シューベルト 交響曲第8番「未完成」

シューベルト 交響曲第8番「未完成」ベスト盤アンケート

たいこ叩きのシューベルト 交響曲第8番「未完成」名盤試聴記

カルロ・マリア・ジュリーニ/シカゴ交響楽団

icon★★★★★
一楽章、低域が厚い冒頭、ゆったりとしたテンポで重量感溢れる演奏。ティンパニも深い響きです。
ショルティが指揮をするときとは全く違う響きです。メロディーには歌がありますが、奥ゆかしい表現で上品です。
重厚な響きで、これがあのシカゴsoかと思うほどです。ドイツ系のオーケストラだと言われても疑う人はいないと思います。重厚な響きではありますが、暖かい。

二楽章、美しいホルンのメロディです。この楽章もゆったりと堂々としたテンポでジュリーニの芸風の品のよさがにじみ出ています。
分厚い低音に支えられて、その上に美しいメロディーが乗るので、常に音楽が芳醇な香りに満ちています。
「未完成」が本当に美しい作品であることを十分に感じさせてくれる演奏です。

ショルティファンの方には是非この暖かい音楽を聴いてみて欲しいです。
ショルティ/シカゴsoも相性の良い曲の場合は、それこそ超絶と言える演奏をしますが、こんなに暖かく歌に満ちた音楽をシカゴsoがする。ジュリーニの音楽にも感動しますが、シカゴsoの懐の深さにも感激します。
曲が終わってからもしばらく静けさを楽しみたいようなそんな演奏でした。
すばらしかった。

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、引き締まった響きと、引き締まった表現が作品の繊細さと美しさを強調するかのようで、とても良い雰囲気を持っています。
静かに上品な音楽。ムラブィンスキーの格調高くよどみの無い音楽が見事に再現されていてすばらしい演奏です。

二楽章、美しい。寒色系の響きが作品の持つ、高貴さをさらに強調しているようです。木管のソロも胸を打つ美しさと表現です。

曲のほとんどの部分が弦と木管で構成されているので、金管が暴れることもありませんので、チャイコフスキー化することもありません。
すばらしい名演でした。

エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

ムラヴィンスキー東京ライブ★★★★★
一楽章、盛大なヒスノイズのなかから低弦の旋律が聞こえます。ムラヴィンスキー特有の緊張感が支配しています。音楽が迫りくる迫力も凄いものがあります。波が押し寄せてくるようなクレッシェンド。トロンボーンの咆哮!凄いです。本番一発にかける集中力の高さには驚かされます。

二楽章、木管が豊かに歌います。ffは思いっきり来るので、びっくりさせられます。全体に締まった音質がかえって音楽が凝縮されているような印象を与えてくれます。高い集中力で渾身の名演だと感じました。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★★
一楽章、コントラバスに重点を置いた重い序奏。豊かな響きを伴って美しく歌う木管の第一主題。ゆったりと伸びやかな第二主題。とても美しい音楽がすごくゆったりと流れて行きます。かなりダイナミックですが、ゆったりとしたテンポが音楽を雄大に聴かせます。カラヤンの音楽を表面だけ磨かれた音楽と言われることがありますが、この時期はカラヤンとベルリンpoの絶頂期で、ベルリンpoもカラヤンの楽器として最高に機能していた頃だと思います。この極限まで磨かれた美しい音楽をどうして否定できるでしょうか。この美しい作品をこれほどまで美しく演奏する指揮者とオケがあったでしょうか。この比類なき美しさは素晴らしいものです。

二楽章、この楽章もゆったりと進みます。美しいヴァイオリン。遅いテンポでも見事に揃ったアンサンブル。テンポを動かしたり、大げさな表現はありません。ひたすら作品の美しさを徹底的に表現した演奏です。この演奏ではカラヤンの存在が消えています。最後は少しずつテンポを落として終わりました。

作品の美しさを追求した演奏は、本当に美しく素晴らしいものでした。

ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団

ヴァント★★★★★
一楽章、かなりはっきりとした存在感の序奏。柔らかい第一主題。たっぷりと歌う第二主題。躍動感があって生き生きとした表現の演奏です。微妙なテンポの動き。輪郭のはっきりとした克明な表現。テンポを落としてたっぷりと歌う部分はなかなか美しいです。

