました。

二楽章、弦に主要主題が移るとクラリネットが主題を消すくらいの大きさで演奏します。ストレートな表現です。中間部は速めのテンポでとても活発な動きの演奏です。暖かく哀愁を感じさせるファゴットの主要主題。

三楽章、コントラバスが分厚いスケルツォ主題です。トリオは速めのテンポで色んな楽器の受け渡しが明瞭で、はっきりとした動きがあります。

四楽章、物凄いエネルギーが爆発するロンド主題。第二副主題に入ってもホルンが早い段階からかなり大きく演奏します。そしてトロンボーンの咆哮はすさまじいものです。シンバルも凄い音量です。ファンファーレへ向けて少しアッチェレランドしました。ファンファーレの間もトロンボーンが凄く強く入って来ます。コーダに入って少しテンポを速めますが、最後でシンバルの強烈なクレッシェンドがありました。最後の音が鳴り終わる前に拍手と歓声が上がります。生でこの演奏を聴いていた人たちはまさに熱狂したことでしょう。

テンポの動きや大きな歌などはありませんでしたが、極限まで抑えた弱音から金管の強烈な咆哮。そしてシンバルの大音量。聴衆を熱狂させる要素を十分に備えた演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー/ロンドン交響楽団

icon★★★★
一楽章、冒頭から強烈な金管の吹きまくり!続く木管の旋律はあっさりしていて、この曲独特の陰影はあまり感じません。
金管の切れ味鋭い音が魅力的です。木管も美しい響きですが、明るい音色なので、チャイコフスキーの暗さや寒さはあまり伝わってきません。
ホルンの強烈な咆哮が印象に残ります。

二楽章、あっさりしています。金管には限界かと思うほどの音量を要求していますので、静かな部分でも歌いすぎるとコテコテになるので、意識的に歌うことを避けているのでしょうか。
500gのステーキのあとにサラダがでてきたような感じで、ちょうど良いといえば、良いのですが・・・・・・。
あまり表情はありませんが、オケは上手いので、とても美しい演奏です。

三楽章、この楽章は速めのテンポで、さらにあっさり。オケの名人芸を聞かせてくれます。

四楽章、ムラヴィンスキーやショルティのような猛スピードではありませんが、鳴り物も豪快に鳴るので、なかなか良いです。

期待したほどの爆演ではありませんでしたが、堂々とした良い演奏でした。

ウラディミール・フェドセーエフ/モスクワ放送交響楽団

フェドセーエフ★★★★
一楽章、意外と細い響きのホルン。鋭い響きのトランペット。あまり歌うことなく淡々と進む第一主題。あまり表現やテンポの動きなどは無く、ちょっと 一本調子な感じがします。金管の咆哮もありません。とても抑制の効いた演奏です。トランペットに比べるとホルンが明らかに弱いです。コーダに入るとテンポ が速くなります。

二楽章、豊かな残響を伴って美しく響くオーボエの主要主題。この楽章でも感情を込めるような表現はありません。中間部の後半ではテンポを落としてたっぷりとした表現をしました。初めて感情を込めた表現をした部分のように感じました。

三楽章、フレーズの中ではアクセントなどは強く無く、自然な流れですがポイントポイントではかなり強くアクセントを演奏しています。最初はテヌート気味に演奏されるトリオの主題。クライマックスはかなり活発でした。

四楽章、かなり速めのテンポで勢いのある演奏です。ムラヴィンスキーのテンポより僅かに遅い程度です。金管が咆哮することはやはり無く、ロシアのオケのパワーが炸裂するような演奏を期待すると裏切られます。トランペットのアーファンファーレの最後で遅くなりました。ホルンの前まではかなりテンポを落として濃厚な表現でした。ホルンからは元のテンポに戻りそのまま最後まで走りました。

録音の問題なのかも知れませんが、ロシアのオケのパワー炸裂の演奏ではありませんでした。あまり大きな表現も無く淡々とした演奏でしたが、四楽章の勢いはさすがでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クルト・ザンデルリング/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ザンデルリング★★★★
一楽章、穏やかなホルンに続いて鋭く突き抜けて来るトランペットのファンファーレ。ザンデルリングらしくゆっくりと柔らかく歌う第一主題。優雅に舞うような演奏です。第二主題も非常にゆっくりとしています。展開部の前のクライマックスはとても雄大です。展開部も遅いですが、あまり遅さを感じさせません。再現部の前のトロンボーンが吠える前にティンパニが激しくクレッシェンドしました。美しい第二主題の再現。コーダに入って行進曲調になってからアッチェレランドしました。

二楽章、テンポが遅いこともあってあまり大きく歌いません。続く弦は暗く静かに切々と歌います。トリオは少しデンポも速まって軽くなります。主部が戻るとまた、弦が切々と歌い木管のオブリガートが滑らかです。

三楽章、柔らかく穏やかなスケルツォ主題。アクセントも強く無く滑らかに流れて行きます。トリオは縦の線をきっちりと合わせるように意識しているような演奏です。

四楽章、ザンデルリングのイメージはもっと遅い演奏をイメージしていましたが、思ったほど遅くはありません。オケが荒れ狂うような演奏では無く、とても丁寧に美しく演奏されます。ホルンのファンファーレの合間に登場する弦の穏やかな響き。最後までテンポを速めること無く堂々とした足取りの演奏でした。

この演奏は、ロシアの力みなぎる演奏ではありません。明らかにヨーロッパの洗練された音楽です。終始力みの無い美しい響きで通しました。表現も大きな表現は避けて上品な演奏を実現しました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

カラヤン★★★☆
一楽章、豪快に鳴り響くファンファーレ。内面から湧き上がるような歌を聞かせる第一主題。表面にワックスがかかっているような滑らかな演奏です。天上の音楽のような美しさの第二主題。クライマックスではティンパニが強いいバランスで響きます。ファンファーレやトロンボーンの叫びはかなり強烈ですが、その他の弦が主体の部分はあまり強くありません。コーダへ向けてアッチェレランドしました。最後もテンポを速めて終わりました。

二楽章、弦に移った主要主題は透明感があってとても美しいです。トリオでも表面にワックスがかかったような滑らかさは変わりません。主要主題が戻ってもあまり大きな表現は無く、ひたすら美しい演奏に徹しているような感じがします。

三楽章、軽い演奏ですが、集中力は高いです。トリオは柔らかく緊張感が緩み穏やかになります。行進曲も柔らかいトランペットです。ピッコロはとても活発に動きます。終結に向けてテンポを速めて切迫します。

四楽章、ベルリンpoとのスタジオ録音よりテンポは速いです。トランペットのエネルギー感はやはり強いです。金管やティンパニが弦にかぶってくるような感じで、弦の大人しさと金管やティンパニの強さがアンバランスです。ファンファーレの後静かにホルンが出てから僅かにテンポを速めましたが、追い立てるようにテンポを煽るような演奏では無く、比較的落ち着いた演奏でした。

滑らかで美しい弦と木管に対して、強烈で力強い金管とティンパニがアンバランスでした。感情を込めて歌うような表現も無く、ひたすら美しく演奏することに徹したような感じがしました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラウディオ・アバド/シカゴ交響楽団

アバド★★★☆
一楽章、少し距離があって伸びやかなホルン。強いですが柔らかいトランペット。消え入るような弱音で演奏される第一主題。どの楽器も伸びやかで美しいです。純度が高く清潔感のある演奏です。第二主題もとても抑えた音量です。弱音の繊細さをとても重視した演奏のようです。二度目の大きなトゥッティはゆっくりとしたテンポでトランペットなどはあまり強奏はしませんでした。ホルンはかなり強く演奏しましたが。静かでロシアの冬の寂しさを感じさせるような表現です。トロンボーンの叫びはあっさりとしていました。深い感情移入はありませんが、実に整った美しい演奏です。コーダも興奮を煽るような加速はしませんでした。

二楽章、オーボエの主要主題もとても音量を落としています。主要主題が弦に移ってからは奥ゆかしい歌ですがとても豊かな響きが印象的です。ドロドロになるようなことは皆無でとてもスマートに演奏が進んで行きます。

三楽章、アクセントをあまり強く演奏せずに流れの良い演奏です。トリオのオーボエはとても良く歌いました。スケルツォ主題が戻ると緊張感が高まったような感じがします。

四楽章、ゆっくり目のロンド主題。オケのエネルギーが発散されるような爆発はありません。とても紳士的でスマートです。ファンファーレの前のトロンボーンとトランペットは余裕綽々です。コーダに入ってもテンポはそのままで金管はテヌートぎみの表現です。最後で僅かにテンポが速くなって終わりましたが、興奮を煽るような熱気を感じるような演奏ではありませんでした。

弱音の繊細さに重点を置いたような真面目で純粋で、清潔感に溢れる演奏でした。その分狂気のような熱狂とは対極にあるような演奏で、これだけ冷静な演奏も珍しいと思います。あまりにも真面目過ぎて面白みはありませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第4番3

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第4番名盤試聴記

ベルナルト・ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

ハイティンク★★★
一楽章、ホールトーンを伴って伸びやかになる金管。ハイティンクのチャイコフスキーは、ロシア物の概念とは違う演奏で、力で押すような部分は全くありません。
むしろ脱力系の演奏で、強弱の振幅も比較的緩やかで、楽譜に書かれている音符を丁寧に音楽にしているようです。
積極的な表現はないのですが、オケの一体感があるのが、アバドとの大きな違いです。
微妙な表現しかしていないようですが、その微妙な表現が徹底されているのが響きの美しさにも現れていて、聴いていて心地よい演奏になっています。

二楽章、真面目なハイティンクの不器用さがこの楽章では、目だってしまいます。
カラヤンのような聞かせ上手ではないので、音楽が平板になってしまうところが残念です。とても美しいのですが・・・・・・。

三楽章、この楽章は動きがあります。ただ、ムラヴィンスキーのような厳しさやカラヤンのような豪華絢爛な演奏には及びません。
中庸の安心感はありますし、音楽的にもかなりレベルの高い演奏ではあるのですが、残念ながら上がいるということでしょうか。

四楽章、ムラヴィンスキーやショルティのような、ブッ飛びの猛スピードではありませんが、ほどほどのスピード感はあります。
オケはアンサンブルも良いし、美しいし。

ハイティンクの演奏って、噛めば噛むほど味が出るような玄人好みの演奏が多く、初めて聴いたときには、良さがなかなか分からないことが多いです。
整った良い演奏でした。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★
一楽章、冒頭のファンファーレは速めのテンポでした。うねるようにオケ全体が歌っているような一体感。ムラヴィンスキーのような厳しい極寒の地を思い起こさせるような演奏ではなく、絢爛豪華な音楽絵巻のようです。
柔らかな木管と弦楽器。愛を語る優しさがあります。しかし、それをかき消す強烈な金管楽器。
金管楽器の咆哮はすばらしい響きで圧倒されます。また、弦楽器の暖かみのある響きはムラヴィンスキーの演奏とは対照的です。
ムラヴィンスキーの厳しい表現に比べるとカラヤンの演奏は甘美です。

二楽章、暖炉の前にいるような暖かみのある演奏で、この楽章もムラヴィンスキーとは対照的です。

三楽章、オーボエの旋律が哀愁に満ちていてすばらしい。やはり、木管楽器の豊かで柔らかい響きがものすごく魅力的です。

四楽章、遅いわけではないが、ムラヴィンスキーやショルティの狂ったような疾走に比べると緩い印象を受けてしまいます。
もう一つ、鳴り物入りと言われるこの楽章にするとシンバルの鳴りも今ひとつと言わざるを得ません。最後に備えて径の小さいシンバルを使っているのでしょうか。運命のテーマの後はテンポが速くなりました。

なるほど、こういう設計になっていたんですね。

マリス・ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ヤンソンス★★★
一楽章、比較的穏やかで大人しいファンファーレ。あまり表情が無く素っ気ない第一主題。この作品独特の荒々しさは無くビロードのような柔らかい肌触りです。第二主題は速めのテンポですがここでもあまり豊かな歌はありません。クライマックスもあまり強奏はせず何かミニチュアを見ているような感覚になります。再現部のクライマックスもとてもスケールの小さい演奏です。表情にもあまり締りが無く緩い感じがします。再現部のデリケートな弦。コーダへ向けて少しテンポを速めます。コーダも圧倒的な響きはありませんでした。

二楽章、強弱の振幅が大きく豊かに歌うオーボエの主要主題。弦で演奏される主要主題はあっさりとサラサラと流れて行きます。

三楽章、強弱の変化が大きくスピード感のある主題。トリオも良く歌います。金管の行進曲も豊かな表情です。

四楽章、速くも遅くもない中庸のテンポです。ロシアのオケのようなエネルギーの爆発は無く、端正でバランスの良い演奏です。意図的に音量を落とす部分があったりアゴーギクのようにテンポが動いたりします。ファンファーレも奥まっていて突き抜けて来ません。

エネルギーの爆発は無くかなり大人しい演奏のように感じました。あっさりとした部分と、豊かに歌う部分の描き分けがはっきりしていて、意図的に音量を落とすような表現もあり、工夫は随所にありましたが、やはりこの曲は爆発してほしいと思いました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

カルロス・パイタ/モスクワ新ロシア管弦楽団

パイタ★★★
一楽章、ロシアのオケらしく鋭く力強いファンファーレ。第一主題が開始されるまでの部分はかなりゆっくりの演奏でした。第二主題は音量を落としてヴェールに包まれているような感じでした。金管を遠慮なく吹かせる演奏で、かなりダイナミックです。展開部のクライマックスは異様な程の強烈さでした。最後は物凄いアッチェレランドと金管の咆哮で終わりました。

二楽章、ほとんど歌わない主要主題。かなり雑な弦。美しく歌うよりも音量が大きくなることにひたすら集中するような演奏で、繊細さなどは全くありません。ファゴットの主要主題は哀愁があってとても良い演奏でした。

三楽章、速いテンポですが、表現はあまり締まっていません。どこか緩い感じがあります。行進曲はさらに速くなり、ピッコロなどは名人芸のような速さです。

四楽章、テンポはそんなに速くはありませんが、必死な演奏でスピード感があります。トロンボーンもシンバルも炸裂します。お祭り騒ぎのような賑やかさです。ファンファーレの後はゆっくりのテンポから加速して凄い勢いと咆哮で強烈な演奏です。

弱音部分にはほとんど意識は無く、金管の強烈な咆哮と猛烈なアッチェレランドが特徴的な演奏で、そこまでしなくてもと思いました。かなり荒っぽい印象でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

ホーレンシュタイン★★
一楽章、かなりのナローレンジです。冒頭のファンファーレでも何度かミスがありました。速いテンポで淡々と進む第一主題。ゆっくりと始まった第二主題はすぐに普通のテンポになります。録音が悪くてあまり細部は分かりませんが、ひたむきさや熱気は感じられます。

二楽章、大きく歌うことはありませんが、切々と語りかけてくるような深い音楽です。中間部は速いテンポで弾むような表現です。

三楽章、こ楽章はとても遅いテンポで始まりました。強弱の変化もあまりありません。淡々としています。最後は少しテンポを速めて終わりました。

四楽章、ゆっくりとしたテンポのロンド主題。シンバルのおもちゃのような音です。この楽章でも大きな表現は無く、淡々と進んで行きます。金管の咆哮もありません。コーダへ向けて少しテンポが速くなりますが、暴走するような速さにはなりません。

