シベリウス 交響曲第7番

シベリウス:交響曲第7番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのシベリウス交響曲第7番名盤試聴記

パーヴォ・ベルグルンド指揮 ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団

ベルグルンド★★★★★
柔らかく豊かな響きで、抑制的ですが、たっぷりと感情が込められた歌。神のお告げのようなトロンボーン。ゆったりとスケールの大きな演奏は、後のヨーロッパ室内oとの演奏では聞けなかったものです。ほの暗い雰囲気は独特のものです。絶妙なバランスで荒ぶることもありません。どっしりと落ち着いていて、テンポが速い感じは全く受けません。終結部の神々しさは素晴らしいものです。

柔らかく豊かな響きと、ほの暗い雰囲気。絶妙なバランスで荒ぶることの無い演奏でした。神々しい表現は素晴らしいものでした。

このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

パーヴォ・ベルグルンド指揮 ヨーロッパ室内管弦楽団

icon★★★★★
深いところから次第に迫りくる何かを感じさせる冒頭。続いて静かで厳かな演奏です。ゆったりとして伸びあがるようなフルートのメロディ。霧が立ち込める中から響いてくるような幻想的な音楽。力みも無く柔らかく美しいトロンボーン。スケルツォ的な部分での緻密なアンサンブル。見事な精度です。シベリウス独特の寒い空気感もはっきりと存在しています。表現も細かく付けられていて無表情になることはありません。終結部で再現されるトロンボーンは神々しい雰囲気でした。ホルンは神の声のようです。最後の分厚い響きが沈んでいくのも素晴らしいものでした。

上品で格調高く、表現力も十分でした。終結部で再現されるトロンボーンとそれに絡むトランペットなどの神々しい響きは素晴らしいものでした。

レイフ・セーゲルスタム指揮 ヘルシンキ・フィルハーモニック管弦楽団

icon★★★★★
粒のはっきりしたティンパニ。次第に迫り来るように少しクレッシェンドした上昇音階。荘厳な雰囲気の中で戯れるようなフルート。大きく歌うフルートと他の木管。分厚い響きです。トロンボーンの第一主題にはあまり神々しさは感じられませんでした。楽器の動きがとても活発です。ティンパニのクレッシェンドも金管のクレッシェンドも激しいです。三度目のトロンボーンも神々しさはありませんでしたが、その後はとても激しい表現になりました。最後も分厚く充実した響きでした。

分厚く充実した響きで、激しい表現の演奏でした。神々しさはありませんでしたが、積極的に動く演奏は魅力がありました。

コリン・デイヴィス指揮 ロンドン交響楽団

icon★★★★★
ドロッとしたティンパニ。音階の上昇に従ってクレッシェンドします。歌のあるフルート。とても厳粛な雰囲気で曲が進みます。まるで神を導き入れる儀式のようです。天から響くようなトロンボーンの主題が神の降臨のようで、とても神秘的です。個々の楽器の色彩がとてもはっきりしていて、激しく盛り上がる部分では目が眩むようでさえあります。中間で現れるトロンボーンは少し荒れた雲間から神の光が照らされるようでした。スケルツォ的な部分でも落ち着いた表現でした。トゥッティのエネルギー感はとても凄く強弱の振幅もとても幅広いです。再びの神の降臨のようなトロンボーンにはホルンやトランペットも従えて壮大です。そしてホルンによって残照のような響きで彩られます。

神々しいトロンボーン。色彩感豊かで激しく盛り上がる部分では目が眩むほどでした。作品そものもに語らせる演奏でしたが、これだけ見事に作品の素晴らしさを伝える演奏はそう無いと思います。

レナード・バーンスタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

バーンスタイン★★★★★
冒頭から、晩年のバーンスタインらしい非常に感情のこもった表現です。とても豊かな表現。雄弁なトロンボーン。シベリウスらしい演奏ではありませんが、振幅も大きく個性豊かな演奏にはそれなりの説得力があります。作品の持つ神々しさよりも人間臭い演奏なのですが、バーンスタインの作品への愛情を随所に感じることが出来る演奏で、この演奏はこれで良いと感じます。これだけ激しい振幅のある演奏だとマーラーのようにも聞えますが、バーンスタインの内面ではこのような音楽が鳴り響いているのでしょう。これだけ強烈な個性を表出するのは、とても勇気のいることですし、これまでの既成概念に捉われない演奏を堂々と行う強い意志もすばらしいと思います。

このリンクをクリックすると動画再生できます。

ダニエル・ハーディング指揮 マーラー・チェンバーオーケストラ

ハーディング★★★★★
暗闇から湧き上るような弦。雑味が無く純粋です。大きなうねりの中からトロンボーンが出現します。北欧の澄んだ空気感があります。振幅も激しい演奏です。透明感が高く、ハーディングの指揮に機敏に反応するオケの見事なアンサンブルも素晴らしい。ティンパニの劇的にクレッシェンドも凄い!