二楽章、豊かな美しい歌です。テンポを落として濃厚に歌います。作品を慈しむような丁寧で非常に美しい表現です。感情がこもってテンポが自由に、しかも絶妙に動きます。最晩年のヴァントの芸術の高みを感じさせる見事な演奏です。最後は別れを惜しむようにゆっくりとしたテンポで終わりました。

ライヴでありながら、とても美しい演奏でした。また、ライヴならではのテンポの自由な動きも作品への共感が感じられる素晴らしいものでした。別れを惜しむような最後も見事でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラウス・テンシュテット/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

テンシュテット★★★★★
一楽章、とても弱い序奏。感情を込めて歌う第一主題。次第に熱気をはらんで来ます。粘っこい表現でとても濃密な演奏です。生命力を感じさせる生き生きとした表情、正に音に命が宿っているような凄さ。

二楽章、この楽章でも濃密な歌が聞かれます。この濃厚な歌がとても美しい音で演奏されています。ロンドンpoも頑張っています。とても感情がこもって迫りくるような歌です。一音一音に力があって、それぞれに意味がこめられているような、それくらい濃い演奏です。これだけ濃厚な「未完成」を聞いたことがありません。最後は止まりそうなるくらいテンポを落として終わりました。

とても濃厚で感情のこもった演奏でした。音に命が宿っているような生命力を感じさせる演奏は素晴らしいものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1975年東京ライヴ

icon★★★★★
一楽章、硬く重い序奏。ゆっくりと潤いのある第一主題。テンポの動きもあります。第二主題もゆったりとしています。この遅いテンポでも弛緩することなく、一体感を保っているのは素晴らしいです。トロンボーンも強く出ます。トゥッティでのエネルギーの発散も凄いです。

二楽章、作為的な部分は全くなく、自然体の演奏ですが、とても美しいです。大きな表現もありませんが、自然に音楽が湧き上がるようなとても心地良い演奏です。天に昇るような最後でした。

とても自然で美しい演奏でした。内面から自然に湧き上がるような音楽はとても素晴らしいものでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ヴォルフガング・サヴァリッシュ/シュターツカペレ・ドレスデン

icon★★★★★
一楽章、柔らかく大きめの序奏。非常に柔らかくうっとりするような第一主題。リズミカルに歌う第二主題。流れるように進む音楽です。弦のトレモロなど激しいところは激しいです。トロンボーンも気持ちよく吹き鳴らされます。シュターツカペレ・ドレスデンの美しい響きが良く生かされた演奏で、とても心地良い演奏です。

二楽章、ゆっくりとしたテンポのホルン。第一主題もとてもゆっくりです。一歩一歩噛みしめるような歩みです。中間部の木管もとても美しいです。個性の強い演奏ではありませんが、ドイツの伝統に根差した重みのある演奏だと思います。

ゆったりとしたテンポで柔らかく美しい響きの演奏でした。強い個性はありませんが、伝統の重みを感じさせる深い演奏だったと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

トレヴァー・ピノック/ヨーロッパ室内管弦楽団

ピノック★★★★★
一楽章、暗く重い序奏。一転して活動的で歌う第一主題。テンポも速く音も短めです。優雅に舞うような第二主題。トゥッティは重く沈みます。表現の浮き沈みが大きい演奏です。作品が持っている切迫した緊張感はとても良く表現しています。苦しみ悶えるような表現もあります。トランペットが鋭く強く入って来ます。

二楽章、速いテンポで進みます。とても良く歌う演奏です。鋭いトランペット。硬質なティンパニ。テンポも動いて起伏の激しい演奏で感情のこもった表現です。

切迫感や緊張感。苦しみ悶えるような表現もあり、なかなか踏み込んだ表現の演奏で、非常に起伏の激しいものでした。古楽器の指揮者にしては感情表現も十分にあり聞き応えのある演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラシック名盤試聴記 ・シューベルト:交響曲第8番「未完成」名盤 ・シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」名盤

