ベートーヴェン 交響曲第1番/ショルティ・シカゴso

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

サー・ゲオルク・ショルティ/シカゴ交響楽団

ショルティ★★★★★
一楽章、めりはりがあって元気な演奏です。とても表情のはっきりとした第一主題。かなり激しくダイナミックです。強弱の変化も克明です。若さや活気に溢れた演奏です。

二楽章、オケを明快に鳴らして、色彩感もとても豊かです。これまで聴いてきたどの演奏よりもダイナミックレンジが広いような感じがします。

三楽章、元気で明るく、良く歌います。音楽にも前へ進むエネルギーがあります。

四楽章、ゆったりとした序奏から、活発な第一主題への変化も素晴らしい表現でした。すごいエネルギー感です。猛烈な勢いで前へ進む音楽。

素晴らしいエネルギーで活気に溢れて、元気いっぱいの演奏は、この作品にピッタリの演奏でした。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ベートーヴェン 交響曲第1番/クリヴィヌ・ラ・シャンブル・フィルハーモニク

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

エマニュエル・クリヴィヌ/ラ・シャンブル・フィルハーモニク

クリヴィヌ★★★★★
一楽章、繊細と言うべきか、細い響きの序奏。鋭敏な響きでスピード感のある演奏です。非常に積極的で動きがあります

二楽章、非常に速いテンポです。緩徐楽章ですが、とても躍動感があって、颯爽と進んで行きます。古楽器の個性の強い色彩感がとても豊かです。

三楽章、ガリガリと食付くような弦。強弱の変化にもとても敏感です。

四楽章、快速な第一主題。とてもリズム感が良くて、ぐいぐい進む流れをどの楽器も邪魔しません。古楽器の特性もあるのか、凄いスピード感と必死に演奏している感じが伝わって来ます。

この作品にオケが全力でぶつかったような演奏でした。ガリガリと刻み込まれる弦の凄みはなかなかのものでした。また、それぞれの楽器の個性的な響きによる豊かな色彩感もとても良かったです。
このリンクをクリックすると動画再生できます。

ベートーヴェン 交響曲第1番/サヴァリッシュ・ロイヤル・コンセルトヘボウo

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

ヴォルフガング・サヴァリッシュ/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

サバリッシュ★★★★★
一楽章、いろんな音が聞こえる序奏。とても豊かに歌います。ヴェールに覆われたような美しい弦。トランペットが良く聞こえます。重心の低いどっしりとした演奏です。

二楽章、穏やかで美しい演奏です。この作品の若々しさや溢れるエネルギーよりも作品としての完成度の高さを示しているような演奏です。作品を正面からとらえた誠実な演奏です。

三楽章、この楽章もとても落ち着いています。

四楽章、軽快な第一主題ですが、背景には深みのある響きがあります。決して大騒ぎすることは無く、とても大人の演奏と言う感じがします。

奇をてらうことなど、全く無く作品を正面から向き合った演奏でした。とても穏やかで大人の演奏は、この作品の違う面を見せてくれたと思います。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ベートーヴェン 交響曲第1番/チェリビダッケ・ミュンヘンpo

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

チェリビダッケ★★★★★
一楽章、チェリビダッケ独特の非常に遅いテンポで丁寧に演奏されています。第一主題もすごく遅いですが、シルキーな美しい響きです。テンポは遅いですが、巨大ではなく、精密機械のような繊細さです。普段聞く演奏だと、元気はつらつとした音楽だと思っていましたが、これだけ遅いテンポだととても穏やかで優雅な音楽に聞こえます。

二楽章、この楽章も遅いですが、極端に遅いと言う程ではありません。微妙な強弱の変化がフレーズの中にもあり、とても集中力と緊張感の高い演奏になっています。ガラス細工のような美しく繊細な演奏は素晴らしいです。

三楽章、この楽章も遅いテンポですが、許容範囲です。極端な強奏をすることは無く、透明感の高い美しい音色の範囲で演奏しています。

四楽章、非常に透明感の高い第一主題。力強さはありませんが、優雅な美しさは際立っています。

ガラス細工のような透明感の高い繊細な演奏は素晴らしかったです。これだけテンポが遅いと、穏やかで優雅な演奏になると言うのが新しい発見でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。

ベートーヴェン 交響曲第1番/スウィトナー・ベルリン・シュターツカペレ

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

オトマール・スウィトナー/ベルリン・シュターツカペレ

icon★★★★☆
一楽章、冒頭からすごく美しい音色で、魅了されます。音色が瑞々しいし音楽が生き生きとしています。音楽が柔軟で伸びやかで、とても気持ちがいい。

二楽章、大げさな表現はありません。むしろ淡々と音楽が進んで行く感じですが、節度があって安心感があります。

三楽章、アーティキュレーションに対する反応もすごく良く、演奏がキビキビしていて良いです。

ただ、この全集全体について言えることなのですが、録音が低域をあまり厚く録っていないので、響きの厚みがなく、少し薄く響いてしますのが難点です。

響きは透明感があり、大変美しいし、低域のもやもやしたものも付きまとうことがないし、良いのですが、もう少し低域の厚みが・・・・・・。と言う点が唯一のマイナス点です。