とても真面目に作品と向き合った演奏だったと思います。大きな表現は無く淡々と進んで行きますが、切々と語りかけるような深い音楽でした。ただ、録音が悪く細部を聞き取ることはできませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団

ヤルヴィ
一楽章、多声的で厚みのあるファンファーレ。第一主題が弦に移るとテンポが速くなります。奥まったところから遠慮がちに響く第二主題。突然音量を落とすことが何度かありました。表現はストレートであまり深味はありません。再現部の第二主題はとても軽い表現です。スケールも大きく無く、軽い演奏です。

二楽章、良く歌う主要主題ですが、特に美しい響きではありませんでした。コントラバスもちゃんと鳴っているのですが、なぜか軽く広がりの無い演奏です。

三楽章、ここまでの軽い演奏から一転して、物々しいスケルツォ主題ですが、どこか荒っぽい感じがします。トリオもとても積極的に歌っています。

四楽章、三楽章だけ録音レベルが高かったのでしょうか?この楽章ではオケが少し引っ込んでしまいました。ちびったようなシンバル。打楽器がドタバタした感じに響きます。録音がデッドなのか、ブレンドした豊かな響きを聞くことができません。豪快にオケが鳴ることもありませんでした。最後まで速くも遅くも無いテンポのまま終わりました。

浅く軽い演奏で、あまり深味が無く、ブレンドされた豊かな響きはありませんでした。ドタバタした打楽器も演奏を壊しているような感じがしました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

イーゴリ・マルケヴィチ/ロンドン交響楽団

マルケヴィチ
一楽章、短い音をスタッカートぎみに演奏するホルンのファンファーレ。かなり短く不自然な印象の部分もあります。基本的には速いテンポでグイグイ進みます。ところどころで短い音をスタッカートぎみに演奏する独特の表現です。テンポも動いています。再現部の前のファンファーレはかなり強烈でした。ホルンのファンファーレのスタッカートがとてもひっかかります。

二楽章、良く歌うオーボエ。この楽章でもスタッカートで演奏される部分があって、私はとても違和感を感じます。テンポも動いて歌はあるのですが・・・・・。中間部は何か投げつけるような表現で、テンポも速いです。ファゴットの主要主題もテンポが動いて良く歌いますが、哀愁は感じません。

三楽章、速いテンポで勢いがあり迫ってくるような表現です。とても活発です。中間部へ入る直前のピィツィカートが凄く強かったです。主部に戻る前に急激にテンポを落として、また速い主部に入りました。音に力があって強い演奏です。

四楽章、径の小さいシンバルを使っているようで、豪快に鳴り響きません。副主題もスタッカートぎみに演奏します。この楽章でも突然テンポが遅くなったりする部分があります。音がゴリゴリしていてブレンドされた柔らかい響きはありません。ロンド主題の中でもテンポが動きます。ファンファーレの前の副主題は感情の赴くままに次第に非常にゆっくりとしたテンポの演奏になりました。第二副主題から急激にテンポを速めました。最後まで華やかな響きにはならず、地味で硬くゴリゴリとした響きでした。

マルケヴィチの演奏にしては情緒的で感情に任せてテンポが大きく動く演奏でしたが、普通の演奏では無いようなスタッカートがとても違和感がありました。また、ゴリゴリとした硬く地味な響きもあまりこの作品には合っていないように感じました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

レオポルド・ストコフスキー/アメリカ交響楽団

ストコフスキー
一楽章、独特の表現。テンポも強弱の変化も冒頭からストコフスキー節炸裂です。第一主題も途中で止まるような表現があります。完全にストコフスキーワールドです。テンポは好き放題です。あまりにテンポや強弱の変化が多いので、とても戸惑います。これはストコフスキーの感情のままに自然に出てきた表現だとは思えません。意図的に仕掛けをして見せびらかすような演奏に感じます。ストコフスキーファンにとってはたまらない演奏なのではないかと思う程、やれることはとことんやっています。

二楽章、ゆっくりとしたテンポで割りと正統な歌の主要主題。弾むように演奏する中間部

三楽章、アクセントをとても強調しています。行進曲でもトランペットが突然強く吹く場面があります。

四楽章、とても表現が大きいです。テンポもめまぐるしく激変します。突然弱音になったり、これでもかとテンポを落としたりやりたい放題です。ファンファーレの前で大きくテンポを落とします。トランペットのファンファーレもシンコペーションのリズムの部分で極端に音量を落としてクレッシェンドしました。ロンド主題の前で大きくアッチェレランドして、ロンド主題ではトランペットに合わせてティンパニも叩きます。とにかく目まぐるしいテンポの変化です。

表現し切ったと言えばその通りなのですが、ここまでコテコテの表現をする必然性が分かりません。チャイコフスキーの曲と言うより、ストコフスキーの曲のようでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第5番

チャイコフスキー:交響曲第5番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第5番名盤試聴記

ベルナルト・ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

ハイティンク★★★★★
一楽章、陰鬱感がとてもよくてでいるクラリネットです。表現が大げさではないところがかえってロシアの大地の厳しさを伝えてくるようで、良い感じです。
ホールの響きを伴って、すごく美しい響きを聞かせてくれます。短い音符と音符の間に残響がホールに広がっていくところがとても心地よい。
強弱の振幅が狭く、そのことがかえって演奏上の効果を生んでいるような不思議な演奏で、ロシア物と言うと、爆演が連想されがちですが、この演奏は、そのような演奏スタイルを真っ向から否定しているような演奏で、非常に美しいです。
爆演ではありませんが、オケは過不足無く、気持ちいい音で鳴っています。

二楽章、アンサンブルの精度が非常に高く、オケがこの演奏に集中しているのも感じ取れます。
ホルンのふくよかで豊かなソロ。ロシアのオケのような筋肉質のホルンではありません。とても格調高いソロです。
また、カラヤンの演奏のように編成を大きくしていないので、響きに透明感があります。
作為的なところが全くないので、最初に聴いたときには拍子抜けするかもしれませんが、これはすごい名演です。
ティンパニのクレッシェンドもオケを煽るような極端なクレッシェンドはしません。しかし、見事です。
愛情が満ち溢れた演奏で、音楽にどっぷりと浸ることができます。

三楽章、とても清廉な演奏で、グラマラスな部分もありませんが、作品に対する真摯な表現に心打たれます。

四楽章、本当に美しい音色のオケであることを再認識させてくれます。
ここでも、ティンパニはほとんどクレッシェンドしていないと言って良いほどです。まったく力まない金管。それでも自然に音楽は高揚して行きます。人工的な演出なしで、これだけ作品にのめり込める演奏は、そうあるものではありません。

巷では、このCDのことが話題にのぼることはありませんが、私はこれがベストです。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー/ロンドン交響楽団

icon★★★★★
一楽章、クラリネットのソロを支える弦が柔らかく厚みのある響きで美しい。
予想通り遠慮なく吹きまくる金管。さすが爆演の巨匠!
爆演とは言うものの、弱音部は美しいし、響きの透明感もあるし、なかなか良い演奏です。
聴いていて嬉しくなるほど、吹きまくる金管。弱音部でも十分歌うので、コテコテの印象は拭えないですが、でもロジェヴェンがやりたいことは、みんなやってみたいことなんだと思いますよ。
普通の人は理性がブレーキを掛けるので、ここまでしないだけで。
この演奏も生で聴けたら熱狂の嵐でしょう。
演奏は力ずくと言う感じはあります。もっと自然な流れで金管が入れば良いのですが、こちらが予想する以上の大きさで遠慮なく入ってくる金管には、下品さを感じる人もいるでしょう。

二楽章、ホルンのソロもふくよかな音色でとても美しいです。
金管は限界近い音量で吹かされているのではないだろうか?凄いです。

三楽章、他の演奏では聞こえなかったところで金管が入っていることを分からせてくれます。

四楽章、朗々と歌う弦。音楽の振幅が尋常でなく広い。でも、この演奏共感できるなぁ。
ハイティンクの演奏が禁欲的とも思えるほど無駄に力むことなくすばらしい音楽を作り上げましたが、俗人には、ロジェヴェンの演奏に流れ勝ちだと思います。
でも、そこにブレーキをかけずに、思ったままをやってしまうのが凄い。
チャイコフスキーの楽譜ってpが4つも5つもあるし、fだって5つも6つもあるわけだから、楽譜に従えばハイティンクの演奏にはならないはずで、この演奏の方が正論なのかもしれません。

説得力十分なすばらしい名演でした。

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、遅いテンポで暗闇に包まれたようなクラリネットの旋律。第一主題もすごく遅いテンポで、一歩一歩確かめながら歩くような、ともすればダレるぎりぎりのテンポです。嵐のような金管の強奏。遅いテンポで朗々と歌う弦。第一主題の再現はとても美しい。柔らかくしなやかで美しい弱音と、力強く鳴り響く金管の強奏が見事に対比されていて、すばらしい演奏です。コーダでテンポをかなり速めました。

二楽章、この楽章も遅いテンポで、序奏でも幅広い強弱の変化です。ホルンのソロも強弱の変化を付けて歌います。オーボエ、クラリネット、ファゴットと色彩の変化も鮮明です。弦の主要主題も柔らかく美しい。中間部に入る前はテンポが動きました。中間部に入ってからテンポを速めました。主要主題が戻るとまたテンポが遅くなりました。チェリダッケの演奏って、テンポが遅くなった分、音楽の密度も少し薄まっているように感じることがあります。これはオケの響きの透明感がそう感じさせる原因かも知れませんが・・・・・。

三楽章、とても穏やかなワルツです。中間部は生き生きとした表現の幅の広い演奏です。主部の主題が戻って、強い表現ではありませんが、節度のある表現です。最後も柔らかくゆったりと終りました。

四楽章、テンポが遅いのですが、アゴーギクを効かせたりして、濃厚な表現をしたりはしませんので、もたれるような演奏にはなりません。第一主題はガツガツと刻むようにしっかりと深い切り込みでした。木管の第二主題も透明感の高い音でとても滑らかでした。金管の「運命の動機」がデクレッシェンドします。再現部はテンポを速めました。全休符の前は緩急の変化が大きいです。コーダはトランペットが高らかに歌い上げます。

とても透明感の高い響きで、表現も押し付けがましくなく、ゆったりと穏やかな表現をベースにしていますが、いつの間にか音楽に身をゆだねているような演奏で、自然に引き込まれていました。

ヴァレリー・ゲルギエフ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 2008年ライヴ

ゲルギエフ★★★★★
一楽章、陰鬱な運命の動機。背景で動く弦の表現がとても大きく感情がこもっているようです。感情が込められて生き生きとした第一主題。刻み付けるように強い弦。第二主題も大きく歌います。ウィーンpoの濃厚な色彩を存分に生かした演奏です。金管も遠慮なく咆哮します。テンポも劇的に変化します。とても濃厚に音楽を聞かせてくれます。

二楽章、太くふくよかなホンルの第一主題。とても若々しく元気のある表現です。迫って来るように強く歌う弦の第一主題。中間部に入るとクラリネット、ファゴット、弦と波打つようにうねりながら次第に音楽が盛り上がります。運命の動機では強烈なトロンボーンの咆哮です。原色で彩られた強い色彩。テンポも動いて大きな表現の演奏です。長く尾を引くクラリネット。

三楽章、少しテンポは速いですが、ウィンナ・ワルツらように優雅に舞うような演奏です。中間部の弦の細かい刻みもキリッと立っています。この細かい弦の刻みに乗る主要主題ですが、刻みの表現がとても積極的です。

四楽章、テンポは速いですが、全身を包み込むように迫ってくる序奏。音楽の起伏がとても大きいです。第一主題は少しテンポが遅くなり、一音一音刻み付けるように強い演奏でした。いろんな音が豊かに聞こえてきます。バストロンボーンが豪快です。ウィーンpoは元々色彩感のあるオケですが、それでもこれだけ濃厚な原色の色彩を聞かせることはあまり無いと思います。コーダはとても力強い弦で始まりました。豪快に終わりました。

濃厚な表現と、原色の強い色彩感で彩られた強烈な演奏でした。元々色彩感のあるウィーンpoですが、これだけ濃厚で強烈な原色の色彩を引き出したゲルギエフも凄いと思いました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1983年ライヴ

カラヤン★★★★★
一楽章、大きなうねりを持って歌う運命の動機。深みがあり分厚い響きです。少し距離のあるところから響くような第一主題。とても美しく歌います。トランペットとトロンボーンは近く、ホルンはかなり奥まっていて、そこからの強奏が壮大なスケール感を生み出します。第二主題の前で大きくテンポを落としました。第二主題も美しく歌います。表現の限りを尽くして歌うような演奏です。ゆったりと優雅に歌う再現部の第一主題。滑らかで美しい演奏でした。

二楽章、厚みのある響きが押しては引いて行きます。ウィンナ・ホルンらしい柔らかい第一主題です。弱く始まって次第に伸びやかに盛り上がります。第二主題も細く美しい演奏です。ゆっくりと美しく歌う弦の第一主題、周りを彩るホルンやオーボエもとても美しいです。第二主題の盛り上がりも凄い厚みとエネルギーあります。中間部のクラリネットもウィーンのクラリネットらしい深みのある響きで大きく歌いました。盛り上がったところでの運命の動機はあまり力を入れずに軽めの演奏でした。続くピィツィカートはとてもゆっくり始まりました。粘っこい表現の部分もありました。

三楽章、生き生きと表情豊かな主要主題。色彩感も濃厚で色鮮やかです。中間部の表現もとても豊かです。堂に入る表現でとても整然としていて、自信に溢れています。テンポの動きも何となく納得させられます。

四楽章、熱く訴えてくる序奏。トランペットは控えめですが、背景のピィツィカートは積極的に鋭く刻み込んで来ます。猛烈に激しい第一主題。激しい演奏ですが、その激しさはロシアのものとは違いとても洗練されています。情熱的で熱い演奏です。スタジオ録音とは全く違うカラヤンの人間らしい演奏に感動します。僅かにテンポを速めて終わりました。

スタジオ録音とは違い、豊かに美しい歌に溢れた演奏で、人間らしい感情もこもった生き生きとした演奏で、激しさもありましたが、とても洗練された表現で非常に美しかったです。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ハンナ・チャン/カタール・フィルハーモニー管弦楽団 2014年プロムスライヴ

チャン★★★★★
一楽章、ゆっくりとしたテンポで染み入るような運命の動機。速いテンポで演奏される第一主題。一体感があって力強い響きのトゥッティです。訴えかけるような表現もなかなか良いです。ストレートに大きく歌い、感情の起伏の激しい演奏です。スピード感もります。中東の聞いたことの無いオケですが、かなり技術レベルは高いようです。感情のこもった強い表現と大きく大胆なテンポの動き。

二楽章、ゆったりと静かな序奏。柔らかく美しいホルンの第一主題。かなり強烈な運命の動機。強く感情をぶつけてくるような演奏です。凄く大きな振幅で、優しい弱音と強靭なトゥッティとの対比も見事です。