シューベルト 交響曲第8番「未完成」2

たいこ叩きのシューベルト 交響曲第8番「未完成」名盤試聴記

ブルーノ・ワルター/ニューヨーク・フィルハーモニック

icon★★★★☆
一楽章、割と速めのテンポか。音楽の高揚に合わせてテンポが速くなったりしました、意外なところで一旦音量を落としてクレッシェンドがあったりと、かなり積極的な音楽です。
ワルターの人柄なのか、私にはピーンと張りつめたような緊張感が感じられないのですが、無用な緊張感を作らないところがワルターの良さなのかも知れません。
個人的には、緊張感や静寂感のある演奏が好きです。

二楽章、とても遅いテンポでの開始です。すごくたっぷりと歌っていて心地よい演奏です。
歌に溢れてしなやかなワルターの音楽の良さは「未完成」のような美しい曲にはピッタリです。

二楽章はとても良かったです。

カール・ベーム/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、速めのテンポでしっかりと演奏されています。しっかりしたベースの上に音楽が乗っているような感じがします。タメどころはしっかりタメがあり音楽をしている感じが十分します。集中力が高く劇的な演奏です。ベルリン・フィルがいぶし銀のような音色で演奏しています。

二楽章、この楽章も速めのテンポで弛緩することなく演奏が続きます。美しく歌う木管のソロ。

二つの楽章を大きく捉えて音楽作りがされているような演奏で一気に「未完成」を聴かせてくれました。個人的には、もう少しテンポが遅めの方が好みでした。

レナード・バーンスタイン/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、速めのテンポの序奏、第一主題の伴奏の弦の表情がとても豊かです。テンポも積極的に動きます。第二主題も細かい表情付けがあります。力が湧き上がるような力強い演奏です。コンセルトヘボウの濃厚な色彩も十分に生かしたカラフルな演奏です。生命感や躍動感があり、表現の振幅も激しく、音楽が前に前にと進んで行きます。とても感情の込められた歌のある演奏でした。

二楽章、一転してゆったりと穏やかな演奏です。アゴーギクも随所に見られ豊かな歌です。美しいクラリネットとオーボエのソロでした。鮮明で鮮やかな音楽です。一音一音にしっかりと魂が込められたような重みが感じられます。テンポも動きますし表現の振幅も広いし、時に表現に凄味さえも感じる演奏です。最後のテンポを落としてゆっくりと演奏される音楽は、正に天にでも昇るような雰囲気の音楽でした。

バーンスタインの感性をストレートに表現した音楽でした。とても表現の幅の広い演奏で、特に最後のテンポを落とした表現は素晴らしかったですが、トゥッティで角が立って少し荒い感じがあったのが残念でした。

オトマール・スウィトナー/シュターツカペレ・ベルリン

icon★★★★
一楽章、ゆったりと、一音一音確かめるかのような丁寧な演奏です。
カラヤンのライブのようなボッテリした肥満ぎみの響きではなく、細身ですっきりしているのが、この曲には合っています。
ゆっくりのテンポでうねりながら音楽が高揚していく部分はすばらしいです。
とてもスケールの大きな演奏を聴かせてくれます。

二楽章、表情が豊かな演奏ですが、音楽はしっかりとした足取りで進みます。

オットー・クレンペラー/ウィーン・フィルハーモニー弦楽団

クレンペラー★★★★
一楽章、チェロとコントラバスのバランスが良い序奏。クレンペラーにしては珍しく大きく歌う第一主題。ゆったりとして穏やかな第二主題。クレンペラーって脱力系で何もしない人だと思っていましたが、この演奏は集中力も静寂感もあります。テンポも若干ですが、動いています。ダイナミックの変化も大きく起伏の激しい演奏です。

二楽章、中間部でも良く歌います。主部が戻ると速めのテンポで淡々とした演奏になります。やはり起伏が大きく積極的な演奏です。泰然自若がクレンペラーの持ち味だと思っていましたが、この演奏は作品への共感や積極性が感じられました。

泰然自若を持ち味にしているクレンペラーの演奏にしては、共感や積極性が感じられました。いつもはもっと脱力系で、あまり表情も無いのですが、どっちが本当なんでしょう。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

チャールズ・マッケラス/ジ・エイジ・オヴ・インライトゥンメント・オーケストラ

icon★★★★
一楽章、ゴリゴリとした音で歌う序奏。オーボエが強い第一主題。速いテンポで軽快な演奏です。第二主題は古楽器らしく鋭い響きです。演奏時間からするとそんなに速くは無いようなのですが、速い部分はとても速いです。強奏部分でもあまり実態の無いような透明な感じであまり量感を感じません。鋭角的で重心も高い感じです。