四楽章、

ベートーヴェン 交響曲第1番/カラヤン・ベルリンpo

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

icon★★★★☆
一楽章、他の曲で感じた、異常と思えるほどのテンポの速さはないようです。また、この曲では編成が小さいのか、ポッテリしたような肥満体のような響きもなく、聴きやすい演奏です。
テンポが速いとか言っても、元々楽譜の表記であれば、猛スピードになるのですから、何が正解かも分かりませんが、ただ、カラヤンと言う人がそのような学術的な時代考証などから演奏スタイルを変えたりする人だとは考えにくいので、3番以降の作品のテンポの速さは、カラヤンの考えだったのでしょう。
美しい演奏で、聴きやすかった。響きの透明感はないけど・・・・・・。

二楽章、何事も無く美しい音楽が過ぎて行きます。

三楽章、この全集を聴いてみてカラヤンがベートーベンの内面を表現しようとはしていないと感じました。
私は、作品によってはカラヤンの演奏が好きなこともあるので、決してアンチ・カラヤンではないのですが、やはりベートーベンをクラシック音楽の中心に据えるとしたら、クラシック音楽の歴史の中で最初に音楽に強いメッセージを込めたベートーベンの作品に内在するものを表現しない指揮者を「帝王」と呼ぶのはどうかと思いました。
クラシック音楽を一般の人たちにも広めたカラヤン功績は高く評価するべきだと思いますが、入門編の指揮者だったのか?
このあと、ライブCDも届く予定なので、それがどんな演奏なのか楽しみです。

四楽章、かなり積極的な音楽です。この一番は良い演奏でした。

ベートーヴェン 交響曲第1番/テンシュテット・メックレンブルク・シュターツカペレ

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

クラウス・テンシュテット/メックレンブルク・シュターツカペレ

テンシュテット/ライブ★★★★
一楽章、東ドイツ時代の録音です。以外に伸びやかな音で瑞々しい演奏です。

二楽章、この頃のテンシュテットはまだ大人しかったのだろうか。いつからタガが外れたんだろう。もっともこの曲で大暴れすると言うのもどうかとは思うが・・・・・・。極めて常識的な演奏です。

三楽章、楽しい演奏でした。

四楽章、動きのある楽章では、テンシュテットらしい振幅の大きい音楽が聴けます。畳み掛けるような音楽の運びは天性のものなのでしょうか。

聞く側を引き込むものを持っています。表情が生き生きしていて、知らず知らずのうちにこちらも音楽にのってからだが動いていました。

ベートーヴェン 交響曲第1番/クリップス・ロンドンso

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

ヨゼフ・クリップス/ロンドン交響楽団

icon★★★★
一楽章、丁寧な演奏のような印象を受けます。表情もあり元気で若々しい感じがあります。

二楽章、比較的速めのテンポで進みます。何と言っても、暖かみのある音色とエッジの立っていないまろやかな演奏が特徴で、とても聴きやすいです。

三楽章、優しい雰囲気がとても良いです。ベートーヴェンの若いエネルギーが発散されるような元気な演奏も良いですが、この演奏のような優しいのもとても良いです。

四楽章、暖かみがあって、爽やかな雰囲気も持ち合わせた演奏でした。

ベートーヴェン 交響曲第1番/宇野・新星日本so

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

宇野功芳/新星日本交響楽団

宇野功芳★★★★
一楽章、注意深い出だし、柔らかい表情の演奏です。予想外のところでテンポが落ちたりします。オケの表現はとても上品で好感がもてるものです。全体に遅めのテンポですが、所々でさらにテンポを落とします。

二楽章、この楽章も遅めのテンポで丁寧に上品に描かれて行きます。

三楽章、良い感じのテンポで始まりましたが、すぐにテンポが落ちて遅くなってしまいました。ここでも丁寧で品の良い演奏を聴かせてくれますが、ベートーベンの若い勢いのようなものが感じられないのが少し残念です。

四楽章、控え目で上品な表現には好感が持てる演奏でした。

ベートーヴェン 交響曲第1番/アンセルメ・スイス・ロマンドo

ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記

エルネスト・アンセルメ/スイス・ロマンド管弦楽団

icon★★★★
一楽章、シルキーで柔らかい響きの序奏。第一主題からは良く歌いますが、推進力はありません。ゴリゴリと力強い強弱表現ではありませんが、柔らかく美しい表現です。

二楽章、録音された年代にもよるのだと思いますが、潤いの無いちょっと乾いた響きです。デリケートな表現もしているようですが、伝わっては来ません。

三楽章、反応の良いオケ。この楽章は潤いのある瑞々しい響きです。

四楽章、ベートーベンの最初の交響曲であっても完成度の高い作品であることを如実に示すような、緻密な演奏です。若さと活気に溢れる演奏でした。

活気に溢れた若々しい演奏でしたが、二楽章の平板な表現が少し残念でした。
このリンクをクリックすると音源の再生ができます。