激しい振幅でしたが、透明感が高く見事なアンサンブルの素晴らしい演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

オスモ・ヴァンスカ指揮 ラハティ交響楽団

ヴァンスカ★★★★★

暗闇から次第にはっきりとした形を現す弦。暖かく穏やかな木管。力みが無く穏やかな自然体で伸びやかです。とても安らかな気持ちになる演奏です。大空に鳴り響く神の声のようなトロンボーン。どこを取っても余裕のある美しい響きです。激しい部分は激しいですが、それでも音が硬くなったりせず、とても自然です。

これだけ自然体で美しい演奏は素晴らしいです。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・シベリウス:交響曲第1番名盤 ・シベリウス:交響曲第2番名盤 シベリウス:交響曲第3番名盤 ・シベリウス:交響曲第4番名盤 ・シベリウス:交響曲第5番名盤 ・シベリウス:交響曲第6番名盤 ・シベリウス:交響曲第7番名盤 ・シベリウス:交響詩「フィンランディア」名盤

シベリウス 交響曲第7番-2

シベリウス:交響曲第7番ベスト盤アンケート

たいこ叩きのシベリウス交響曲第7番名盤試聴記

タニア・ミラー指揮 ヴィクトリア交響楽団

ミラー★★★★
大きな表現はありませんが、静寂感があって、シベリウスらしい寒さもあります。ゆったりと雄大なトロンボーンの主題。作品自体が分厚い響きを要求しないので、このオケでも良い演奏です。最後のトロンボーンも強すぎずとても良いバランスでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ロリン・マゼール指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

マゼール★★★★
大きいクレッシェンドで始まる弦の冒頭。とても大きい表現です。ゆったりと柔らかいトロンボーンの第一主題。かなり激しい振幅があり、熱い演奏です。シベリウスの冷たい空気感はありません。次から次から大きな波が押し寄せてくるような豊かな表現です。

シベリウスらしくない熱い演奏で表現も積極的でした。これははこれで良かったと思います。

このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

サー・サイモン・ラトル指揮 デンマーク王立管弦楽団

ラトル★★★★
湧き上るような弦。とても良い雰囲気で始まりました。全体の響きに溶け込んだトロンボーン。アンサンブルの精度の高く静寂感があります。終結部のトロンボーンは黄昏を感じさせる演奏でした。壮絶な最後でした。

オーケストラも上手く、雰囲気のある演奏で、終結部のトロンボーンもとても良かったです。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

ムラヴィンスキー★★★★
かなり速いテンポで表現力豊かです。フルートなどは静寂感があります。てとも強い表現意欲のある演奏で大きなうねりがあります。朗々と歌うトロンボーンですが、他の演奏に比べてかなり強いので、神々しさはありません。とても現実的です。かなり激しく感情の起伏があります。トランペットもトロンボーンもホルンも一般的な演奏に比べるとかなり強く、違う作品を聞いているような感覚になります。速いテンポでグイグイ進みますが、ガリガリと強いエッジの効いた個性的な演奏です。独特の世界観を作り出すムラヴィンスキーもやはり偉大な巨匠だったんだなーと感じさせる演奏です。最後も強烈でした。

バーンスタインとま全く違いますが、ムラヴィンスキーの強烈な個性が表出されたスピード感がありながら、起伏の大きな演奏で、作品のイメージを根底から覆すような演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団

バルビローリ★★★★
表現力豊かで、暖かい演奏です。克明に語りかけて来ます。くっきりと浮かぶフルート。ムラヴィンスキーほどではありませんが、かなりはっきりと浮かび上がるトロンボーン。一つ一つの楽器を克明に浮かび上がらせて、鮮明な演奏です。また、激しい起伏もあります。普段聞く演奏よりもかなり激しいです。バルビローリの感情がとても良く表現された演奏です。