二楽章、弓が弦をこする音や木管のサラッとした音が強調されていて、普段シューベルトに感じている温度感とは違う感じがします。また、音を短く演奏するところもあり、古楽器の演奏らしいです。

とても涼しげで爽やかな演奏でした。作品が本来持っているものとは違うような気もしますが、この爽やかな響きはなかなか良かったです。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン/BBC交響楽団

ホーレンシュタイン★★★★☆
一楽章、ヒスノイズの中に雄大な序奏。柔らかく歌う第一主題。穏やかで抑えた第二主題。豊かな響きで柔らかい音質がとても良いです。トロンボーンもとても柔らかいです。悲痛な叫びのようなものは表現されず、とても柔らかく優しい音楽でした。

二楽章、冒頭のホルンからとても良く歌います。ゆったりとしたテンポで次から次からと豊かに歌い続けます。とても遅いテンポでゆっくりと歩くようです。クラリネットもオーボエも大きな表現です。トゲトゲしく出っ張る部分はなだらかにならされて、滑らかな肌触りになっています。

とても滑らかで、しかも豊かに歌う演奏でした。柔らかく優しい音楽はとても心地良いもので、作品の穏やかな面を良く表現したものでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

カラヤン★★★☆
1987年のライブ録音です。

一楽章、ジュリーニの演奏の直後に聴いたせいか、テンポの速さと落ち着きのなさを感じてしまいました。(注、カラヤンのテンポが一般的なテンポ設定でジュリーニが遅いのです)
ライブならではの、人気(ひとけ)が何ともいえない良い雰囲気を作っています。
ジュリーニの重厚な演奏に比べると、ライブならではの熱気があり、音楽が押し寄せてくるような迫力があります。
1987年と言えばカラヤンも晩年の演奏ということになりますが、ジュリーニの境地とはかなり違うと思わせてくれます。
まだまだ、燃えたぎるような情熱が溢れています。

二楽章、クラリネットのソロがとても上手い。スタジオ録音では磨き上げた音楽の造形美を聴かせるカラヤンですが、やはりライブだと、マイクセッティングの限界もあるので、磨き上げた美しさを聴くことはできませんでした。

ベートーベンやマーラーの作品であればライブの熱気はプラスに働きますし、熱気のために造形美が多少崩れても、伝わってくるものがあればOKの場合がありますが、こと「未完成」となると作品自体がとても美しい作品なだけにスタジオ録音が向いているのかもしれません。

ロヴロ・フォン・マタチッチ/NHK交響楽団

icon★★★☆
一楽章、かなり速めのテンポを取っています。強弱の振幅もコンパクトにまとまっています。
弱音部の木管は美しい音色でした。

二楽章、一転して、ゆっくりの二楽章です。
弱音部に神経を使った美しい演奏です。すごく感情のこもったクラリネットのソロ、オーボエのソロ!N響が、1973年でこんなに美しい演奏をしていたとは、正直驚きです。
天国へ昇って行くような最後でした。

一楽章はあっさりしていましたが、二楽章は濃密な演奏でした。
この当時のN響は、指揮者によって出来不出来の「差」が大きいと言われていましたが、この演奏は特に二楽章が良かったです。

イーゴリ・マルケヴィチ/フランス国立放送交響楽団

マルケヴィチ★★★☆
一楽章、ゴロゴロとした音の序奏。フランスのオケらしく開いた音の第一主題。盛り上がりに合わせてテンポが速くなります。第二主題はカチッとした硬い感じです。華やかですがすがしい響きです。雑味が無く澄んだ感じで、曲のイメージとは違い、爽やかな朝のイメージの演奏です。速めのテンポでサラッと過ぎて行きます。

二楽章、この楽章も速めのテンポで特に目立った表情も付けずにサラッと流れて行きますが、贅肉を削ぎ落としたようなスリムで透明感の高い響きです。トゥッティはかなり思い切って鳴らしています。

贅肉を削ぎ落としたようなスリムで透明感のある演奏で、雑味が無く爽やかでした。曲の本来のイメージとは違うような気がしますが、違った面を聞かせてくれたと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