三楽章、繊細で美しい弦。テンポの動きも自然です。最後は大きくritしました。

四楽章、起伏のある運命の動機。物凄く速い第一主題。展開部も猛烈なスピードのまま進みます。聞きすすむうちにこのテンポはこれで良いのではないかと思うようになります。コーダはオケが一体になった強い盛り上がりでした。

かなり自由にテンポが動いて表現も自由で新鮮な演奏でした。聞いたことの無いオケでしたがなかなか充実した演奏と技量でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

レナード・バーンスタイン/ニューヨーク・フィルハーモニック

バーンスタイン★★★★★
一楽章、冒頭から遅く引きずるように重い運命の動機。とても濃厚な歌です。第一主題は普通のテンポです。サクサクと舞うように動く音楽。強弱の振幅も大きくとてもダイナミックです。金管もなかなか強烈です。テンポの動きもとても大きいです。普通のテンポと極端に遅い部分があります。再現部の第二主題もとても遅く深く感情のこもった濃厚な歌です。オケが一体になって迫ってくるような凄い迫力です。バーンスタインの気迫が乗り移っているような感じです。色彩もとても濃厚です。コーダに入り加速したと思ったら急にテンポが落ちて止まりそうになって終わりました。

二楽章、暗闇の中から迫って来てまた遠ざかりまた近づいてきてホルンのソロになります。ゆっくりと感情のままに自由に歌うホルン。マーラーと同じように完全にバーンスタインの世界です。第二主題もとても濃厚に歌います。物凄く遅いです。弦の第一主題も遅く、伸びやかに歌います。弦の第二主題もとても遅くこってりとこれでもかと言うほどに濃いです。中間部のクラリネットから少しテンポが速くなります。運命の動機に向かって速くなりますが、運命の動機でまた遅くなって一音一音刻み付けるような演奏です。テンポは感情の赴くままにとても良く動きます。二度目の運命の動機の強奏は速めのテンポでとても激しいものでした。コーダはまた止りそうな遅さです。

三楽章、少し遅い程度のテンポの主要主題です。 ファゴットが豊かに歌います。中間部の弦の細かい動きは静かな中にも背景にエネルギーを蓄えているような演奏です。コーダはまた止りそうなくらい遅いテンポで感情をこめた演奏になりました。

四楽章、強い感情のこもった運命の動機。トランペットが入ってから一時凄くテンポが遅くなりました。第一主題の前もとても遅いです。第一主題は逆に速いテンポでとても活発な動きの演奏です。テンポが頻繁に変わります。金管は激しく咆哮します。ゆっくりと踏みしめるようなコーダ。物凄い高揚感です。最後の四つの音もゆっくりと叩きつけるように演奏しました。

バーンスタインの感情の赴くままに大きくテンポが動く演奏でした。特に遅い部分の遅さは尋常ではありません。これだけ濃厚な演奏はロシアの指揮者とオケでもできないと思います。この演奏に付いていけない人もいると思いますが、好きな人にはたまらない演奏だと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ユーリ・テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団

テミルカーノフ★★★★★
一楽章、クラリネットに合わせて強弱の変化がある弦は溶け合って厚みのある響きです。奥まったところからキラキラと輝くようなトランペット。ムラヴィンスキー時代の強い響きとは違い柔らかくしなやかな響きです。第二主題はゆっくりと波打つような演奏でした。テンポの大きな動きもありますが、流れの良い演奏です。コーダでトランペットが突き抜けて演奏します。

二楽章、大きく豊かに歌うホルンが美しいです。第一主題が弦に移っても豊かな歌です。運命の動機に向けた木管はかなり速いテンポになります。運命の動機は少し落ち着いたテンポになりますが、荒れ狂うような金管の咆哮ではなく、とても抑制の効いた演奏です。波が押しては返すような自然な揺れと歌です。

三楽章、湧き上るように揺れる主要主題。とても豊かな音楽です。木管に主要主題が引き継がれるとテンポは速くなります。繊細で伸びやかな中間部の弦。深く克明に刻み付けるような演奏です。活発な動きの演奏でした。

四楽章、とても力強い運命の動機。大きなテンポの動きとともに演奏されるトランペット。速いテンポで刻み込まれる第一主題。とても大きく強い表現です。トランペットも伸びやかに美しく響いて来ます。怒涛のようなトッティ。ガリガリと力強いコーダ。トランペットが高らかに鳴り響きます。大きな勝利の歓喜を演出した演奏でした。

ムラヴィンスキー時代の凄みのあるアンサンブルの精度などは陰を潜めて、その分伸びやかで流れの良い演奏でした。豊かな歌と、刻み込むような深みのうる演奏。そしてコーダの勝利に溢れた演奏と、とても良い演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

エフゲニー・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団 東京ライヴ

スヴェトラーノフ★★★★★
一楽章、ゆっくりと感情のこもった運命の動機。響きも柔らかくまろやかです。たっぷりと間をとったり大きくふくらんだりします。速いテンポで弦の刻みが立っています。第一主題はとても敏感な反応の表現です。ダイナミックに鳴り響く金管のパワーはさすがです。色彩感もとても濃厚です。優しさと強さを併せ持つような第二主題。オケのエネルギーが突進してくるような迫力。畳み掛けるように次々と押し寄せてくる音楽。速めのテンポで有無を言わせずに突き進む演奏です。第二主題の再現は最初柔らかく穏やかですが、次第に力が増してきて強大な表現になります。物凄い気迫の演奏です。

二楽章、ゆっくりと静かですが、非常に深い序奏。ビブラートのかかったホルンのソロ。少し伸びやかさには欠けますが、ふくよかで美しいです。オーボエの第二主題は第一主題のホルンのふくよかさとは全く対局にあるような鋭利な響きで、色彩感の濃厚さを印象付けます。弦にーよる第二主題はゆっくりととても柔らかい演奏でした。このゆっくりとした時間の流れがとても心地良いです。大きく吠えるトランペットの運命の動機。優しい弦の第一主題。金管が吠えた後のこの柔らかさにも惹きつけられます。その後も激しい音楽の起伏があります。二度目の運命の動機はとても遅く、トロンボーンもトランペットもかなり激しく轟き渡るように吠えます。静かに大きく歌うクラリネットで終わりました。

三楽章、速いテンポですが、柔らかくサラッとした主要主題。ゲシュトップしたホルンが強く響きます。豊かに歌う演奏です。中間部も速いテンポで敏感に強弱の変化を付けています。とても活発に動いて生き生きとしています。

四楽章、伸び伸びと演奏される弦の運命の動機。最初は穏やかですが、次第に強烈になってくるトランペット。第一主題は凄く速いテンポでかなり激しい演奏です。嵐のような猛烈な金管や弦の演奏です。金管の咆哮は凄いです。コーダは少しテンポが落ちますが、金管の咆哮は続きます。勝利に溢れた高揚でした。

ゆっくりと感情のこもった表現から、強烈な金管の咆哮まで、物凄く振幅の大きな演奏でした。テンポの変化も手慣れたもので、まさに自家薬篭中といった感じでした。生で聞いた人はさぞかし感動したことでしょう。すさまじい演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生がきます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第5番2

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第5番名盤試聴記

小林 研一郎/日本フィルハーモニー交響楽団

小林★★★★☆
一楽章、非常にゆっくりと噛みしめるように丁寧な冒頭。かなり思い入れのある演奏のように感じます。
テンポの動きも大きいですが、わざとらしいところがなく自然に受け入れることができる音楽で、好感が持てます。日フィルも反応の良い演奏で応えています。これはすばらしい演奏になるような予感があります。

二楽章、僅かなビブラートをかけたホルンのソロも美しい。この楽章もテンポの動きが大きくて、劇的な表現で聴き手を圧倒します。

三楽章、集中力も高く、聴いていて飽きが来ない。

四楽章、音楽の高揚感がすばらしい。コバケンの熱い指揮が伝わる演奏です。
表現も積極的でオケと指揮者の一体感もありとても良い演奏だと思います。
この録音以後のCDも出ているので聴いて見たいと思いました。
小林研一郎がこんなに熱い音楽を演奏しているとはおもいませんでした。このホームページを作ったおかげで、いろんな演奏を聴くようになって、日本の演奏家の水準の高さに驚かされることが多く嬉しいことです。
これまで、欧米の演奏には及ばないと思っていた、私の認識は間違いだったことを思い知らされる演奏です。これが1995年の演奏なのですから、この録音から約15年経過している最新の演奏はどんなだろうと思いをめぐらせると、もっと日本の演奏家のCDをたくさん聴いて見たい衝動に駆られます。

すばらしい演奏でした。大満足!

エフゲニー・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団

スヴェトラーノフ★★★★☆
一楽章、非常にゆっくりと演奏される運命の動機。引きずるように重い演奏で、冒頭からスヴェトラーノフの世界です。波のように強弱を繰り返す第一主題。炸裂する金管。濃厚に歌う弦。第二主題も抑揚を繰り返します。凝縮されたような密度の高い音楽。再現部でも第一、第二主題ともとても豊かに歌います。ビリビリと遠慮なく響くトランペットがロシアのオケらしいです。

二楽章、ビブラートを掛けて歌うホルンの第一主題。弦による第一主題も豊かに歌います。弦の第二主題ではテンポを速めたり遅くなったりします。独特の強い響きのクラリネット。ロシアのオケらしい強力な運命の動機。激しい起伏のある演奏です。二度目の運命の動機の強奏は一回目よりもさらに強力でした。

三楽章、速いテンポで敏感な反応の演奏です。追い立てるようなテンポですが、表現は豊かです。もっと穏やかな音楽だと思っていましたが、かなり攻撃的です。

四楽章、とてもゆっくりと感情を込めて歌う運命の動機。かにり強く感情を吐露している感じです。遠くから響く鋭いホルンが独特の空気を生み出します。第一主題からは一転して猛烈な速さになります。嵐のような弦に荒れ狂うような金管。めまぐるしいテンポの変化と圧倒的な音量で迫ってくる演奏。力強いコーダ。コーダも物凄いテンポで駆け抜けます。

ゆっくりとする部分はとてもゆっくりで、テンポを速める部分は猛烈な速さになる、メリハリのある演奏でした。ロシアらしく、スヴェトラーノフらしい強烈で圧倒的な音量で迫ってくるトゥッティも凄かったです。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

マリス・ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団 2009年ライヴ

ヤンソンス★★★★☆
一楽章、歯切れの良いクラリネットの運命の動機。後ろで動く弦の振幅がとても大きいです。第一主題も振幅の大きな歌です。弦の盛り上がりに比べると金管は突出しません。とても濃密に歌う弦や木管が印象的ですが、金管のリズムを刻みながらのクレッシェンドなど、作為的な感じがする部分もあります。

二楽章、伸びやかに美しく歌うホルンの第一主題。オーボエの第二主題もとても豊かに歌います。弦に引き継がれる第一主題も大きく歌います。作品を余すところ無く表現している演奏です。クラリネットで演奏される新たな旋律も艶やかで伸びやかです。盛り上がる運命の動機は軽く演奏されます。ずっと一方的に攻め立てられているような感じで、穏やかに安らぐ部分がありません。最後のクラリネットも豊かに歌いました。

三楽章、まさにワルツで、踊るように動く音楽です。中間部へ向けてテンポが速くなります。速いテンポで活発な表現です。とても力強い演奏です。

四楽章、分厚く豪快に演奏される運命の動機。強弱の変化も大きくとても積極的な表現です。第一主題も攻撃的なくらい積極的に迫って来ます。金管も豪快に鳴り響きます。この演奏を聞くと、ヤンソンスがロシアで音楽を学んだことが思い出されます。細かい表情付けもありますが、とにかく豪快に金管が鳴り響きます。力強く勢いのあるコーダ。突然音量を落としてクレッシェンドする部分もありました。

ロシア出身の指揮者らしく豪快に金管を鳴らしたとても力強い演奏でした。また、表情もとても豊かで表現し尽くしたような演奏でもありましたが、作為的な音量の変化もあり少し違和感を感じる部分もありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

ホーレンシュタイン★★★★☆
一楽章、暗く尾を引くような運命の動機。金管の爆発は物凄いです。タメの後に強いアクセントで演奏する弦の表現がありました。奥深いところから湧き上るような強いエネルギーの放出を感じさせるような強烈な演奏です。遅いテンポで一音一音深く刻み込むように強い響き。さしてトロンボーンの咆哮。オケが一体になって表現してくる迫力も凄いです。コーダの盛り上がりも少しテンポを落として濃厚な表現です。

二楽章、何か吐き出すように歌う序奏。遠くから鳴るようなホルンの第一主題。締め付けられるようなオーボエの第二主題。少しザラつきはありますが、伸びやかに歌う弦の第一主題。まるでカデンツァのようにゆっくりと自由に歌うクラリネット。運命の動機ではトロンボーンがかなり強烈です。激しい弦第二主題、合間に響く金管も強いです。再び現れる運命の動機はやはりトロンボーンが物凄い咆哮です。最後のクラリネットもゆっくりとたっぷりとした歌でした。

三楽章、ザラツキ感のある弦ですが、訴えかけてくるように迫って来ます。集中力があって音に力があります。

四楽章、大きく強く訴えてくる序奏。ゆったりと大きな第一主題。ここでも金管はかなり強めです。木管も弦もとても良く歌いますが、緊張感があります。とても濃い表現と強烈な強弱の振幅です。コーダで高らかに演奏されるトランペットですが、華やかさは無く、厳しい緊張感があります。最後は一旦ゆっくりになって豪快に演奏されたトランペットとホルンの後は加速して終わりました。

物凄く激しい爆発と深みのある歌のある振幅の大きな演奏でした。演奏には緊張感や厳しさが漂っていて、華やかに勝利を手放しで喜ぶようなコーダではありませんでしたが、迫りくるような力強い演奏には説得力がありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

リッカルド・ムーティ/フィラデルフィア管弦楽団

ムーティ★★★★☆
一楽章、ゆっくりと、とても感情のを込めて大きく歌う運命の動機。第一主題もとても良く歌います。楽しそうな程の表現です。第二主題も豊かなカンタービレです。とても積極的な表現で、オケが前のめりになっているかと言うほどの演奏です。色彩感はあまり濃厚ではありませんが、豊かで伸びやかな響きです。テンポを大きく動かして意欲的な演奏です。

二楽章、大きく広がる序奏。ふくよかで柔らかいホルンのソロ。くっきりと浮かぶ第二主題。泉から水が湧き出るように豊かな弦の第一主題。中間部のクラリネットはアゴーギクを聞かせて歌います。スケールの大きい運命の動機。次の第一主題は速めのテンポで盛り上がりも大きいです。第二主題も大河の流れのようです。二回目の運命の動機はゆっくりとさらに大きなスケールの演奏でした。

三楽章、ふくよかで優雅なワルツの主要主題。スタジオ録音と言うこともあってとても柔らかく豊かな響きです。ファゴットの最初をゆっくりそのあと少しテンポを速めました。ゆっくり確実な中間部。テンポの動きも多く、なかなか積極的な演奏です。

四楽章、控えめな音量ですが、厚みのある運命の動機。フィラデルフィアoらしい余裕のあるトランペット。スピード感のある第一主題。活発に動く第二主題。高揚感のあるコーダの運命の動機。高らかに鳴らされるトランペット。