バルビローリの感情がとても良く表現された演奏で、起伏も激しい演奏でした。一つ一つの楽器もくっきりと浮かび上がる克明な演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団

オーマンディ★★★★
ピンポイントで滑らかな木管。控えめで一抹の不安を感じさせる演奏です。遠くから響いて来る柔らかいトロンボーン。ゆったりとしていて、とても穏やかで荒々しい表現の無い演奏です。

穏やかで、荒々しい表現は無く、一抹の不安や寂しさを感じさせる演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

コリン・デイヴィス指揮 ボストン交響楽団

icon★★★☆
一楽章、はっきりと克明な動きの冒頭。続いては動きが止まったように静かですが淡白で密度が薄いような感じがします。トロンボーンは他の楽器に埋もれるように遠くから響きます。スケルツォ的な部分では、活発に音は動きますがあまり大きく歌うことは無く、全体の骨格は静止しているようで、がっちりとした枠の中で音楽が作られているようです。オケが僅かですが遠く、俯瞰するような感じで、2番の時にも感じたスケールの小さい演奏のようにも感じます。終結部のトロンボーンも神々しい雰囲気は感じられませんでした。

大きな表現の無い演奏でした。がっちりとした枠組みの中で音楽が演奏されている感じで、オケを俯瞰するような少し遠い音場感で、訴えかけてくる感じがあまりありませんでした。

マーク・エルダー指揮 ハレ管弦楽団

エルダー★★★
アンサンブルは乱れます。くっきりと浮かび上がるトロンボーン。それでも抑制的な表現で、作品そのものに語らせるような演奏です。次第に感情がこもってきて熱気を帯びて集中力も高まってきます。このあたりはライブらしい良さですね。最後に表れるトロンボーンの主題にかぶるトランペットが物凄く強烈でした。

前半は抑制的な演奏でしたが、後半は熱気のこもった演奏でした。どんな演奏でも作品が凝縮されたものなので、悪くは感じません。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮 モスクワ放送交響楽団

icon★★★
一楽章、暗闇から湧き上がるような冒頭、とても表現意欲が旺盛です。木管の響きに雑味が混じっているような感じで透明感がありません。ビブラートをかけて明るいトロンボーンの主題。積極的で良く歌うのはこの全集で共通しているところです。生き生きとした表現でやりとりされる木管と弦。この曲では、他の曲ほどの爆演ではありせんがそれでもトランペットがかなり強く入って来たりします。花火が打ち上がるように眩いトランペットとトロンボーン。終結部で再現されるトロンボーンは少し下品でした。
表現意欲が旺盛で、積極的で良く歌う演奏でした。ただ、雑味があったり、表現意欲の旺盛さから下品な表現になったりしたのが、シベリウスの音楽とは異質なものを感じるのでした。

サー・エイドリアン・ボールト指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

ボールト★★★
大きくクレッシェンドする弦。かなり積極的で起伏が大きく劇的な表現です。シベリウスの演奏にしてはかなり感情が込められた演奏です。こけだけ激しく積極的な演奏は初めてです。豊かな表情の木管。現実的で神の降臨のようなイメージではないトロンボーンでした。エルダーの演奏のような後からかぶるトランペットが強烈ではありませんでした。

とても積極的な表現で、神を感じさせるよりもとても人間的な演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クリストバル・アルフテル指揮 北ドイツ放送交響楽団

アルフテル★★☆
エッジの立った低弦。太い響きのフルート。凄く元気の良いトロンボーン。演奏自体は丁寧なのですが、どこかトゲがあるような感じがします。オケはかなり余裕のある演奏をしています。筋肉隆々の神のようなトロンボーンです。バランスも良い演奏ですが、冷たい空気感は無く暖かい演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

 

クラシック名盤試聴記 ・シベリウス:交響曲第1番名盤 ・シベリウス:交響曲第2番名盤 シベリウス:交響曲第3番名盤 ・シベリウス:交響曲第4番名盤 ・シベリウス:交響曲第5番名盤 ・シベリウス:交響曲第6番名盤 ・シベリウス:交響曲第7番名盤 ・シベリウス:交響詩「フィンランディア」名盤