ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」5

たいこ叩きのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」名盤試聴記

クラウス・テンシュテット/シカゴ交響楽団

テンシュテット★★
一楽章、音が揺れていて、とんな音色なのかよく分からない。
テンシュテットとシカゴsoとのライブはマーラーの「巨人」がすさまじい演奏だったので、期待も少しあったのですが、この録音では・・・・・。
マイクポジションの問題なのか、金管はあまり伸びてこなくて、ティンパニがかぶってしまいます。
テンシュテットの演奏らしく、テンポが大きく動くところがあり、劇的な音楽作りがなされていますが、ダイナミックレンジも狭く、トゥッティではティンパニがかぶってくるので、あまり表情などは聞き取れません。

二楽章、客席で録音したのか、楽章間のオーディエンスノイズが大きかったです。
録音は良いとは言えませんが、オーケストラの上手さは伝わってきます。しかし、演奏の特徴などは分かりません。

三楽章、速めのテンポ設定で始まりました。二楽章はテンポの動きもなく平凡に終わりましたが、この楽章はテンポがかなり動きますし、テンシュテットらしい思い切った表現も聴かれます。
ただ、ブルックナーのこの曲にこのような大きく揺さぶるような表現が必要なのか、疑問も感じないわけではありません。
もっと自然な音楽の流れに身を任せたいとも思います。

四楽章、この楽章も割りと速めのテンポのようです。テンポが速めで、アゴーギクもあまり感じさせない演奏で、あっさり進みますが、その分音楽の流れが良いです。
これ、録音が良かったら、もの凄い音の大洪水のような演奏だったんだろうと想像できます。シカゴsoのパワーをフルに使って、速めのテンポで、息つく暇も与えずに怒涛の快演。
返す返すも、状態の良い録音で聴きたかった。残念!

ハインツ・レーグナー/ベルリン放送交響楽団

レーグナー★★
一楽章、しっかりと締まった硬質なホルンの第一主題。トゥッティまで少しずつテンポを速めています。軽いトゥッティ。速いテンポの第二主題。基本は速いですが、時にテンポを落とすこともあります。第三主題も力を込めるような表現ではなく軽くサラッと過ぎて行きます。コラールは強い色彩感があります。テンポはかなり速く、通常の「ロマンティック」のイメージとはかなり違います。コーダも速いテンポでお祭り騒ぎのようでした。

二楽章、この楽章も速いテンポで演奏される主要主題。副主題は速いテンポながら豊かに歌います。フルートがとても強く濃厚です。クライマックスは音が若干短めで弾むような感じでどっしりとしたスケールの大きな演奏ではありませんでした。

三楽章、豊かな残響の中に響くホルン。トリオに入る少し手前で一旦音量を落としてクレッシェンドしました。ティンパニが頻繁にクレッシェンドします。

四楽章、この楽章はかなり速いです。やはりトゥッティは軽く響く感じです。ティンパニはここでもクレッシェンドしました。第一楽章の第一主題も抑えた表現でした。豊かに色んな楽器が織りなす第二主題。それにしてもテンポが速すぎてせわしなくロマンティックとは言い難い感じです。第主題も何かにとりつかれたように急ぎます。展開部の前は少しゆっくりになりましたが、展開部からはまたすごく速いテンポです。再現部の第一主題はそんなに速くなかったのですが、第二主題はやはり速いです。コーダはトランペットが強く演奏しましたが、あまり感動的ではありませんでした。

なぜにそんなに速く演奏しないといけないのか?と言うような演奏でした。あまりにも速くロマンティックとは言い難い演奏でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ダニエル・バレンボイム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

バレンボイム
一楽章、非常に締まったホルンの第一主題。第二主題は速めのテンポでしかもテンポの動きもあり、音の出入りがあって歌っています。かなりテンポが速くちょっと落ち着きが無いような感じがします。トランペットが強く演奏が軽く聞こえます。とても表面的な音楽に感じます。

二楽章、朗々と歌う主要主題。演奏が馴染んできて少し一体感があるようになってきました。主部の回帰で深みのある素朴な雰囲気が出て来ました。

三楽章、あまり響きの無いホルン。残響が少ないデッドなホールでの演奏のようです。トリオはほとんど歌わずサラッと演奏されます。トランペットがうるさくロマンティックな雰囲気とは違います。

四楽章、ここの第一主題はトランペットが強く無くまろやかで重厚でした。第二主題でもホールの残響が少ないせいかフルートの響きが浅く感じます。音楽の中心に大きく硬い物が存在していて、演奏はその周囲の浅いところで行われているような感じで、感情の深いところを揺さぶるような演奏には聞こえません。コーダもトランペットが強くホルンが隠れていました。

演奏会場のロイヤル・アルバート・ホールの問題もあったのだと思いますが、残響が少なく深みは全く感じられませんでした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

クラシック名盤試聴記 ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」名盤 ・ブルックナー:交響曲第5番名盤 ・ブルックナー:交響曲第7番名盤 ・ブルックナー:交響曲第8番名盤 ・ブルックナー:交響曲第9番名盤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です