感情が込められて豊かなカンタービレの演奏でした。テンポの動きもあり大きなスケールで良い演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ルドルフ・ケンペ/バイエルン放送交響楽団 1975年ライヴ

ケンペ★★★★
一楽章、とても遅いテンポで物思いにふけるような運命の動機。マイルドな響きですが、感情のこもった第一主題。色彩は墨絵のようなモノトーンです。振幅の大きな演奏で、表現も積極的です。第一主題の再現もとても感情の込められた歌です。金管も激しく鳴らされるし、弦も木管も大きな表現です。

二楽章、序奏から感情のこもった大きな表現の演奏です。ちょっと詰まった感じのホルンの第一主題。豊かに伸び伸びと演奏される弦の第一主題。運命の動機の強奏はかなりテンポが速く軽く演奏されます。感情のこもった演奏が続いてきたのに、この運命の動機が軽くあっさりと演奏されたのはちょっと肩透かしの感じがします。コーダも豊かに歌います。

三楽章、柔らかく伸びやかに歌う主要主題。テンポの動きもありアゴーギクも効かせて豊かな表現の演奏です。

四楽章、ケンペの強い感情移入を感じさせる序奏。金管の枯れたモノトーンの響き。生き生きと活動的な第一主題。テンポが良く動き次第に熱気を帯びてきています。最後もテンポをかなり速めて終わりました。

深い感情移入で、テンポもとても良く動く演奏で、演奏も次第に熱気を帯びてなかなかの熱演でした。ただ、弱音部分では濃厚に歌う演奏が、強奏部分で凄くテンポが速くあっさりとなってしまうのが肩透かしと感じる部分もありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

フランツ・ウェルザー=メスト/グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団

ウェルザー=メスト★★★★
一楽章、陰鬱な運命の動機、引きずるような弦。ロシアの冬を連想させるようなとても暗い序奏です。速いテンポの第一主題ですが、ここでも重く暗い雰囲気が支配しています。室内楽のような第二主題。展開部の第一主題は大きい表現で、木管が音を短めに演奏します。盛り上がりは激しくなりますが、アンサンブルはとても良い精度です。

二楽章、抑揚はありますが、淡々とした序奏。少し浅いですが、美しいホルンのソロ。盛り上がった運命の動機はテンポが速くあっさりと演奏されます。ピィツィカートの後の弦の第一主題は伸びやかで美しい演奏でした。

三楽章、速いテンポで少し落ち着きの無い主要主題。オケのメンバーが若いのもあるのかも知れませんが、深みや一体感のある動きは感じません。中間部の弦の細かい動きは見事ですが、かなり速いテンポで慌ただしいです。

四楽章、速いテンポですが、細かく表情を付けられた序奏。激しく刻む第一主題。さらにテンポを速めながらかなり強いトゥッティです。感情を込めてエネルギーを発散します。ここまで抑えていたものを一気に放出するような物凄いパワー全開の演奏になりました。コーダの最後もアッチェレランドして一気に終わりました。

明らかに四楽章にピークを持ってきた演奏で、四楽章の猛烈なテンポとエネルギーの発散は凄いものがありました。ただ、そこまでの三つの楽章の密度が少し薄い感じがしました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

Yuval・ゾーン/エルサレム交響楽団

ゾーン★★★★
一楽章、独特のタメのある運命の動機。力強くキレの良い金管。割と明るくて見通しの良い演奏です。ねばっこく旋律を歌うことも無く、サラッとした表現です。編成は小さいですが、金管とティンパニが思い切り良く演奏するので、ダイナミックですが少し乱暴な感じがする部分もあります。速いテンポを基調にした明るい演奏でした。

二楽章、とても明るいのですが、深みの無いホルンのソロ。かなり大きな極端な表現もします。弦の第二主題は透明感があって美しいです。豪快に鳴り響くトランペットの運命の動機。

三楽章、速めのテンポで軽い主要主題。爽やかに刻まれる中間部の弦。この演奏にはロシアの重く暗い空気感はありません。とても軽やかで澄んだ演奏です。

四楽章、はっきりと明快な運命の動機。弦に比べるとかなり強い金管とティンパニ。明るいホルンがちょっと異様です。やはり軽い第一主題。ぐいぐいと速いテンポで、爽やかに力強く鳴り響く金管。コーダも爽やかで涼しげです。

金管は強く鳴り響きますが、全体の印象としては、速めのテンポでさらりと明るく爽やかな演奏と感じました。ロシアの重く暗い空気感は全く無く、聞いていてスッキリする演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第5番3

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第5番名盤試聴記

ウラディーミル・フェドセーエフ/モスクワ放送交響楽団 1991年フランクフルトライヴ

フェドセーエフ★★★☆
一楽章、クラリネットの後ろの弦が大きな抑揚で伴奏しています。クラリネットの運命の動機はそれほど暗くありません。少し速めのテンポの第一主題は感情を込めて歌います。弦のエネルギーがとても強いです。展開部の第一主題はゆっくりとしたテンポでさらにテンポも動いて豊かに歌います。遅いテンポを基調に、ロシアのオケの特徴の力で押し切るような演奏では無く、しなやかで洗練された演奏です。

二楽章、暗闇から静かに響いて来るような序奏。あまり大きな抑揚は無く静かです。ロシアのオケらしくビブラートをかけたホルン。そのビブラートも大きくは無く自然で美しいです。第二主題も自然で大きくは歌いません。ゆったりと穏やかな弦の第一主題。第二主題も静かで穏やかに始まります。運命の動機へ向かって急加速します。かなり大きなエネルギーです。第一主題の再現もとても美しいです。分厚い弦を突き抜けるように強く響く金管。

三楽章、速いテンポですが、優雅な主要主題。中間部の弦の細かい動きの精度も高いです。

四楽章、速めのテンポで最初はちょっと雑かな?と感じましたが、しっかりと身のある演奏になって行きます。強く刻み込まれる第一主題。第二主題は感情を込めて歌います。速いテンポでかなり高揚感のある演奏です。どんどんテンポを煽って激しさが増して行くと思ったら遅くなったりもします。コーダに入るとやはりトランペットが強烈に突き抜けて来ます。最後は猛烈なアッチェレランドで盛り上がって終わりました。

四楽章のコーダまではとても良い演奏でした。しなやかで洗練されていて、穏やかな表現もあるロシアらしさはあまり感じさせない演奏でしたが、四楽章のコーダから強烈に突き抜けるトランペットと猛烈なアッチェレランド。このアッチェレランドが曲の流れを壊したような感じがしました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★
一楽章、レニングラードpoはドイツ・オーストリアのオーケストラとは全く違う音色を持っています。
冒頭のクラリネットの陰鬱感の表現などレニングラードpoならではです。
また、ムラヴィンスキーの指揮はもう少し若い世代のロシアの指揮者の多くが爆演型なのに対してムラヴィンスキーの音楽は紳士的で格調が高いです。
この演奏では、少し速めのテンポで、あまり濃い表情付けはしていない感じもしますが、金管が入る部分ではクレッシェンドを多用します。

二楽章、この楽章にはもう少し安らぎのような安堵感を求めたいと私は思うのですが、ここでも厳しい雰囲気が続きます。
また、ホルンのソロも締まった音質でふくよかさには欠けます。クラリネットの低音域などもコ゜ムホースにマウスピースを付けて吹いているような音色で、どう考えても高級な楽器は使っていないような感じがします。
それでもこれだけ集中力の高い演奏をするのには驚かされます。

三楽章、この楽章も速めのテンポを取っています。快速です。もう少しゆったりと味わいがあっても良いような気がしますが・・・・・・。

四楽章、決して爆演ではありませんが、剛の演奏です。激しい。
チャイコフスキーの後期の交響曲のうち、この5番が一番優しい音楽だと思うのですが、ムラヴィンスキーの手にかかると、鬼の形相に変化してしまうと言ったら言い過ぎでしょうか。

豪快な演奏でした。

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 1983年3月19日(ステレオ)

icon★★★
一楽章、レニングラードpo独特の音色です。ガラガラと鳴るクラリネット、鋭いバイオリン、細く筋肉質のホルン。
速めのテンポであまり表情もなく音楽が進みます。表情の変化はあまりありませんが、終始厳しい表情のままと言った方が適当でしょう。
楽譜に指定のないクレッシェンド、それも一旦音量を落としてからのクレッシェンドがいくつかありました。

二楽章、ビブラートをかけて、ちょっと詰まったような音色のホルンです。もっと伸び伸びとした音色を求めたいところですが、これもレニングラードpoの伝統であり、代々受け継いでいってもらいたい個性です。

三楽章、

四楽章、この楽章も一楽章と同様に速いテンポです。
また、音楽のスピード感と言うか疾走感もムラヴィンスキーの演奏の特徴でもあると思いますし、魅力でもあると思います。

コーダへ向けての音楽の高揚感はすばらしいものがあります。

ロヴロ・フォン・マタチッチ/NHK交響楽団

マタチッチ★★★
一楽章、暗闇から響いてくるような運命の主題。きびきびとした動きで強弱の変化に敏感な第一主題。トゥッティの響きは少し薄い感じがします。揺れ動くように歌う第二主題。力強く前へ進む展開部の第一主題。コーダで一旦テンポが速まって、鋭いトランペットが響きます。

二楽章、伸びやかさが無く委縮したような響きのホルン。弦の第一主題はテンポも強弱も変化がありました。中間部に入るとテンポが速く激しい波が押し寄せて来ます。大きく盛り上がって、運命の主題は切れのある演奏でした。タメが無くどっしりとした演奏ではありません。

三楽章、柔らかく繊細な弦の主要主題。この楽章も速めのテンポで流れるような音楽です。くっきりと浮かび上がる弦と木管。

四楽章、小さくまとまった弦の序奏。トランペットはすっきりと鳴り響きます。第一主題も弦が弓をいっぱいに使ったわうな豪快さはありません。木管の第二主題はあまり表情がありませんでしたが、弦に主題が移るととても豊かな表情になりました。マタチッチらしい雄大なコーダ。

四楽章の中間あたりからはマタチッチらしい豪快で雄大な演奏でしたが、二楽章のホルンや四楽章の序奏の弦など、萎縮したような小さい演奏になっていたのが、不自然な感じがしました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

リッカルド・シャイー/ベルリン放送交響楽団 1983年ライヴ

シャイー★★★
一楽章、豊かな残響を伴っていますが、ドイツのクラリネットの響きとは少し違う感じがします。速めのテンポで明るい第一主題。割と色彩ははっきりとしています。自然に歌う第二主題。展開部に入ると推進力のある演奏になります。

二楽章、暗雲が立ち込めるような序奏。細く芯のあるホルンですが、伸びやかに歌います。弦による第一主題はホルンと違ってあっさりとしています。弦に現れる第二主題は速めのテンポであっさりと演奏されます。中間部のクラリネットも速いテンポです。その後も速いテンポを維持して、盛り上がった運命の動機は少しテンポを落としますが、かなり余裕のある響きです。続く弦の第一主題はゆっくりと歌いますが、次第にテンポが速くなります。コーダの前のクライマックスでは波がうねるように複雑に絡み合う楽器の動きがとても良かったです。

三楽章、テンポが速く流れるような主要主題。テンポの動きが少しありますが、基本的にはあっさりとした表現でとても爽やかに進んで行きます。

四楽章、ゆっくりと柔らかく穏やかな序奏。金管が入ってもテヌートぎみでなだらかな盛り上がりです。急に活発に動き出す第一主題。強奏部分でも荒げることは無く、とても美しい響きです。コーダも速いテンポですが、奥まったところから響くトランペットが大きな盛り上がりを妨げているように感じます。

基本的には速めのテンポで大きな表現や強弱の変化もあまり大きくない演奏で、あまり強い個性は感じませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

朝比奈 隆/大阪フィルハーモニー交響楽団

朝比奈★★☆
一楽章、いつものように遅めのテンポでじっくりと音楽が進んで行きます。スケールが大きく懐の深い音楽です。
ゆったりとしたテンポで朗々と歌われる音楽にも惹かれるものがあります。朝比奈が師事したメッテルもロシア人であり、指揮者として最初に演奏したのが、この曲です。
そういう意味では、朝比奈の十八番なのかもしれません。
しかし、この頃にはすでにブルッナー指揮者としての名声が確立しているし、ベートーヴェンの演奏でもすばらしいCDを残しています。
この演奏でも、チャイコフスキーの優雅さよりも、どっしりと構えた重厚な音楽になっています。

二楽章、ホルンの音色に深みがあまりなく、細い音なのが少し残念なところです。
朝比奈らしく無理やり金管を吹かせるようなこともなく、自然体で、音楽に身を任せることができる演奏です。

三楽章、

四楽章、伸びやかで豊かな響きが魅力的、ゆったりとしたテンポも豊かさを感じさせてくれるのだと思います。

ただ、自然体で作品に語らせるタイプの指揮者なので、他に語り口の上手い指揮者による演奏も多いだけに、この曲を面白く聴かせてくれるわけではないので、不満に感じる部分もあると思います。

アラン・ギルバート/ニューヨーク・フィルハーモニック

ギルバート★★☆
一楽章、あっさりとした運命の動機。さらりと歌う第一主題。交錯するような金管。第二主題も速いテンポであっさりとしています。金管はかなり強く咆哮します。奥まって響く弦とは対照的です。

二楽章、感情のこもった深い序奏。僅かにビブラートのかかった丁寧なホルンのソロ。生き生きとした表情の弦の第一主題。中間部のクラリネットはアゴーギクを効かせて歌います。ファゴットは少し遠いです。突然犬の鳴き声がします。野外コンサートのようです。運命の動機の強奏はゆったりとしていて、穏やかなトランペットとビリビリと響くトロンボーンが対照的です。運命の動機の後は速いテンポでどんどん進みます。二回目の運命の動機は速いテンポでした。

三楽章、野外コンサートでも集中力を保って良い演奏を続けています。中間部の弦の細かい動きはゲツゲツせずにソフトでした。繊細な表現の弦はなかなかです。微妙なテンポの動きもあります。

四楽章、サクッと歯切れの良い運命の動機。第一主題の前の金管はかなり強く演奏しました。穏やかで繊細な弦と奥まった木管、激しい金管とセクションによって性格の違う音楽を奏でているような感じです。コーダもマットで穏やかな弦に金管が襲い掛かるような激しさです。最後はテンポを速めて強烈な金管の演奏でした。

野外コンサートと言う事もあって、条件は悪かったのだと思いますが、それでも集中力を保った演奏でした。穏やかで繊細な弦と奥まった木管、激しい金管とセクションによって性格の違う音楽を奏でているような感じで、特に金管の激しさは少し違和感がありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★
一楽章、流れるような演奏なのですが、ハイティンクの演奏のような透明感には乏しいです。
これは、ベートーヴェンのときにも感じたことなのですが、カラヤンの演奏には厚みはあるのですが、透明感がないです。僅かに濁った厚みのある響きの上に旋律が乗っかるのですが、その旋律にも深みが感じられません。
今では廃盤になってしまっているハイティンクの演奏がいかにすばらしいか改めて感じることができました。音楽の透明感と深みはハイティンクの演奏の方が遥かに上です。