フランス・ブリュッヘン/18世紀オーケストラ

ブリュッヘン★★★☆
一楽章、チェロが大きめの序奏。速いテンポであっさりとした第一主題。独特の歌い回しの第二主題。トランペットが強いです。テンポは速くなったり遅くなったりします。テンポを落とした部分では伸びやかな音楽が聞けます。

二楽章、速めのテンポでどんどん進みます。古楽器独特のサラッとした響きでとても淡泊に感じます。作品に対する思い入れがあまり無いような感じで、感情を込めた表現などは無く、整然と楽譜に書かれているものを音にして行っているような感じの演奏です。

作品への思い入れなどは無く、整然とした演奏でした。古楽器ならではのスリムな響きの美しさはありましたが、それだけと言う感じを受けました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・シューベルト:交響曲第8番「未完成」名盤 ・シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」名盤

シューベルト 交響曲第8番「未完成」3

たいこ叩きのシューベルト 交響曲第8番「未完成」名盤試聴記

ニコラウス・アーノンクール/ウィーン交響楽団

アーノンクール★★★
一楽章、重い序奏。憂いを感じさせる第一主題。とてもリズム感の良い演奏です。サラッと流れる第二主題。ティンパニが入るあたりからホルンまでテンポを落としました。突然トロンボーンが飛び出してきてびっくりします。テンポはたまに動きますが、トロンボーンの音の頭にアクセントを入れたりするのが、通常の演奏とは違いますし、この作品のしっとりとした雰囲気とは合わないような感じがします。

二楽章、アーノンクールは新解釈をすることに必死なのか、普通では無いところにアクセントを入れたりしますがどこか不自然です。この作品から若々しい息吹きを感じさせることには成功しているとは思うのですが。

きっとスコアを研究した成果だったのでしょう。しかし、普段から聞きなれた演奏から抜け出せない凡人には何をやっているのか良く分かりません。とても若々しい演奏だったとは思うのですが・・・・・・。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ハンス・クナッパーツブッシュ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クナッパーツブッシュ★★
一楽章、深々とした冒頭。おもむろなテンポでの開始でした。厚い低音の上に軽く旋律が乗っかっているようなバランスで、堂々とした演奏です。

二楽章、

リッカルド・ムーティ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ムーティ★★
一楽章、消え入るような序奏。滑らかで歌う第一主題。盛り上がりに合わせてテンポを速める部分もありました。

二楽章、あまり感情込めた演奏ではありません。また、緊張感などもほとんど感じられません。歌はありますが、ただ普通に演奏している感じがします。

特に目立った特徴も無く、普通の演奏と言う感じでした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

クラウディオ・アバド/ルツェルン祝祭管弦楽団

アバド★★
一楽章、芯があってゴロゴロと重い序奏。オーボエの方が強めの第一主題。とても響きのある第二主題。弦がレガートに演奏されて音楽が途切れることなく続いて行きます。強弱の変化はあまり大きくなく、平板な印象を受けます。わずかな間やさりげない歌など微妙な表現があります。

二楽章、特に美しい響きや深みのある表現があるわけでは無く、全体に緩い感じがします。

とても微妙な表現の多い演奏でしたが、深みのある表現や引き込まれるような美しさや静寂感は無く、緩い感じの演奏に聞こえてしまったのは残念です。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラ

小沢征爾
一楽章、美しいし繊細な音楽です。ホルンのハーモニーも美しい、小沢の流麗な音楽が、この曲にはぴったりです。
少しテンポが動く部分もありますが、表現は奥ゆかしい。もう少し奥深さが欲しい気がするのですが、録音の問題なのか・・・・・。
演奏自体には過不足なく、不満と言うほどの不満はないのですが、この演奏を選ぶ理由も無いところが、残念なところです。

二楽章、模範演奏を聴いているような、何とも面白くない演奏で、私の心が騒ぐような部分が残念なことにありません。

小沢征爾/シカゴ交響楽団

小澤征爾
一楽章、ゴツゴツと硬い序奏。浅い響きの第一主題。何とも深みや潤いの無い演奏です。

二楽章、歌ってはいるのだけれど、どこかよそよそしい感じで、あまり心に響きません。

あまりに潤いの無い音楽。カサカサとした肌触りはシューベルトの音楽とは相いれないもののように感じました。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・シューベルト:交響曲第8番「未完成」名盤 ・シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」名盤