二楽章、カラヤンのチャイコフスキー支持者はたくさんいらっしゃると思っていますが、私にはチャイコフスキーの5番はハイティンクが不動のベストなのです。
他の演奏が安っぽく聞こえてしまう。
低音を僅かに先に演奏させるカラヤンの考えに従ってのピチカートですが、全然揃いません。まるでハープのようです。
私たちは、市場にある膨大な数のCDを全て聴くことはできません。だから評論家の「推薦」の文字を信じて盲目的にCDを買ってしまうわけですが、実際には、すばらしい演奏の一部が闇に葬られて行っているのも事実なのではないかと思います。

三楽章、突然大きな音で短い音を吹くホルンが滑稽です。世界最高のオーケストラと言われるベルリンpoの音がどうしてこんなに透明感がないのでしょうか。

四楽章、激しいティンパニのクレッシェンド。この演奏を聴くとチャイコフスキーの音楽が低俗なものに聞こえてしまいます。仕掛けや演出がなくても、すばらしい曲なのに・・・・・・。

ロリン・マゼール/クリーブランド管弦楽団

マゼール★★
一楽章、あまり大きな表情の無い運命の動機。ただ、響きは分厚いです。ザラッとした弦の刻みに乗って豊かに歌う第一主題。マルチマイクなのか、トロンボーンのタンギングがはっきりと分かります。弦も金管も明快に反応するパリッとした表現で細部までスッキリと見通せる演奏です。

二楽章、抑揚のある序奏。ふくよかで美しいホルンのソロ。第二主題もくっきりとしています。弦で演奏される第一主題は速めのテンポになります。近接したマイクポジションのおかげで、目の覚めるような新鮮な音になっています。クラリネットの旋律の前からテンポが落ちて、クラリネット、ファゴットととてもゆっくりとした演奏です。明るくシャープな響きの運命の動機。響きは原色の濃厚な響きですが、表現は意外とあっさりしています。

三楽章、シャープで生き生きとした主要主題。中間部の弦の細かい動きにもアクセントが付けられています。終わり近くで突然音量を落とすことが二度ありました。

四楽章、後ろで動く弦が活発な序奏。ティンパニは僅かなクレッシェンドでした。落ち着いた第一主題。金管の運命の動機はゆっくりと穏やかに演奏されます。その後急にテンポが速くなります。めまぐるしいテンポの変化であまり落ち着きがありません。コーダの運命の動機もとても速く軽い表現で、大きな盛り上がりはありませんでした。

マルチマイクで、細部まで見通せる明晰な演奏でしたが、突然の音量の変化やテンポのめまぐるしい変化に付いて行けませんでした。最後の運命の動機の速いテンポでの軽い表現も肩透かしでちょっとがっかりな演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

イーゴリ・マルケヴィチ/ロンドン交響楽団

マルケヴィチ★★
一楽章、速めのテンポであっさりと演奏するのかと思ったら、大きな間を取ったりもします。とても暗い響きです。第一主題は鋭いリズムのキレのある歌です。トロンボーンなどはかなり吹きますが意外と軽いトゥッティです。テンポは速く、金管がオンマイクでかなりデッドで奥行き感がありません。テンポが速い分、リズムの乗りはとても良くリズムに合わせて音楽が抑揚します。コーダもとても速いです。

二楽章、サラッと流れていくようですが、かなりの抑揚があります。太く柔らかいホルンのソロ。前へ進む力の強い第二主題。弦だけの盛り上がりもかなり大きいです。透明感の高い中間部のクラリネット。かなり強い運命の動機ですが、やはりオンマイクでデッドなので、金管の響きが浅く余韻がほとんどありません。積極的な表現のトランペット。二度目の運命の動機も強烈に響くトロンボーン。

三楽章、速いテンポでセカセカした主要主題。ファゴットもとても速いです。中間部は凄いスピード感です。

四楽章、あまり厚みが無く軽い運命の動機。この楽章も速いテンポです。響きが浅く軽い演奏です。第一主題はやはり金管が激しいです。ティンパニも残響をあまり伴っていないので、トントンと軽く響きます。ゆっくりと噛みしめるようなコーダ。金管の短い音が凄く短く違和感があります。最後はテンポを速めて終わりました。

基本的に速いテンポでリズムの乗りの良い演奏でしたが、金管がかなりのオンマイクで余韻も無く軽く浅い響きに支配されていました。速いテンポも影響しているのかも知れませんが、深みの無い演奏であまり共感できませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団

クレンペラー★★
一楽章、静かに始まった運命の動機ですが、急に強くなり音色も変化して行くクラリネット。ほとんど感情を込めずに演奏される第一主題。それでも金管はかなり激しく演奏します。第二主題も速いテンポで素っ気無い演奏です。トロンボーンなどはかなり激しく強奏して迫って来ます。引き締まって豊かな表情の部分もあります。私は、クレンペラーと言う人がよく分かりません。全く感情を込めずに脱力したような演奏があったかと思うと、凄く力感溢れる演奏があったり、何が実像なのかつかめないのです。

二楽章、箒で掃くようにさらっとした序奏。非常に豊かな表情のホルンのソロ。くっきりとしたオーボエの第二主題。芳醇な弦の第一主題。壮大な運命の動機。最後はたっぷりと歌う、クラリネットでした。

三楽章、生き生きと爽やかな主要主題。中間部はシャープに動く弦。

四楽章、かなり強めで堂々とした運命の動機。大きな表現の第一主題。ゆったりとしていて雄大です。テンポも遅く重い金管。頑として動かないテンポで音楽の間が持たない感じを受ける部分もあります。コーダに入った後に僅かにテンポが速くなりましたが、最後はまた元のテンポで重く終わりました。

楽章が進むにつれて音楽が重くなってきて、最後は勝利の喜びとは違う空気でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ミハイル・プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団

プレトニョフ★☆
一楽章、ニュートラルでストレートなクラリネットの運命の動機。あまり暗さはありません。適度な歌でテンポも中庸な第一主題。金管は凄く控えめです。金管が控えめだったのは最初だけで、その後は普通のバランスで適度に響いています。特に目立った表現も無く中庸の演奏です。

二楽章、控えめですが、残響を伴って緩やかなビブラートで美しいホルンのソロ。前面で演奏される弦の第一主題と奥まったところで響くホルンの対比が美しいです。運命の動機の強奏は速いテンポで金管が強く響きます。その後は速いテンポで進みます。ロシアのオケらしいドギツイ強烈さは無く、すっきりと爽やかな響きのオケです。

三楽章、テンポの動きはほとんどありません。中間部は繊細な弦の動きが美しいです。

四楽章、かなりたっぷりと演奏される運命の動機。徐々にクレッシェンドするトランペット。かなり速い第一主題は切り込むように鋭く食い込んで来ます。大きな仕掛けなどは無く、楽譜に忠実な演奏です。その分個性はありません。また、響きにも極上の美しさが無いので、ちょっと厳しい感じがします。朗々と歌うコーダのトランペット。

強い個性や主張は感じられない演奏でした。楽譜を忠実に音にする演奏だったと思います。響きに極上の美しさが感じられなかったので、この演奏に惹きつけられることはありませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団

ヤルヴィ
一楽章、黒い雲が空を覆い尽くすような暗い運命の動機。薄いカーテンの向こうから響いて来るような第一主題。金管はそれなりに鳴りますが、あまりスケールの大きな演奏ではありません。大きく音量を変化させて歌う第二主題。力みがあるのか、トゥッティは少し硬直した響きに感じます。ファゴットの第一主題は哀愁に満ちた美しいものでした。

二楽章、詰まったようなホルン。凄く小さく委縮したようなソロです。弦の第一主題も伸びやかさがあまりありません。中間部のクラリネットはゆっくりとしかも大きくアゴーギクを効かせて歌いました。運命の動機はテンポを落として大きな表現でした。どうも強奏で音が硬くなる感じがして伸びやかな響きになりません。

三楽章、何かぶっきらぼうな主要主題。しなやかさや柔らかさが感じられません。テンポの動きもありますが、浅い演奏に感じます。

四楽章、あまり鳴りが良くなく思い切りの悪い感じがする運命の動機。遠くから響いてくるようなトランペット。かなり速いテンポの第一主題。金管の鳴りもあまり良くない感じで響きが重いです。コーダも委縮しているように伸びやかさがありません。最後も勝利の歓びなどはあまり感じることが出来ない硬い演奏でした。

あまりに委縮した伸びやかさの無いスケールの小さい音楽でした。この演奏に関してはパパ・ヤルヴィどうしたんだろう?と言う演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

Ilya Stupel/リヴィウフィルハーモニー管弦楽団

Stupel
ウクライナ最古のオーケストラの一つだそうです。

一楽章、重く暗い空気は無く、軽くサラッとした運命の動機。明るく俊敏な反応で歌う第一主題。金管は控えめで、ビリビリとは響きません。第二主題は、響きに透明感が無く、きつい響きになることがありますし音程が合わず響きが濁ることもあります。トランペットはほとんど聞こえて来ません。ほとんどインテンポで間延びした部分もありましたが、コーダで一時テンポを速めました。

二楽章、僅かな抑揚しか無い序奏。ビブラートのかかった細く締まったホルンのソロ。この楽章はテンポの動きもありますが、表現はあまり積極的ではありません。中間部のクラリネットはとても速いテンポです。運命の動機でも他の音にかき消されてしまうトランペット。続く第一主題はやはり抑制的で、あまり歌いません。最後のクラリネットもほとんど歌わずあっさりと終わりました。

三楽章、とても速いテンポで素っ気ない主要主題。中間部の弦の刻みは表情があって迫って来るようなエネルギーがありました。

四楽章、トランペットだけ反響板の後ろからでも演奏しているように音が出て来ません。激しいティンパニのクレッシェンドに合わせて激しく演奏される第一主題。テンポは動くのですが、テンポを落とした部分の間が悪い感じで間延びしてしまいます。トロンボーンは突出するような場面が多くあります。コーダはかなり速いテンポで演奏にムラがあるような感じがします。最後はトランペットもしっかりと出て来て荒々しく終わりました。

テンポの動きや表現が独特で、違う曲を聞いているような感覚になりました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ベスト盤アンケート

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」名盤試聴記

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、冒頭から表現が濃厚です。カラヤンのねちっこさが「悲愴」にはピッタリなようです。
また、色使いが鮮やかでとてもカラフルな音楽です。アバドの演奏で感じた上滑りもなく、オケが全体で一つの音楽を演奏しています。また、オケが艶やかでとても美しい。
起伏も大きく、表現力豊かです。
ブラスセクションの鳴りも抜群!豪華絢爛です。この豪華なサウンドが華美と取られる場合もあるのでしょう。
しかし、この「悲愴」の演奏に関しては、全く文句がありません。むせび泣くようなトロンボーン。絶妙な音色で盛り上げるティンパニ。すばらしい名人芸のオンパレードです。

二楽章、5拍子の揺れが心地よい演奏です。オケ全体が同じ揺れを感じながら演奏しているのが、よく分かります。饒舌な語り口。人工的な演出だと言われれば、そうかも知れません。
でも、それを狙ってできるカラヤンとベルリンpoはさすがに凄いと言わざるを得ません。

三楽章、かなり快速に進みます。やはり音楽に前へ行こうとする力があります。ティンパニの音色感にも感服します。ベルリンpo全開のパワーも凄い。文句なし!

四楽章、三楽章から一転して泣きが入ります。内面から沸き起こってくる悲しみが表出されていて、一緒に沈んで行けます。そしてさらに深い悲しみへと・・・・・・。
すばらしい演奏でした。アンチカラヤンの人にとっては、この華美な部分が耐えられないのかもしれませんが、この表現力はさすがとしか言いようがありません。
個人的には、この後録音したウィーンpoとの録音よりも、こちらの演奏が好きです。
また、オケの機能としては同等のレベルのシカゴsoを指揮して凡演の限りを尽くしたアバドはいったい何たったんだろう。

イゴール・マルケヴィチ/NHK交響楽団

icon★★★★★
一楽章、太いファゴットの音、遅いテンポで注意深く音楽が進んで行きます。
凄い緊張感のある演奏です。NHKホールの残響が少ないせいもあると思いますが、輪郭のくっきりしたシャープな演奏になっています。
一つ一つの楽器も生き生きとしています。また、この遅いテンポでも緊張感を切らさずに演奏が続いています。
この頃になるとN響の金管もすごく上手くなっています。すばらしい響きと激しさを表現しています。
凄い!金管の咆哮!
すばらしい一楽章でした。マルケヴィチ恐るべし!

二楽章、一転してサラリとした演奏です。最後もものすごく遅いテンポになりました。

三楽章、この楽章も遅めのテンポの部類だと思います。N響大熱演です。

四楽章、弦楽器の繊細な音色が美しいです。起伏の非常に激しい演奏です。
こんなに凄い「悲愴」が日本で演奏されていたとは・・・・・・!

ネロ・サンティ/NHK交響楽団

icon★★★★★
一楽章、柔らかいファゴットです。同じN響でもマルケヴッチの時とはかなり違う音がしています。
ふくよかでしなやかな音楽です。金管の強奏でも非常に美しい音がしています。
自然な歌があって、響きがふくよかですごく癒し系の演奏のような感じがします。音、一つ一つの扱いがとても丁寧です。ものすごく分厚い低音の上に音楽が乗っているので、安定感抜群です。
金管の咆哮があっても、必ず下で支えている楽器の方がバランス的に上回っているので、常に暖かみのあるサウンドで音楽が作られています。これが徹底されているところがすばらしい!
これだけ骨格のしっかりした音楽作りをするイタリア人指揮者は稀なのではないかと思います。とにかく音楽が豊かです。

二楽章、この楽章も非常に豊かな響きがしています。音楽を聴くという至福の時を感じさせてくれる演奏です。
こんなに豊かな音楽を持っている人が、どうして世界のトップオケを指揮する機会に恵まれないんだろうと不思議に思うくらい、すばらしい演奏です。

三楽章、リズムの切れもとても良いです。チャイコフスキーからイメージする寒色系の響きではありませんが、これはこれで良いと納得できる演奏です。
N響ってこんなにも上手くなっているんですね。音の洪水のような次から次から音楽が噴出してくるようです。

四楽章、強烈なティンパニの一撃がありました。うわぁ~!とにかく凄いとしか言いようが無い。銅鑼の音も良かったなあ。すばらしい演奏でした。
次は是非このサンティにN響の音楽監督になってもらいたいものです。

朝比奈 隆/大阪フィルハーモニー交響楽団

朝比奈★★★★★
一楽章、豊かなファゴットの音から始まりました。残響が豊かに収録されています。スタジオ録音ではないかと錯覚するくらい綺麗な音がしています。
ふくよかな響きです。音楽はゆっくり進みます。演奏の集中力も高く音楽の起伏も大きい演奏です。
いろんな楽器が交錯する絶叫部分も凄くパワフル。なかなかの熱演です。これだけ燃え上がる朝比奈の演奏ははじめて耳にするかもしれません。
ベートーヴェンで見せる姿とは違う強いエネルギーの爆発があります。
弦楽器も大きなうねりとなって押し寄せてくるような感覚になります。

二楽章、艶やかで艶めかしい音楽です。情感を込めた音楽が迫り来るような実に生き生きとした演奏でしょう。

三楽章、ゆっくりしています。とのパートも表現が積極的で、生き物のように生き生きした音楽になっています。録り方もあるのだと思いますが、どの楽器も張りのある明るい音がしています。
終盤に来て少しテンポが速くなりました。とても若々しく熱気の溢れる演奏です。

四楽章、深遠の淵へ落ちて行くようなファゴットもとても情感溢れる演奏でした。このCDは20年ぐらい前に聞いて、そのときは全く感動しなかったのに、久しぶりに聴いてみて、全く違う気持ちになりました。感動です。すばらしいです。
やはり、同じ演奏を同じ人間が聴いても、歳月を重ねると全く違う感想を持つものなんですね。
あの時には、内面から溢れ出る音楽を感じ取ることができなかったんでしょう。

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

>icon★★★★★
一楽章、黒い曇天の中にファゴットの序奏が沈み込むように響きます。透明感の高い弦と鮮明な色彩の木管。繊細な第一主題がゆっくりとしたテンポで示されます。弱く羽毛に触れるような肌触りの繊細な弦の旋律の第二主題。とてもゆったりと朗々と歌います。第二主題部の中間部もゆったりとしたテンポで、木管をくっきりと浮かび上がらせて歌う演奏です。間もたっぷりと取ります。第二主題部の主部がもどり再び繊細な弦が大きく歌います。凄い遅さで普通の指揮者がこのテンポで演奏したら耐えられないかも知れませんが、チェリビダッケの演奏は透明感があり、押し寄せる波や大きな歌もあるので聴き続けることができます。展開部も全開と言うほどの強奏ではありませんが、スケールの大きな広大な空間を連想させる演奏です。再現部に入ってから強弱のデフォルメがありテンポも速めました。トロンボーンの嘆きは他の金管やティンパニも含めてまるで戦闘機の空中戦のような強烈さでした。天に昇るようなロ長調の第二主題。クラリネットは凄い弱音からクレッシェンドして第二主題を歌います。弦のピツィカートに乗って歌うトランペットが柔らかく響きます。

二楽章、一般的な演奏より若干遅いかなと言う程度のテンポです。この楽章でも豊かに歌います。中間部もテンポを維持して進みます。主部よりも沈み込む音楽ですが、淡々と進んで行きます。主部が戻り薄明かりが差すような音楽です。チェリビダッケは間を空けて流れを止めるるようなことはせずに一気にこの楽章を進めて行きます。

三楽章、この楽章もゆっくりとしたテンポで弦の優しい響きが印象的です。前半は大騒ぎすることなく穏やかに進みます。ティンパニのロールも穏やかで、荒れ狂うような強打はしません。次第に強くなる金管ですが、しっかりとコントロールが効いていて、安定しています。シンバルも奥まったところから美しく響いてきました。クライマックスも美しい響きでした。

四楽章、暗闇の中から響いてくるような主題が大きなうねりになって、また静まって行きます。ゆっくりと深みに落ちて行くようなファゴット。凄く感情が込められた、まさに悲愴です。このゆっくりとしたテンポに込められた音楽の深みを何と説明すれば良いのでしょう。クライマックスから音量を落としながらテンポも落としました。また、次第に暗闇の中に消えて行きました。

非常にスケールが大きく、透明感も高く、深淵な演奏でした。

ヴァレリー・ゲルギエフ/マリインスキー劇場管弦楽団

ゲルギエフ★★★★★
一楽章、暗く重く沈みこむ序奏。しっかりと鳴って力強い第一主題。リズムの刻みも明快です。また、原色の濃厚な色彩もとても強いです。残響を伴って遠くから響くトランペット。ゆっくりとたっぷりとうねるように歌う第二主題の第一句。展開部の前もものすごく遅いです。展開部は激しいですが、低域が薄く厚みのある響きではありません。表現は思い切った強弱の変化などもありなかなかキレの良い演奏です。生き生きと豊かな表情で動くオケは見事です。トロンボーンの嘆きもすごくゆっくりと、そして強烈に演奏されます。コーダもゆっくりと心を込めた歌でとても美しいです。

二楽章、とても大きな表現で揺れ動きます。一楽章からは一転して速いテンポです。少し暗く沈むトリオですが、やはりテンポは速めで悲しみを振り切るように進みます。

三楽章、この楽章も速いテンポでメリハリのある表現で活発に動きます。とても有機的に動く弦と木管。オケのパワーが炸裂するような咆哮はありませんが、冷静に整ったアンサンブルです。

四楽章、たっぷりとしたタメがあってグッと迫って来る第一主題。ファゴットが太い音で悲しみに沈んで行きます。テンポの動きもとても大きいです。激しい部分はかなり激しく演奏しています。ドラが鳴ってからトロンボーンが大きく歌います。波が寄せては引きながら静かに終わります。

とても濃厚な色彩と歌で、思い切った強弱の変化のある表現でキレもありました。悲しみに沈んでゆく四楽章も素晴らしかったです。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

レナード・バーンスタイン/ニューヨーク・フィルハーモニック

バーンスタイン★★★★★
一楽章、ゆっくりとねっとりとした序奏。凄く遅い第一主題。しばらくすると少しテンポが速くなりますが、それでも普通の演奏に比べると遅いです。トランペットが濃厚な色彩で入って来ます。広々とした第二主題第一句。これもとても遅いです。バーンスタインの感情に従ってテンポが動いています。再現部はその前の弱音から大きなダイナミックレンジで爆発します。トロンボーンの嘆きは突き抜けるように浮き上がって強烈に叫びます。美しいコーダのトランペット。続く木管も尾を引くように音がたなびいて行きます。

二楽章、この楽章は特に遅いことはありません。とても良く歌う主要主題。ライヴ録音ですが、とても美しい響きです。中間部は大きく暗転せずに正確に進んで行きます。

三楽章、どっしりと落ち着いたテンポです。とても静かに進みます。金管が入っても余裕のある美しい響きです。ティンパニのロールや金管の強い色彩が空気を変えます。大太鼓のロールが入った後は堂々とした行進です。

四楽章、確かに遅いですが、そんなに遅いとは感じさせない第一主題。一音一音をとてもしっかりと聞かせてくれます。悲しみを誘うファゴット。第二主題もゆっくりと感情を込めて演奏します。テンポも大きく動きます。この遅いテンポはバーンスタインにとっては必然だったのでしょう。この世との惜別の表現にはこのテンポでなければ表現できなかったのだと思います。聞いていてこちらも目頭が熱くなります。ドラが入る前は壮絶な演奏になります。ドラはこの演奏にはこの音しか無いというような絶妙な響きでした。力が尽きるように次第に弱くなって終わりました。

ゆっくりと濃厚な表現で色彩もとても豊かでした。バーンスタインの感情を包み隠さず吐露した演奏でした。でも金管が咆哮することは無く、ライヴでありながら非常に美しい響きの素晴らしい演奏でした。遅いテンポの四楽章はこの世との別れを惜しむバーンスタインが一音一音に必然性を込めたような表現でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

小澤 征爾/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2008年ベルリンフィルハーモニーホールライヴ

小澤★★★★★
一楽章、アゴーギクを効かせて歌う序奏。ゆっくりと噛みしめるような第一主題。分厚い響きでは無く、サラッとしたあっさりした響きです。とても繊細で微妙な表現を聞かせています。第二主題の第二句は伸びやかに歌います。ゆったりとした展開部。突き抜けて吠えるトランペット。トロンボーンの嘆きも叫ぶように強く演奏されます。澄んで美しいコーダ。

二楽章、チャーミングに揺れ動く主要主題。オケが一体になって高い集中力で訴えかけてくる中間部。濃厚ではなくサラサラとした透明感のある美しさです。

三楽章、とても繊細な弦。ゆったりとしていてデリケートな表現です。金管が吠えることは無く、常に美しい演奏です。

四楽章、深く感情のこもった第一主題。シルキーでとても繊細で美しい第二主題。悲しみに沈みこんで行くようなコーダではありませんでしたが、ライヴでこれだけ美しい演奏を聞かせてくれるは珍しいのではないかと思います。

繊細で、シルキーで非常に美しい演奏でした。この演奏を聞くと海外での小澤の評価が高いのが分かるような気がしました。小澤の美学を貫き通した素晴らしい演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

サー・ゲオルグ・ショルティ/バイエルン放送交響楽団

ショルティ★★★★★
一楽章、柔らかい音で歌うファゴット。速めのテンポでくっきりと力強い第一主題。メリハリがはっきりしていて切れ味鋭く、色彩感も豊かな演奏です。独特なうねりがあるような第二主題第一句。第二句あたりからテンポが速くなります。展開部の直前は楽譜通りバスクラリネットでは無くファゴットです。激しく動く展開部。金管も強く入ります。オケのアンサンブルは見事です。シカゴsoとの演奏のように金管が強いです。トロンボーンの嘆きもテンポは速いですが、かなり強く吹かれます。第二主題の再現も起伏の激しい表現です。

二楽章、俊敏で賑やかな主要主題。ショルティのボクシングのような指揮にオケが良く反応しています。中間部は一見淡々としているようですが、沈んだ表現もキッチリとしています。

三楽章、大きな躍動感のある演奏です。それぞれの楽器キリッと立っていて精度の高い演奏です。表現も厳しく動きます。とても明快に鳴り響く演奏がとても心地良く感じます。バイエルン放送soがシカコsoのような筋肉質の響きになっています。

四楽章、動きのある第一主題と静かに止まったような第二主題の対比が見事です。コーダの前も金管がかなり強く演奏します。

悲しみに暮れるような表現はありませんでしたが、オケを見事にドライブした筋肉質の演奏は、生き生きとした躍動感に満ちたもので、とても聞き応えがありました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

マリス・ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ヤンソンス★★★★★
一楽章、繊細で優しい第一主題。鋭く鳴り響くトランペット。途中でグッと音量を落とす第二主題第一句。豊かに歌う第二句。厚みがあって深い響きの展開部。どっしりしていて激しさはありませんが、トランペットが入ると強烈に激しさが高まります。トロンボーンの嘆きに向けて次第に激しくなって来ます。トロンボーンの嘆きはゆっくりとしたテンポであまり激しく咆哮しません。とても良く歌うコーダ。

二楽章、溶け合ったマイルドな響きで美しい主要主題。悲しみを吐露するように迫って来る中間部。それでも響きは包まれているようにマイルドです。NHKホールでのライヴのようですが、音響条件の悪さをカバーして美しい響きの演奏です。

三楽章、どっしりと落ち着いたテンポです。ホルンが強く豊かな表現をします。弱音では繊細な動きをする弦。大太鼓のロールが入る前で突然音量を落としてクレッシェンドしました。見事に鳴るシンバル。最後のシンバルの前でも音量を落としてクレッシェンドしました。

四楽章、シルキーでとても繊細な第一主題。すごく静かで柔らかくここでも非常に繊細な第二主題。コーダも非常に美しい。ヤンソンスの表現は大きな表現はありませんが、内面から湧き上るような表現でとてもしぜんでした。

非常に美しく充実した演奏でした。ライヴでこれほど繊細な響きを聞かせてくれるオケは滅多に無いでしょう。しかも音響効果としては不利なNHKホールでこれだけ美しい演奏をしたことは驚きです。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

エフゲニー・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団

スヴェトラーノフ★★★★★
一楽章、太いファゴット。大きく歌う弦。濃厚な色彩感です。ゆったりとしたテンポの中にも動きのある第一主題。尾を引くようにねっとりとした第二主題第一句。轟音を鳴り響かせる展開部の弦。トランペットも激しく咆哮します。凄く速いテンポで煽り立てます。トロンボーンの嘆きも遠慮なく咆哮します。このあたりはさすがスヴェトラーノフと言ったところか。コーダのトランペットもねっとりとしています。

二楽章、濃厚に歌う主要主題。速めのテンポでぐいぐいと進んで行きます。中間部も速めのテンポですが、ここでも濃厚な表現は変わりません。

三楽章、気持ちよく鳴り響く金管ですが、しっかりと統制は取れています。

四楽章、ゆっくりと感情を込めた第一主題。柔らかく微妙な表現の第二主題。オケが一体になって湧き上るような凄みのある響き。うねるようなコーダ。悲しみにのた打ち回るような感じの表現です。

ねっとりとした濃厚な表現と濃厚な色彩の演奏でした。低域の解像度が低いからそう聞こえるのかも知れませんが、オケが一体になって、のた打ち回るような悲しみの表現のコーダはなかなか見事でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

アンドリス・ネルソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ネルソンス★★★★★
一楽章、感情を込めて豊かに歌う序奏。柔らかく美しい第一主題。ロシアの寒さを感じさせる響きです。トランペットは柔らかく輝かしい響きですが、かなり余裕を残した演奏です。ゆったりとした第二主題第一句。明るく日が差すような第二句。柔らかく厚みのある展開部。トロンボーンの嘆きは音量を抑えていますが、悲しみは十分に伝わってきます。厚みのある柔らかい響きはとても美しいです。ゆっくりと豊かに歌うコーダのトランペットとフルート。

二楽章、速めのテンポで活動的な主要主題。テンポも動いてとても明るい演奏です。切々と歌う中間部。ティーレマンの演奏と同じようにティンパニが大きくクレッシェンドします。柔らかく豊かな響きはとても心地良いものです。

三楽章、柔らかくありながら繊細な演奏です。音が荒れることは全くありません。大太鼓のロールが入る部分も分厚くどっしりとした堂々とした王者の風格のような演奏です。

四楽章、悲愴感が十分に伝わる第一主題。第二主題も悲しみでうつろになって行く感情を上手く表現しています。重い響きのドラ。波が押し寄せては引いていくようなコーダ。

柔らかく美しい響きで、分厚くどっしりとしたトゥッティの安定感のある演奏でした。悲しみの表現も十分で感情の込められた演奏は素晴らしかったです。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン/ロンドン交響楽団

ホーレンシュタイン★★★★★
一楽章、ゆっくりと感情を込めて歌う序奏。硬質で濃厚な色彩です。重いコントラバス。明快な第二主題第二句。引きずるような粘りの展開部。一音一音がとても重いです。強烈に咆哮するトランペット。テンポの動きも迫って来るような迫力です。トロンボーンの嘆きもかなり強烈ですし、その前にトランペットのクレッシェンドも凄いものでした。

二楽章、ゴツゴツとした肌触りの主要主題。変化を克明に表現しています。速いテンポであっさりとした表現の中間部。主部が戻るととても生き生きとした表現です。

三楽章、一つ一つの音にとても力があります。とても積極的で、それぞれの楽器が強く主張します。物凄いエネルギーです。

四楽章、深く感情を込めた感じはありませんが、悲しみがにじみ出てくるような感じです。第二主題も明快に鳴ります。叩きつけるような激しい演奏。ゴーンと響くドラ。崩れ落ちるようなコーダ。

とても音に力があって、濃厚な色彩と硬質な響きで振幅の非常に大きな演奏でした。深く感情を込めるような表現ではありませんでしたが、作品から自然ににじみ出る悲しみが上手く表現されていました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」2

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」名盤試聴記

ロヴロ・フォン・マタチッチ/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、多少ヒスノイズがありますが、気になるほどではありません。ビブラートのかかったファゴット。太い音のフルート。木管楽器の積極的な表現がなかなか良いです。
クラリネットの細かい音のタンギングがベタッとしていてちょっと聞き苦しい感じがありました。
マタチッチの音楽は筋肉質で男性的で豪快です。音楽にスピード感があって爽快です。カラヤンのようなちょっと過剰かなと思わせるような演出もありません。
男らしく正面突破の潔さが魅力です。

二楽章、速めのテンポで軽快です。軽快なテンポで豊かに歌われる音楽はとても魅力的です。

三楽章、はずむようなリズムで元気の良い演奏です。音楽がストレートで常に直球勝負のような潔さがマタチッチの魅力だと思います。
この楽章も音楽をこねくり回すようなことは一切無く、気持ちいいくらいの直球勝負です。

四楽章、内面の高まりをストレートに伝えてくる音楽で、共感もしやすい演奏だと思います。
カラヤンの演奏が、いろんな小技をちりばめて聴き手を落とす仕掛けを随所にしている音楽だとすると、マタチッチの音楽は仕掛けなど一切無く最後まで聴いた時に何を感じるかに賭けているような演奏だと思います。
とても誠実な音楽に感動します。

ユーリ・テミルカーノフ/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

テミルカーノフ★★★★☆
一楽章、細身のファゴットの序奏。特に誇張した表現は無くサラッと自然に流れて行きます。自然でサラッとしていて美しい第二主題第一句。ロシア臭さなどは微塵もありません。ゆっくりと流れる第二句。展開部は伸びやかにオケが鳴ります。トランペットの咆哮は凄いです。トロンボーンの嘆きへ向けての金管も凄い強奏です。トロンボーンの嘆きも強いですしティンパニのクレッシェンドも強烈でした。コーダは広がりのある爽やかな表現です。弱音の爽やかでサラットした表現と強奏の濃厚で強烈な表現の対比が特徴的です。

二楽章、暖かく伸びやかな主要主題。あっさりとした中間部。サラッとした肌触りの音色はとても美しいです。

三楽章、冒頭部分はとても弱い音で始まります。強弱の振幅はとても大きいです。ホルンが美しく咆哮します。シャープな金管の咆哮。ティンパニの強打。スッキリとしたキレの良い響きはとても心地良いものです。大太鼓のロールの最後にシンバルが入った後で少しテンポを落としてまた加速しました。気持ちよく金管が鳴り響きました。

四楽章、ゆっくりと感情が込められた第一主題。柔らかく切々と歌う第二主題。スッキリとして整然とした演奏はこの楽章でも続いています。コーダは暗く沈みこむような表現でした。

スッキリと整然とした演奏で、ロシア音楽の雰囲気はほとんどありませんでした。繊細な弱音から金管の咆哮まで強弱の振幅がとても大きい演奏でしたが、弱音部分がとてもあっさりしていて表題はあまり意識させない演奏だったと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

イオン・マリン/ガリシア交響楽団

マリン★★★★☆
一楽章、とてもリアルな響きの序奏。ゆっくりと優しい第一主題。とても丁寧に進みます。シャープに突き抜けるトランペット。第二主題第一句も丁寧です。第二句は伸びやかさはありませんが、美しいです。展開部でも強烈に突き抜けるトランペット。それでも響きは美しいです。展開部にはいってからの弱音部分は物凄く遅くなりました。トロンボーンの嘆きはトランペットのように突き抜けてくるかと思いましたが、かなり抑えて柔らかい演奏でした。コーダの前の第二主題第一句はとてもゆっくりでした。コーダのトランペットは柔らかく豊かに歌います。

二楽章、豊かで伸びやかな主要主題。あまり深く沈みこむことの無い中間部ですが、感情のこもった歌です。オーケストラ自らアップロードした音源なのでとても録音が良いです。

三楽章、ゆったりとしたテンポですが、少しもたつく冒頭。落ち着いた堂々とした行進です。最後はテンポを速めて終わりました。

四楽章、悲しみを内に込めるような第一主題。テンポも動いて激しい表現もありますが、基本的には遅いテンポで確実な演奏です。透明感の高いドラ。

遅めのテンポで丁寧な演奏でしたが、あまり深く作品にのめり込むことは無く、美しい響きでスッキリとした演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー/ロンドン交響楽団

icon★★★★
一楽章、色彩が濃厚です。でも沈み込むような表現も見事です。
音楽の盛り上げ方は天才的です。
ロンドンsoとの組み合わせなので、弦や木管はとても繊細な表現をしています。金管が思い切り吹きまくる状況はあるにしても、弱音部の繊細な表現はとても魅力的だし、それと対比する金管の爆発が上手くバランスがとれています。
ロジェヴェンの演奏をいくつか聴くと、金管の爆発を期待するようになってきて、その場面が訪れると「来た~!」というとても快感にさせられます。
これって、合法ドラッグか?
もの凄い感情を吐露する演奏で、最後まで付き合えるか不安になるほど、感情の振幅が激しい演奏です。

二楽章、全く感情の乗らない演奏です。
このような楽章には興味がないのだろうか?

三楽章、わりとゆったりしたテンポで前半は大人しい演奏でしたが、やはり爆発するところは抜け目無く気持ちよくです。

四楽章、なんか、とてもあっさりやられてしまって・・・・・・・。

あれだけの爆発の後には、悲痛なほどの沈み込みを期待したが、この演奏には楽章によってムラがあったように感じました。

リッカルド・ムーティ/フィラデルフィア管弦楽団

icon★★★★
一楽章、柔らかく歌う序奏のファゴット。第一主題も歌います。第二主題も豊かに歌います。とても滑らかに流れる弦。美しく歌うことに主眼を置いていてあまり悲愴感はありません。展開部の前はとてもゆっくりと演奏されます。展開部に入っても厚みのある響きで、金管が突出してくることはありません。トロンボーンの嘆きはゆっくりと演奏されますか、泣き叫ぶような激しさは無くおとなしい表現でした。続く第二主題は速いテンポで入って次第に遅く粘っこくなりますが、やはり悲愴感と言うよりも暖かみがあります。コーダのトランペットも暖かく速いテンポであっさりとしています。

二楽章、この楽章も温度感のある演奏でサラッと演奏されます。中間部はテンポを落として波が押し寄せるように歌います。この部分はロシアの寒さを感じさせる良い表現です。最後はグッとテンポを落として感情を込めた歌です。

三楽章、バランスを重視した柔らかい響きの演奏が続きます。勇壮な行進曲も力づくではなく、自然な表現と響きです。ピッコロがとても強調されていました。

四楽章、暖かい響きであまり悲愴の表題は意識していないような演奏です。印象的な歌もありますが、やはり響きの暖かさが悲しみを表現するには邪魔になっているようです。悲しみを表現するような部分を強調することはあえて避けているようにさえ感じますが、内側に隠れている旋律を聞かせてくれたりもして、ハッとさせられることもいくつかありました。

スコアから新たな旋律を引き出したもした演奏でしたが、響きが暖かく、表現も悲愴を意識したものではなかったと思います。演奏としての完成度は高いのですが、作品にのめり込みたい人には合わない演奏だったと思います。

チョン・ミョンフン/ソウル・フィルハーモニー管弦楽団

チョン★★★★
一楽章、暖かく太い響きのファゴット。弦が強いアクセントのある表現をします。粘り気があって密度が濃く色彩感も豊かな演奏です。深みのある第二主題第一句。伸びやかな第二句。厚みがあって色んな音が聞こえる展開部。トロンボーンの嘆きの前で少し音楽が伸びます。大げさに泣き叫ぶことは無いトロンボーン。オケが一体になって良く歌う演奏です。コーダのトランペットも美しく歌います。

二楽章、大きな表現で豊かに歌う主要主題。間があったりもします。テンポは速めです。俊敏な動きの弦。中間部は息の長い歌で暗く沈んで行きます。

三楽章、速いテンポで鮮度の高い生き生きとした表現です。凄い躍動感で積極的な演奏です。金管が咆哮することはありませんが、積極的な表現には惹きつけられます。

四楽章、厚みがあって濃厚な第一主題。暖かい第二主題。朗々と歌う弦。コーダは悲しみに暮れるような演奏ではありませんでした。

濃厚な歌と色彩で、ねっとりとした表現でした。強弱の振幅はあまり大きく無く、四楽章のコーダはあまり悲しみを表現しませんでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ウラディミール・フェドセーエフ/モスクワ放送交響楽団

フェドセーエフ★★★★
一楽章、静かであまり起伏の大きくない序奏。とても繊細な表現の第一主題。トランペットも軽く入ります。清涼感のある第二主題第一句。展開部の前のクラリネットが入る前はかなり遅くなりました。展開部の金管やティンパニが入る部分はさすがにロシアのオケらしい咆哮でした。トロンボーンの嘆きは初め弱く、ビブラートをかけながら最後は強くなりました。その間ティンパニがクレッシェンド、デクレッシェンドをします。第二主題の第一句を弦が演奏する裏でホルンがすごく強く演奏します。作品の表題をかなり意識した表現の演奏です。コーダは一転して速いテンポであっさりと演奏しました。

二楽章、自然体で大きな表現の無い主要主題。中間部も淡々と進みますが、少し暗い影を感じさせます。中間部は強弱の変化も大きく歌います。

三楽章、速いテンポで推進力があります。躍動感があってとても弾みます。軽い行進曲で金管も控えめで整然としています。

四楽章、ここでもあまり大きな表現をしない第一主題。柔らかく感情が込められた第二主題。感情を吐露するような金管とティンパニ。ドラはとても軽い響きでした。明るいトロンボーン。引きずるようなコーダ。

自然体な部分と感情を込めた大きい表現がありメリハリのはっきりとした演奏でした。ロシアのオケにしては金管の咆哮もほとんど無く、整然とした演奏でしたが、ちょっと作為的な表現もありました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

イーゴリ・マルケヴィチ/ロンドン交響楽団

マルケヴィチ★★★★
一楽章、静かに切々と歌う序奏。速いテンポで軽快な第一主題。とても積極的な表現です。トランペットはかなり強く存在感があります。豊かな第二主題第一句。テンポも動くし振幅も激しい演奏です。凄い勢いの展開部。切迫感があってとても激しい演奏です。トロンボーンの嘆きは伸ばす音はすぐに弱くなりますが、動く部分は大きく膨らみます。続く第二主題第一句はとても速いテンポから次第に遅くなります。コーダは一転してとてもゆっくりとしたテンポで演奏されますが、感情が込められた感じはありません。

二楽章、とても豊かに歌う主要主題。テンポも速めで生命感があります。主要主題から一転して落ち着いた表現になる中間部。最後はゆっくり濃厚な表現でした。

三楽章、明快に鳴る金管。芯が強くキリッとした弦と木管。精緻でとても見通しが良い演奏です。大太鼓のロールがある部分の最後でテンポを落としました。

四楽章、激しい振幅のある演奏です。コーダの手前は畳み掛けるように突き進みます。軽い響きのドラ。物悲しいコーダ。

個々の楽器がカチッとした硬質な響きで激しさはかなり表現されていました。積極的な表現も随所にありましたが、硬い響きの分、広がりが無く小さくまとまった感じになってしまいました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クリスティアン・ティーレマン/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ティーレマン★★★★
一楽章、大きく歌う序奏。なまめかしく濃厚な色彩です。第一主題も迫って来るような大きな表現です。溢れ出すような音の洪水です。柔らかいですが、ここでもとても豊かな表現の第二主題第一句。考えられる表現はし尽すような演奏です。重量級で厚みのある展開部。凄い情報量の演奏ですが、金管は咆哮しません。とても制御されています。トロンボーンの嘆きはとても落ち着いて冷静です。コーダのトランペットも大きく歌います。とても表情豊かな演奏でした。

二楽章、とても生き生きとした表現の主要主題。時に激しいとさえ思える程の歌です。暗く沈む中間部。表現の振幅はとても大きいです。ティンパニも大きくクレッシェンドします。

三楽章、克明で濃厚な色彩で溢れ出すような音の洪水はとても凄いです。テヌートぎみに演奏する部分が多いです。金管は決して咆哮せず、軽く演奏しています。終わり近くで凄く音量を落としました。

四楽章、とても感情のこもった第一主題。かなり音量が増減します。音量を抑えて始まる第二主題。とても良い音で鳴るドラ。

ティーレマンがストレートに感情を表現した演奏だったように感じました。あまりにも歌が大きい表現になりすぎて聞いていてちょっと引いてしまうような部分もありました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団

クレンペラー★★★★
一楽章、静寂な湖面のように動かない第一主題。マットなトランペット。清涼感のある第二主題第一句。ガッチリとしていて、微動だにしません。ゆっくりな展開部。かなり重い演奏です。激しいトロンボーンの嘆き。続く第二主題第一句は速いテンポであっさりと演奏されます。粘りのある表現のコーダのトランペット。

二楽章、表情豊かな主要主題。あまり沈み込まない中間部。ストレートに歌います。

三楽章、この楽章を分解して見せているような遅いテンポです。楽器を受け渡しするチャイコフスキーのオーケストレーションがとても良く分かります。響きは厚くはありませんが、細部まで見通せる演奏です。金管が吠えることも無く落ち着いた感じで進みます。

四楽章、この楽章もあっさりとした第一主題でした。第二主題も特に何かを表現しようとはしていないように素っ気無い演奏です。余計な表現をしていない分、音楽がとても自然に流れて行きます。粘るような表現は全くしません。明るい響きのドラ。

あっさりと感情を込めた粘りなどはまったく無い演奏でした。作品そのものを表現したものでしたが、自然な流れはとても良いものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

アレキサンダー・ラハバリ/ブリュッセル・フィルハーモニック

ラハバリ★★★★
一楽章、冒頭から深い悲しみを湛える序奏。速めのテンポで切迫感のある第一主題。メタリックで輝かしいトランペット。ゆったりと穏やかな第二主題第一句。とても良く表現の変化が付けられています。展開部は速めのテンポで緊張感があります。速いテンポで追い立てます。なかなかスリリングな演奏です。トロンボーンの嘆きの後のティンパニの強打もとても印象に残りました。感情のこもった歌を聞かせるコーダ。

二楽章、一楽章に比べるとサラッとした主要主題。ゆったりとしたテンポで豊かに歌いますがあまり沈まない中間部。主部が戻ると豊かな歌になります。

三楽章、速いテンポにオケも面食らったように落ち着かない演奏です。テンポになじんでくると、とても活発に動いて激しい表現の演奏になります。物凄いテンポで猛烈な演奏です。

四楽章、三楽章の勢いそのままに激しく演奏される第一主題。第二主題も大きな声で訴えるような演奏です。コーダも激しく悲しみを訴えています。

かなり激しく感情を吐露する演奏でした。静かに悲しみをこらえるような感じでは無く、大声で泣き叫ぶようでした。かなり異色な演奏だったと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」3

たいこ叩きのチャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」名盤試聴記

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団


icon
★★★☆
一楽章、テンポは速めですが、情感たっぷりの演奏です。録音年代の関係もあって、ダイナミックレンジかなり狭いです。
音楽がストレートにぶつかってきます。それはそれで魅力的なのですが、カラヤンの語り口の上手さの方が、「悲愴」の演奏には合っているような気がします。

二楽章、緩急の差を大きくとった演奏で豊かな表現の演奏です。特にテンポを遅くした部分は惹きつけられます。

三楽章、四番の録音には、もう少し奥行き感があったのですが、この録音は平面的な感じで、音楽も浅く感じてしまいます。
思いっきり鳴るシンバルが気持ちいい。でもこのシンバルも安物だろうなあという音がしています。
ソ連指導部は、「安い楽器でも良い音を出せ!」と言って、予算をつけなかったのでしょう。

四楽章、悲しみの淵へ落ちて行く表現は作為的なところがなく、ストレートに伝わってきます。

朝比奈 隆/新日本フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★☆
一楽章、N響のサンティの録音に比べるとオケは遠いです。サンティの録音はかなり近い位置に音場が展開しましたのでこの録音が適度な距離感かもしれません。
一連のベートーヴェンの録音同様、テンポはかなり遅いですが、さすがにベートーヴェンと違って、テンポが動いてロマンティックな演奏です。
繊細な弦楽器が美しいです。木管の表現も豊かで、朝比奈も積極的な表現をしています。
力みのない、伸びやかなトランペットの音色が気持ちいい。テンポが遅い分、感情のうねりのような表現はすばらしいです。
テンポの揺れに合わせて音楽に身をゆだねるのも良いものです。

二楽章、中庸です。

三楽章、ゆっくりです。柔らかい演奏ですが、金管の伸ばす音を押すのはいただけません。ティンパニのロールに強烈なアクセントには驚きました。

四楽章、朝比奈の姿勢は基本的に自然体なので、チャイコフスキーのような情感たっぷりな作品の場合は、過剰な演出などはまず無いので、語り口勝負のような器用な演奏にはなりえません。

この、ほとんど直球勝負のような演奏にも魅力は感じますが、やはり朝比奈はブルックナーやベートーヴェンで本領発揮のような気がします。

上岡 敏之/ヴッパタール交響楽団

icon★★★☆
一楽章、とてもゆっくりとした出だし。とても長い間。独特の表情付け。何か起こりそうな予感を感じさせる冒頭でした。強弱の変化に富んだ第一主題以降。あまり奥行き感の無い金管。第二主題に入る前でかなりテンポを落としました。テンポがよく動きます。展開部の前のバスクラのメロディでもかなりテンポを落としたようです。オケの響きに分厚さはありません。トロンボーンの嘆きもテヌートで控え目でした。ロシアの濃厚で強烈な音楽ではなく、歌や間を伴った独特の音楽を作ろうとしているようです。

二楽章、速目のテンポでスタートしました。上岡は独特の間を持った指揮者のようです。

三楽章、柔らかい音が心地よい始動です。かなり抑制の効いた演奏で、導入部分は爆発しません。極めてソフトな演奏です。金管が突き抜けて来ることもなく、穏やかな音楽になっています。微妙な強弱の変化が独特で、印象的な表現です。大太鼓のトレモロにトロンボーンの旋律が乗る部分でも大太鼓が勝っているような感じで、管は控え目です。ただ、とても表現が豊かで、一つのメロディーの中にも強弱の変化があってとても面白く聴かせてくれました。

四楽章、アタッカで入りました。ファゴットが陰鬱に下降していった最後も独特の歌いまわしがありました。金管が入る部分では、少し弱めに入って山を作るような感じの演奏です。クライマックスでも決して咆哮などはしません。とても抑制の効いた演奏です。

とても念入りなリハーサルを繰り返して表現を徹底した演奏だったと思います。現在の指揮者の中ではとても個性的な部類だと思います。今後の活躍に期待したい指揮者の一人です。

ベルナルト・ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

ハイティンク★★★
一楽章、陰鬱な旋律を演奏するファゴット、続く木管や弦も誇張した表現はなく、淡々としています。
テンポも劇的に動かすこともありません。作品そのものに語らせるような演奏です。余裕たっぷりの金管の響きがコンセルトヘボウに響くのが心地良いです。
ハイティンクの音楽は力まず、伸びやかでしなやかな音楽が魅力です。
過不足無く、余裕を残して演奏する金管セクションも非常に美しいです。
テンポが動かないので、劇的な演出にも乏しい部分はあります。このへんは好き嫌いの分かれるところかもしれませんが、純音楽としての完成度は高いのではないかと思います。
また、このような演奏スタイルだから、どんな作品を演奏しても一定レベルを保つことができるのも、ハイティンクのプロとしての良さですね。また、逆にファースト・チョイスにもなりにくいというところはハイティンクの弱みでもあるかと思います。

二楽章、とてもチャーミングな木管です。コンセルトヘボウはホールと一体になった音色の魅力は他のオーケストラにはないものがあります。
クソ真面目とも言えるほどのハイティンクの指揮が音楽の揺れをまり生み出さないので、少し音楽が硬いように感じます。
5拍子の曖昧な揺れをもっと表現して欲しいと感じます。

三楽章、堂々としたテンポでブラスセクションの鳴りも抜群で、気持ちいい。

四楽章、小技が利かないハイティンクが切々と音楽を語りかけてくるようなこの楽章。大げさな表現がないところにかえって好感が持てる演奏です。

ジェームズ・レヴァイン/シカゴ交響楽団

icon★★★
一楽章、ゆっくりとしたテンポで深く歌うファゴット。一転して速いテンポの第一主題。金管は豪快に入ります。甘美な第二主題。シルキーな弦。滑らかな木管ともに美しいです。展開部でも見事に鳴り響く金管、咆哮と言っても良いような鳴り方です。トロンボーンの嘆きはあまり壮絶さはありませんでした。

二楽章、優雅に歌います。中間部はさほど暗い雰囲気は無く、表題を強く意識した演奏では無いようです。ティンパニは速いリズムを正確に刻んで行きます。

三楽章、ゆっくりとしたテンポで始まりました。次第にテンポを速めて行きます。奥まったところから輝かしいトランペットが響きます。気持よく鳴り響く金管。オケの上手さは存分に発揮されます。堂々とした行進曲です。

四楽章、悲しみを強く意識した演奏には感じません。どこか暖かい感じがします。

聞き終えても深い悲しみが残るような演奏ではありませんでした。レヴァインらしあっけらかんとした演奏でした。ただ、オケの上手さは特筆ものです。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

カラヤン★★★
一楽章、冒頭から深く歌う序奏。弱々しく繊細な第一主題。鋭く轟くトランペットですが、美しいです。とても感情のこもった第二主題第一句。滑らかですが、寂しさを感じさせる第二句。展開部は意外と薄っぺらい響きです。トロンボーンの嘆きも泣き叫ぶような大きな表現では無く、比較的落ち着いた表現でした。

二楽章、この楽章もシンプルで薄い響きですが、歌はとても豊かです。中間部も切々と歌います。主部が戻るとまた伸びやかな歌です。ウィーンpoらしい濃密な色彩感がとても良いです。

三楽章、速いテンポでねっとりと艶やかなヴァイオリン。強弱の振幅はあまり大きくありません。大太鼓の入る部分でも金管は全開にはならず、速めのテンポであっさりとした演奏でした。最後は雪崩れ込むように終わりました。

四楽章、流れるように進んで行きます。あまり悲しみに打ちひしがれるような感じはありません。

豊かな表現で良く歌う演奏でしたが、トゥッティの響きが薄く、強弱の振幅もあまり大きくありませんでした。また、四楽章が悲しみに沈んでゆくような感じがあまり無かったのが少し残念でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラウディオ・アバド/シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

アバド★★★
一楽章、波が押し寄せるように押したり引いたりする序奏。優しく流れの良い第一主題。生き生きとしたエネルギーを発散する若いオケ。第二主題の第一区も柔らかく優しい演奏です。展開部はあまり厚みの無い弦と強い金管で、金管が登場すると全体を支配してしまいます。アバドの演奏にしてはかなり金管が激しく吠えています。トロンボーンの嘆きもそれまでの勢いそのままに激しいです。元気に歌うコーダのトランペット。

二楽章、伸びやかで豊かな歌の主要主題。あまり暗く沈まない中間部。中間部ではメロディーが繰り返される二回目の音量を落として演奏しました。

三楽章、自然体で流れの良い演奏ですが、その分アクセントなどのアーティキュレーションに対する反応が弱いので、キュッと締まった感じはありません。金管はここでも気持ちよく鳴り響きます。

四楽章、
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ミハイル・プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団

プレトニョフ★★★
一楽章、太く柔らかいファゴットによる息の長い序奏。速く動きのある第二主題第一句。鋭いトランペット。速いテンポで激しい展開部。トランペットが咆哮します。トロンボーンの嘆きもかなり強烈です。詰まった感じのコーダのトランペット。速めのテンポでさっさと進みます。

二楽章、速めのテンポでサラッと演奏される主要主題。細身ですが、整ったアンサンブルです。中間部も速めのテンポであっさりと進みます。

三楽章、金管も軽く、あまり強弱の振幅が大きい演奏ではありません。

四楽章、最初の音にタメがある第一主題。第二主題は息の長い演奏でした。テンポが大きく動くことは無く、どっしりとしています。お寺の鐘のようなドラ。

特徴のある表現も一部にはありましたが、総じて標準的な演奏と言う感じでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス/RAI国立交響楽団 2003年トリノライヴ

ブルゴス★★☆
一楽章、感情の込められた序奏。速いテンポの第一主題。鋭いトランペット。味気なくさっぱりと演奏される第二主題第一句。テンポは速く進んで行きますが、表面はデコデコしていて滑らかではありません。展開部でも鋭く突き刺さるようなトランペット。トロンボーンの嘆きはとてもあっさりとした表現で長い音も短めに演奏しました。第二主題第一句の再現も速くあっさりとしています。コーダのトランペットや木管は美しく歌います。

二楽章、細身でサラッとした肌触りで美しく主要主題。中間部は速めのテンポで淡々とした演奏であまり沈んだ感じはありません。

三楽章、弦のアンサンブルや木管の旋律の受け渡しなどがあまり丁寧では無い感じで、少し乱れます。金管は濃厚な色彩です。大太鼓のロールがある部分の最後で大きくテンポを落としました。最後はアッチェレランドして終わりました。

四楽章、あっさりと淡白な演奏です。あまり表題を意識せずに楽譜に忠実な演奏をしているようです。コーダの前の強奏部分も粘った表現は無くとてもあっさりとしています。コーダもサラッと終わりました。

三楽章ではテンポの動きもありましたが、全体としてはとてもあっさりと淡白な演奏で、感情を吐露するような表現はありませんでした。あまりにも淡白で表題とはかけ離れた演奏のように感じました。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

レオポルド・ストコフスキー/ロンドン交響楽団

icon★★
一楽章、うねるような序奏。柔らかい第一主題。木管もくっきりとしています。非常に感情の込められた第二主題。展開部は強烈な一撃ではなく、なだらかに盛り上がったような感じでした。そしてしばらくすると大きなテンポの動きがありました。ストコフスキーらしい大きなテンポの動きが何度か表れます。トロンボーンの嘆きは絶叫するようなものではなく、かなり抑えられたものでした。コーダのトランペットはかなり大きく音量を変化させた演奏でした。

二楽章、歌があり豊かな音楽ですが、この楽章でも極端なテンポの動きがあります。それぞれの楽器が主張し強弱の変化も大きくてとても生き生きとした生命感に溢れる音楽です。ただ、この大きなテンポの動きにあざとさも感じます。ストコフスキーの内面から自然に出たものではなく、意図的に仕掛けたもののように感じます。

三楽章、色彩感が鮮明です。独特のスラーがあったり普通の演奏とは違います。テンポも途中で遅くなり盛り上がりへ向けてアッチェレランドしました。

四楽章、速めのテンポで突入しました。この楽章はテンポの動きもなく、純粋な音楽です。かなり大きめの音で軽いドラの響き。淡々とした演奏で、悲しみの淵へ落ちていく様な演奏ではありませんでした。

かなり作為的なテンポの動きなど、ストコ節全開の演奏でした。私にはこの作為的な演奏には共感できませんでした。

カルロ・マリア・ジュリーニ/ロサンゼルスフィルハーモニー管弦楽団 大阪ライヴ

ジュリーニ★★
一楽章、ゆっくりとしたテンポで感情を抑えたような序奏。会場がデッドなのが分かる第一主題。遠い金管。ひっかかるところが無く滑らかに流れて行きます。展開部も荒れ狂うような表現では無く、それまでの流れを維持したものです。トロンボーンの嘆きはゆっくりと明るい響きです。その後の第二主題第一句の再現は速めのテンポであっさりと演奏されます。コーダのトランペットは霞の中から聞こえてくるようなくすんだ響きでした。

二楽章、滑らかな中に自然な歌がある主要主題。録音が飛び飛びになります。かなりナローレンジで解像度も低いです。

三楽章、録音のせいか、静かに始まる弦に比べると飛び出す木管。金管が入っても大騒ぎすることは無く、落ち着いた演奏です。

四楽章、

録音が悪くしかも音や画像が飛んだりして安定した再生が出来ませんでした。演奏の細部もあまり分からず良かったのかどうかも分かりません。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ネーメ・ヤルヴィ/イェーテボリ交響楽団

ヤルヴィ★☆
一楽章、あっさりとサラッとした序奏。繊細でリズミックな第一主題。第二主題第一句もあっさりとしています。第二句も速いテンポで粘りは全くありません。音が整理されていて、余分な響きが無くちょっと寂しい展開部。金管はかなり強く咆哮します。テンポは劇的に動いて激しい表現になって行きます。コーダはまた速いテンポになりとてもあっさりとした表現です。

二楽章、この楽章もあっさりとした表現で淡々と進んで行きます。中間部も大きく歌うことは無く速いテンポで進みます。

三楽章、アクセントがあまり強く無く、音楽がなだらかに流れて行きます。やはり音が整理されている感じでとてもスッキリとスリムな演奏です。大太鼓のロールが入る部分もとてもスッキリと軽い感じでした。テンポもとても落ち着いています。

四楽章、深く感情を込めるような表現は無く、とてもサッパリとしています。コーダも沈んでいくような表現は無くとてもあっさりとしています。

感情を込めることは無く、とてもあっさりとした表現の演奏でした。音も整理されていて、スッキリとした響きでしたが、その分寂しく厚みの無い響きになりました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラウディオ・アバド/シカゴ交響楽団

icon
一楽章、比較的速いテンポの音楽の運びで、陰鬱な表情はあまりありません。
録音もデッドで、味わいがあまりありません。オケの響きも軽くて、作品の持っている重いものを表現していないように感じます。音楽が淡々と流れて行くだけです。

二楽章、上滑りしているような感じがして、何も伝わってきません。5拍子の揺れも感じられない。
こんなせっかちな音楽のどこに魅力を見出せば良いのでしょうか。私には、この演奏の良さが理解できない。

三楽章、音楽が前のめりにならない。前進しようとする生命感のようなものも感じられない。
アバドは、このスーパーオケを使って何をしたかったのだろう。
シカゴsoを鳴らし切るような豪快な演奏をするわけでもなく・・・・・・・・。

四楽章、三楽章と対比して、ぐっと重く沈みこむような音楽が聴きたいところなのですが、アバドの指揮では、ムリな要求のようです。

作品に没入したいと思う心を、アバドが邪魔をしているような感じがして、何とも・・・・・・・・。

クラシック名盤試聴記 ・チャイコフスキー:交響曲第4番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第5番名盤 ・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」名盤 ・チャイコフスキー:序曲「1812年」名盤